« ■ニコラスをブッ千切れ -更新第382回- | トップページ | ■THE HIDAMARI M@STER ? »

2009年12月25日 (金)

■有給幻想曲 -更新第383回-

バジリ子はビねがー!!
……ジェノバ風なまはげ。


オイサンです。


本日は故あってホリデーこいてたオイサンです。
いや、クリスマス当日にお休みだからって別段色っぽい理由とかではないので
全国の女子高生の皆さんは安心してよいよいよい(残響音含む)。
お、何やら総統も相当ゴキゲンのご様子
なんちて。


ただの金融機関めぐりと健康診断の再検査という、
イロケもヘッタクレもない、オッサンくささもここに極まる理由です。
しかも明日は土曜日だっつうのに出勤日だよケチくせえ。
これだから下請け零(以下略。

しかしなんですか、今日はすっかり『アマガミ』デーですね。
神様(=eb! 他)は僕らを見放していなかったんだ!
余計な気を回しやがって!!

アンソロ集第二巻の『Various Artists 2』でしょ、
ヤングアニマルの『Precious Diary』でしょ、
ファミ通コミッククリアの『Sincerely Yours』でしょ。

アマガミ -Various Artists- 2 (マジキューコミックス) アマガミ -Various Artists- 2
(マジキューコミックス)


販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 ▼ヤングアニマルWeb
  http://www.younganimal.com/

 ▼ファミ通コミッククリア 『アマガミ Sincerely Yours』
  http://www.famitsu.com/comic_clear/se_amagami/


みなさん餅代稼ぐのに必死すぎます。
そしてこちとらは餅代貢ぐのに必死です。
ボーナスも削られちゃって桃色吐息だっちゅうのによ。

  どーでもいいけど、オイサン青年誌とかセクシー系三次元女子が表紙の雑誌とか
  全然買い慣れてないのでヤングアニマルを買うのがちょっと恥ずかしいです。
  あれー?
  BugBugとか平気なんだけどなー。

マそんな感じで、一日銀行やら病院やらをハシゴした挙句、
帰ってきたら『アマガミ』付けで日が暮れた、
そんな有給休暇な12月の25日。



■アンソロジー『Various Artists 2』感想



表紙からしてフトモモ全開で健康的なコトこの上ないです。
そうそう、こういうのは全然平気なんだけどなあ……。
恥ずかしくもなんともないの。

今回秀逸だったのは、真田鈴先生の『LOVE2 But Bad≒OP』ですねえ。
まさか、スキBAD以後のエピソードを展開させてくるとは。
素晴らしい。
ただ、なんとなくひびきちゃんが、ひびきちゃんというよりも
夕月センパイみたいに見えましたが。

やはりプロの妄想家の皆さんは、発想力がハンパないです。
オイサンも、もっと出力上げる訓練しよう。

しかしこの本が900円というのは高いのか安いのか……?



■『Sincerely Yours』感想



桜小鉄先生の第三話。
えーと。
面白いです。
面白いんですよ?
でも、お話は進んだようで進んでいないようで。
今後の暗示、みたいな回でしたね。
いや、それでも十分にワクワク出来る内容でした。

裏口ヒロイン・絢辻さんと、正門ヒロイン・森島センパイの二頭立てで
今後ガンガンいきますぜ!
という、実に楽しみな構成です。
なんだか、すごく正しい、真っ当な作りでホント楽しみ。
なんというか、実に「見たかった」ものを描いて戴いている、そんな気持ちです。

……でも「このどっちかが、最後に必ず泣く」ということでもあるのですね。
それはそれで……かなりキビシイ、というか、
思いのほか、ハードな展開になる予感もあり。
うわ、そう思うとこの先読むのも辛いな。
でもそれが面白いんでしょう。

あと、梅ちゃんエエ奴っちゃ。

しかし、
色々ありえる6人の組み合わせの中で、ここに絞ってきた、というのも、
『アマガミ』という作品世界の懐の広さを感じさせるというか。
ホントになんでもありで、
今回の手広いコミック展開も、きっとその辺のことを考慮してのものなんでしょうね。
……その分、薫や紗江ちゃんの不遇ぶりもえらく強調されてしまいますけど。

……こっから先は、もう二年生になってしまうのか、
それとも一年生の残りの期間をやるのでしょうか。
次回が楽しみであります。



■『Precious Diary』感想



さあ、来ましたね。
手帳。
あのシーンが、想像を上回って過激にダイナミックに描かれてました。
すごい。
こちらは『Sincerely Yours』とは違ってお話は完全に原作どおりなので
物語的なワクワクや新しい喜びはないのですけど、
知っているはずのシーンがより具体的にビジュアライズされるので
そういう意味でやっぱり「見たかったものを見せてもらってる」嬉しさがありますな。

おにぎり食べてる絢辻さんが可愛ゆうてどうにかなりそうです。
手帳にさりげなく書かれた「黒沢さん」は、
「黒沢さん」と打ち合わせなのか、エゲつない方面のご用事なのか、
そういう芸の細かさに心惹かれます。

しかしこれって、原作を知らない人が読んだら普通に面白いもんだろうか。



……。



とかまあ、人様の書いたものを喜んでるばっかじゃなくって、
オイサンも次をさっさと載せる方向で鋭意制作中です。
つまらん引っ掛かり方をしてる場合じゃない。
プロヘッソナル相手に張り合うワケじゃありませんが。



■おまけ
  『ひだまりスケッチファンディスク・もうすぐひだまりスケッチ×☆☆☆




『Various Artists 2』を求めにアニメイトに行ったら
出てたので買っちゃいました。
ワスレテタ。

「ひだまりスケッチ」ファンディスク/もうすぐ!「ひだまりスケッチ×☆☆☆」【完全生産限定版】 [DVD] 「ひだまりスケッチ」ファンディスク
もうすぐ!「ひだまりスケッチ×☆☆☆」
【完全生産限定版】 [DVD]


販売元:アニプレックス
発売日:2009/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する


まだ全部は見ていないのですが……
『見えるひだまりラジオ』がヒドイ。
ええ誉めてます。

こんなフリーダムな環境で育ったからアスミンがこんなにやさぐれたのか、
それともアスミンが『ひだまり』を育てたから、
『ひだまり』という環境がこのやさぐれを許す寛大さを持ったのか。
……多分、両者的には幸せな出会いだったのでしょうけど。

だってこのノリがなかったら、さすがに三期まではいかなかったと思うものなあ。
『ひだまりラジオ』が全てを壊し、そして全てを生みだした。
『ひだまりスケッチ』という作品には、疑いなくそういうところがある。

……けれどそれも、原作者を声優としてほぼ毎回出演させるという荒業を企てた、
カントク以下首脳陣の掌の上の出来事……なのでしょうね。
恐ろしい連中だ。
ていうか、そのなんでもアリの姿勢ってすごく見習いたい。
色んな垣根をぶっ壊すチカラ。
小さくまとまってちゃだめだ。
自分の世界は自分でつくるんだ。
正解なんて、ないんだから。

オシゴトにせよ、なんにせよ。
目的のためなら、手段に迷っちゃいけない。
一番面白いことをやるんだと、強い覚悟を持たねばならない。
あとは度胸と正義感だ。

年が明けたらすぐ放送か。
これもこれで、楽しみだな。
手の内は大体分かっているから、
敢えて楽しみにするような作品ではないことも分かっているのだけど。

……どうでもいいけどさあ。
なんでギリ午前中に行ったのに、アニメイト、あんなにレジ並んでんだよ。
平日の昼間だぞー。
……学生さんはもう冬休みか。
そうか。
社会人が昼間から、アニメイトにいるのがおかしいのか。
そうか。



以上、
とりあえず、ケーキだけは馴染の喫茶店で戴いてきたオイサンでした。
やっぱり甘いものはいいなあ。
甘いもので飲むコーヒーもたまらなくいい。
そして、あのお店では色々ネタが拾えてありがたい。
ちょっと高くつくのが難点だけどな。


珈琲時間 (アフタヌーンKC) 珈琲時間
(アフタヌーンKC)


著者:豊田 徹也
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
悪くないマンガなんだけど、
明らかに珈琲がサブにしか回れてない。
惜しい。



オイサンでした。


 

|

« ■ニコラスをブッ千切れ -更新第382回- | トップページ | ■THE HIDAMARI M@STER ? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/32739006

この記事へのトラックバック一覧です: ■有給幻想曲 -更新第383回-:

« ■ニコラスをブッ千切れ -更新第382回- | トップページ | ■THE HIDAMARI M@STER ? »