« ■汽車は病みを抜けて轢かりの膿みへ -更新第385回- | トップページ | ■一年は、仔猫のように飛び回り -更新第387回- »

2009年12月30日 (水)

■はじめてのC -更新第386回-

本日はオイサン、始めての体験をしてきました。
C77。
いわゆる冬コミに、一般参加して参りました。

R0022074

今はそこから直で奈良に帰省する途上、東京駅のスタバでこれを書いています。
右斜め前方には、オイサンと同じく
さっきまでビッグサイトにいたに違いないお嬢さん二人が、
怪しい紙袋を広げて戦利品の整理をなさっています。
しょうがねえな全く。



■はじめてのコミケ



オイサン、コミティアですとかサンシャインクリエイションですとか、
同人誌の即売会自体は過去に何度か行ったことがありますが、
大御所コミケさんには初参加。

目的は一つ。
生にゃずい先生にお目にかかることです。


  ◆(凸)<ブブーン ドドドーゥ!!
   http://abiesfirma.sakura.ne.jp/bubu-n/


オイサンが今年一年、色々やれたのは
『アマガミ』の持つ力、ここを読んで下さった皆さんのバイタリティは勿論のこと、
にゃずい先生がなんとなくそこにいたということが、
オイサンの中でとても大きい。
ご本人は「えっ」って思うに違いありませんけど。
オイサンが勝手にね。

なので、そのご本人が近くまで来られるのであれば、
これはもう会いに行くしかないということで、どうにかこうにか都合をつけて
東京ビッグサイトに乗りこんだ次第です。
迷惑な!

ワリとギリまで行けるかどうか微妙だったので完全にノーアポですから、
マおられなかったらおられないで仕方ないな、という
やっつけ仕様。
その他に、何か買うとか欲しいとかは一切ありません。
一点張り。
て言うか、人ごみ苦手で好かんですしね。
ダメじゃないですが、出来ることなら近づきたくは無い。
また、先にも書いたように、
夕方には新幹線で奈良に向かわねばなりませんから、
その用事さえ済んでしまえば東京駅へ直行です。
マ時間があまれば、企業ブースくらい覗いてみようかな、と言う程度です。



■先ずは主目的のレポートから。



にゃずい先生には無事お会いすることが出来て、
色々とお話を聞かせて頂きました。
以前チャットでお話させて頂いた印象と変わらず、良い方でした。

  ……今気が付いたのだけど、
  徹夜作業でお疲れのところ申し訳なかったのか……?
  オイサンまたやっちゃった?
  気の利かない子?
  お疲れンとこすんませんした。

……しかし、なんでしょうねー。
にゃずい先生、こう言ったら何ですけど、
パッと見ただの痩身の兄ちゃんというか、オッサンでいらしたのですが。
謎のバイタリティオーラを出しておられてですね。
なんかこう、「すげえ」!
オイサンもやらないと! 書かないと!
何かしら出力しないと!!
という気持ちにさせる魅力を出しておられました。

あれは一体……なんなんだ?
人と繋がり合おうとする者だけが出せる波なんだろうか?
オイサンにはアレ無いよな?
シゴトバでも、アレを出してる人はいないと思うぞ。

勿論、謎コンセプトの新商品『ぼくうた』もGetだぜ!!
オイサンが会場に着いたのがピークも過ぎた13時頃だったので、
完売しててもやむなしな気持ちでいたのですが、
どうにか買うことが出来ました。
先生に、

  「是非自前アルバムを拵えて、
   曲目をWeb何かに上げてもらえると大喜びです!」

なんて言われてしまったので
いっちょやってみっかと思ってます。
やっぱり、自分の作ったものに対する愛ってのが先ず半端ないんだなあ。
とりあえず、絢辻さんのテーマは決まっ
ぬわーっ!! しまった!!
舞い上がってて、
「明日売るはずの本を今日買えませんか?」
って聞くのを忘れたー!!
俺はなんてことをー……っ!! 欲しかったのにー。

それ以外の戦利品は、
とりあえず覗いてみた企業ブースで見つけた、
先行発売のCD『P.S.すりーさん・ドラマCD2』。
先売りしてたのか、ってことで、記念ゲット。

R0022094

ツーファイブのブースでは
『アマガミ』のアコガレセット・ソエンセットも売っていたのだけど、
既に音泉のサイトで通販予約してあるので見送り。
さすがに6000円のをダブらせる気概は。

あとはもう、記念にお写真を撮っておしまいです。
さあ帰省だ。



■コミケというものについて



デそのあとは、1時間ほどかけて東ホール1・2・3くらいは一回りしてみたのですが。
……なんでしょう、もっともっと、
他の即売会を超越したものであるというイメージがあったのですが、
規模こそケタはずれですが、その他はワリと普通ですね。

まオイサンが行ったのが、比較的混雑しない二日目の、
かつピーク過ぎの昼下がりということもあったのでしょうけど。

イヤ、人出はすごいですよ?
それは確かに。
でも、どうしてこんなに人出がすごいの?
何がこれだけの人をひきつけているの?
……という部分に関しては、正直ちょっとわからなかった。
出ているサークルの、数はすごいけど、
クオリティとか、熱量とか、そういうものに関しては
そんなに他の即売会と差があるようには見えませんでした。

……うん。
なんかね、もっともっと、そういう部分でプレミアムなモノを持っている場だと
思っていました。
そこはちょっと拍子抜けです。

規模がデカいので、それに応じてスタッフさんたちが
ものすごく頑張っているのは感じます。
感じますが、コアとなるソフト部分が、
そういう意味でちょっとスが入っている気がするので、
ワリと残念。
もっと頑張れ、超頑張れ。



■アクセスルートについて



オイサンはビッグサイトといえばゆりかもめくらいしかアクセス手段を知らず、
そのゆりかもめは「コミケ当日はエラいコトになる」と聞いていたので。
タイトな時間割で東京駅の新幹線までこぎつけなければならないオイサンは、
もっとも確実な方法を画策しました。

オイサン得意の力技、
「なっちまえばいいじゃん、ヒグマに」(C:工藤建介)
的な発想で
「歩いちまえばいいじゃん、月島から」
そう、自分の足が、一番ブレがない。渋滞も運休も無い。
ということで、前もってルート確認と行軍演習を済ませていたのですが。

餓狼伝 18 (イブニングKC) 餓狼伝 18
(イブニングKC)


著者:夢枕 獏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シゴトバの、コミケのベテラン参加者の猛者後輩に尋ねてみたところ、
「タクシー使えばいいじゃないですか?」
と言われて目からシャアが落ちる思いでした。
確かに。
当日の様子を見て使えば足よりは早い。

デ結局、月島の駅近くでタクシーを拾って行きました。
帰りも、丁度オイサンの目の前で三人のオタクを射出した空母がいたので
それに乗せてもらうことに。

ちなみに、歩いたって1時間もかからない程度ですから
全然余裕ですよ。
雨降ったりするとキツイでしょうけどね。
歩くにしても、今なら新木場あたりまで地下鉄などで来て歩けば
もうちょっと労力を圧縮出来ると思います。

 P.S
  しかし、帰ってからカタログの注意事項をよく読んでみたところ、
  「タクシー利用は渋滞招くから極力自粛せえよバカども」
  とかいう注意書きが!!
  おい、ベテラン参加者!! 何て入れ知恵をしてくれるんだ!!

 P.Sその2
  お昼ゴハンは月島駅の近くの「めしや」さんで頂きました。
  焼き魚が主体の、そこそこ美味しくリーズナブルなお店です。

   ▼月島 めし屋
     http://r.tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13028753/



■オマケ



一般参加の皆さん。
スタッフの頑張りと事前教育の甲斐があってか、すごくお行儀がいいですね。
びっくりです。
もっとカオスカオスしているものかと思ってましたが、
整然としていて感心。
たまーに乱暴モノもいますけどね。

……あのね。
胸を張っていいと思いますよ。
オイサン、その後東京駅で大丸に寄って実家へのお土産を買ったんですけど……
そこのお客たちの、なんとまあ乱暴で無法なこと!!

コミケに集いし50万のオタクよ、胸を張れ!!
皆さんは常識的だ!!
否、皆さんこそ常識人であり、一般人であると!!

大丸の家族連れの客は、あまねく死ね!!
お前らアホだろう!!



■オチ



結局時間を余らせてしまった東京駅で、
帰省の大荷物持ってブラブラするのもアレなのでコインロッカーを探す。

ようやく見つけた空きがあるロッカーの前に、
外国人のお嬢さんが二人、二つ並んだ空きの一つを使おうとしておられる。
デ空いてる方を使わせてもらおうと思って
えくすきゅーずみー、とキャリフォゥニャ仕込みの流暢なメキシコ訛りで
隣のロッカーを開けたところ、
……そっちも使ってやがった……。

びっくりして顔を見合わせて、
オォゥソーリーソーリーと、
典型的な日本人愛想を振りまいて逃げきましたとさ。


さあ、09年も残すところあと一日!!
どうにか最後っ屁をかますことはできるのか!?

オイサンでした!!
 


 

|

« ■汽車は病みを抜けて轢かりの膿みへ -更新第385回- | トップページ | ■一年は、仔猫のように飛び回り -更新第387回- »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>そして出来れば来年は、生tomozouさんにも一度お会いしてみたいと思っています。
>おイヤでなければ検討してみて下さい。

喜んで!
僕もぜひikas2ndさんとお話をしてみたいと思っていたので(特に、やはりアマガミ関連でしょうか)その造詣をお借りできたら嬉しいです。
それなり~、な地方民ですし、僕のウンコな会話レベルもありとても気軽にお勧めは出来ませんがw

ikasさんの興が乗った時にでも教えていただければウェルカムです!メルアドの方、参照させていただきます。

>良いお年を、そして良い新年を!!

ありがとうございます、よい一年に出来るよう、頑張ってみようと思います。

投稿: tomozou | 2010年1月 1日 (金) 22時22分

■tomozouさん

>こんにちは。今年は楽しく見させていただきました。コミケ、お疲れ様です。

いやあ、2時間ばかり居ただけですけどね。
それでもあの人波はすごい。
ビッグサイトの床の硬さも相まってくたびれました。
皆さん元気ですごいです。


>ちなみに、【ゆびさきはもう一つの心臓】を見つけたのは、【凸<ブブーン ドドドーゥ!!】の絢辻さんに対する考察のコメント欄でのお二人のやり取りから、リンクで飛んだのが最初でしたw

そうです、にゃずい先生がいなければ、
こうしてtomozouさんに見つけて戴くことも出来なかったのです。
まさに「わたしを見つけて」状態。感謝してもし足りません。


>なんか面白いやり取りをしているなあ…みたいな感じでした。

困ったオッサンが絡んでるなあ、と思いませんでした?
にゃずい先生のお捌きが上手だったので救われましたよホントに。


>来年も期待しておりますので、また楽しく拝見さえていただきたいと思います。適度に。
>よいお年を。

はい、こちらこそよろしくお願いします!
適度に!!
そして出来れば来年は、生tomozouさんにも一度お会いしてみたいと思っています。
おイヤでなければ検討してみて下さい。
こちらから遊びにまいります。

良いお年を、そして良い新年を!!

投稿: ikas2nd | 2009年12月31日 (木) 21時24分

こんにちは。今年は楽しく見させていただきました。コミケ、お疲れ様です。
にゃずい先生のブログの考察は面白く拝見していましたが、やはり何かしら人をひきつける要素のある方なのか、文面も面白く読めますね。
ちなみに、【ゆびさきはもう一つの心臓】を見つけたのは、【凸<ブブーン ドドドーゥ!!】の絢辻さんに対する考察のコメント欄でのお二人のやり取りから、リンクで飛んだのが最初でしたw
なんか面白いやり取りをしているなあ…みたいな感じでした。

来年も期待しておりますので、また楽しく拝見さえていただきたいと思います。適度に。
よいお年を。

投稿: tomozou | 2009年12月31日 (木) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/32796587

この記事へのトラックバック一覧です: ■はじめてのC -更新第386回-:

« ■汽車は病みを抜けて轢かりの膿みへ -更新第385回- | トップページ | ■一年は、仔猫のように飛び回り -更新第387回- »