« ■春色の謀りごと -更新第407回- | トップページ | ■ブルジョワ NEVER DIE -更新第409回- »

2010年1月23日 (土)

■ソラとぼんちと南のアロマ -更新第408回-

海鮮蒸しご飯 < オムライス < カレーうどん+山菜ご飯 !!
オイサンです。

イヤなんの話かって、お昼ご飯ですよ。
いつも食べてる居酒屋さんのランチ(=今日は海鮮蒸しご飯)をスルーして、
一駅向こうのコーヒー屋さんでオムライスを食べようと思ったのに、
途中でお腹が空き過ぎて、
たまに行ってる美味しい立ち食いそば屋さんでカレーうどんと山菜ご飯を食べちゃった、
……そんな、哀しい物語なのさ。

でも、いいの。
すっげえ幸せだったから。

  ♪ A地点から
  ♪ B地点まで
  ♪ 行くあーいだに、既に恋をしてたんです!

分かっちゃったヤツ、ジジイ認定!
そーなんですよ、川崎さん!!



……ホント、分かる人間いるのか……。
誰を相手にしてるんだこのブログ……。



■ソラノヲト



今期新たに始まったものの中では唯一真面目に見ています。
キャラデザインも手伝って、すごく『けいおん』風味なのですが。
ただ、あのOPを聴く限り、最後までこのほんわかムードが続くとも思えない。
途中でとてつもなく大きな哀しみが待っていると思われる。
そのちょっとした緊張の予感が、作品をいい具合に引き締めているように思います。

■ソ・ラ・ノ・ヲ・ト OP 光の旋律


このまま肩透かしでなにも起こらない、
戦争もいつの間にか終わってる、ってのもありだとは思うのだけど、
それ以上に終末的な世界のようですし。

一話で語られた逸話を思うと、
どうやら舞台となっているセーズの町は火山の町みたいなので……
ちいさな噴火でも起こるのではないかと思ってます。
町がなくなったり、人が大勢死んだりって大規模な事件は起こらないでしょうが、
それによってたくさんの人が、ちょっとずつ哀しい思いをしていくんじゃないかと。
ホンワカいってもそれはそれで楽しいので、
どっちにしても嬉しく見ていきたいと思います。

『デュラララ』、『バカとテストと召喚獣』、『おまもりひまり』、『おおかみかくし』あたりは、
ストーリーのアウトラインだけ拾いたくて倍速(音声あり)で見てます。

  それでも、『バカテス』はもういいかなと思い始めてますけど。
  OPだけはいいんですけどねえ。
  「Perfect-area Complete!」って、
  意味が分からな過ぎて、もうすげえときめくんですけど。  

    やっぱり、畑亜貴はすごい。
    オイサン的には世界創世の神の一人です。
    この人の操る言葉には、人の……なのか、オイサンだけか知んないですけど、
    脳天を加速活性化させる、底知れないパワーとテンポが秘められている。

  結局、すべてがお話のために始まっているお話や、
  同様に、お話のための設定に興味がないオイサンには向かないということか。
  オイサン的には寧ろ、「Perfect-area Complete!」という言葉と歌詞の世界から
  全然違う物語が生まれそうなくらいなのだが。

■Perfect-area Complete! 反転版





■コーヒーまっすぐ見聞録



さて今週から、新しく始まりましたこのコーナー。
いや別にコーナーじゃねえけど。

もともと紅茶よりも日本茶よりもコーヒーの好きなオイサンですが、
昨年の暮れ頃から輪をかけてコーヒーづいてまして、
書き物がてら、地元の色々なコーヒーのお店に入り浸ってます。

せっかくなので、飲んでみたストレートコーヒーについて、
実際の性質や傾向、そしてその表現が正しいかどうかも分からないまま
綴っていくコーヒーレビュー。

と言いますか、どこで飲んだ何ていう銘柄がどんな味だったか、
正直書いとかないと覚えてらんないですし、
自分の好きな味のストレートコーヒーがどれなのか、
というのをキチンと知っておきたいので
すっかりオイサンの主観だけに基づいてメモって行きたいと思います。

  詳しい人が見たら
  「お前それありえないから!」
  とか思われるのでしょうけど、気にしない。
  オイサンがオイサンの舌で、オイサンの好みのコーヒーを探そうというお話です。
  でも何か言いたい人は言って行って。
  とりあえず、飲んでみて素直に感じたところをまんま書いて行きます。
  しかしお金はかかる。

ちなみに基本はブラックで飲み始めますが、
中盤以降は砂糖もミルクも使います。
お菓子だって、一緒に頂きますとも。
美味しかったら良いんです。
ブラック+お菓子の甘味で楽しむのが一番好き。

  とはいえ、ケーキとかばっかり横に置いて食べるわけにもいかないので、
  ちょっとつまめるクッキーなんかを置いているお店はすごく嬉しいのです。


▼コロンビア クレオパトラ スプレモ
近所のお店「新鮮珈琲館」にて、レアチーズケーキと一緒に。
あっさりしている。
酸味は確かに薄いけど、苦味と香りもサッパリ気味な気がする。
もうちょいコクは欲しい感じ。


▼インドネシア スマトラ マンデリン
上と同じお店。
まろやかだと思う。
コロンビアよりちょっとパンチが利いて、オイサンの好みには近い。
これを濃い目に煎れてもらうと良いかもしれない。


▼マンデリン インドネシア・スマトラ
しまった、さっそく銘柄がかぶった(何してはるんですか)。
近所のお店「カフェ・トロワンジュ」にて。
だって書いてある順番が違ったんだもん(それだけでか)。
でもやっぱり、これはワリと好きだった。
新鮮珈琲館のよりもちょっと深煎りなのだろうか、苦味が増してて尚好きかも。


 ★★★オイサンのいんちきワンポイントコラム★★★
 しかしオイサン思うのですが、
 コーヒーの味を評価するときに「酸味」という言葉が使われますが、
 正直オイサンには、コーヒーの味のどの成分が「酸味」と呼ばれているのか
 わかりません!
 いよッ、正直者!!
 すっぱいってことですよね?
 すっぱいか? コーヒー。
 苦味のはしっこの方にちょっと感じる、とがった感じのことでいいんだろうか。
 「舌のこの部分で感じるのが酸味」っていうのを覚えておいて、
 それで判断するしかないんですかね。

 苦味と香り、あとコクについては、
 「ああ、この部分のことだな」ってのは、なんとなく分かるんですが。



■汎用過ぎて伝わらない標語選手権



相模原代表。

R0023257


  「考えよう やっていいこと 悪いこと」


……。







……薄ッ。







コレを考えて貼った人は一体、
ここでどんな人が起こす何を防ぎたかったのか。
もうちょっと具体的にお願いします。

コレ一枚で全部防ごうなんて、虫が良いにもほどがあると思う。
もうちょい手間かけろ。
汗をかけ。



以上、これ以上ないくらいの四方山具合で。
オイサンでした。
サテ、お風呂入ってゲームしよ。


 

|

« ■春色の謀りごと -更新第407回- | トップページ | ■ブルジョワ NEVER DIE -更新第409回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/33099464

この記事へのトラックバック一覧です: ■ソラとぼんちと南のアロマ -更新第408回-:

« ■春色の謀りごと -更新第407回- | トップページ | ■ブルジョワ NEVER DIE -更新第409回- »