« ■ハッピー・バースデーがきこえる<後編・2> ~手帳の中のダイヤモンド・番外編 -更新第375回- | トップページ | ■ハッピー・バースデーがきこえる<後編・3> ~手帳の中のダイヤモンド・番外編 -更新第377回- »

2009年12月16日 (水)

■ぢつと手を見れ。 -更新第376回-

世間のWeb界隈ではtotoで6億円当てた人のブログが話題になってますが
(もう消えちゃったみたいですけど)、
オイサンら庶民がそうやって、
地道にお金をかけ、
「一生分の運を使ってしまったんじゃないか」と怯えるような
確率と思いで手に入れる金額でさえも、
ママポッポの気まぐれお小遣いに届かないのかと思うと……
毎日毎日、絶望的な気分に駆られる毎日です。

オイサンです。


マ人生お金ばかりじゃありませんからね。
あーお金欲しい( ← しっかりしろ)。



■とある飯屋の給仕女<ウェイトレス>



オイサン、最近夜は早めに寝て、
朝は早めの時間からファミレスで書き物をしているわけですが。

そこでいつも決まったコーヒーを頼むので、
あるとき、一人のウェイトレスさんはオイサンを席に通すと
(この手続きも簡略化されていて、人数・禁煙/喫煙ももう尋ねられない)
オイサンに注文をとらないで、お水と一緒にそのコーヒーを持ってきた。

一応、それをテーブルに置くときに
「コーヒー……で、よろしかったですか?」
と確認してはくれたのですが。

……なんだかね、その最初の一回、
確認もナシにいきなりコーヒーを持ってこられたのが、
何故だかヤケにカチンと来たのです。
自分でも少しフシギなんですが。

別段そのとき、怒ったり文句言ったりしたわけじゃないんです。
寧ろ、何となく煮え切らない引っ掛かりを抱え、
何故その引っ掛かりが生じたのかを考えるコトの方にかまけて
それどころではなかった。

  余談ですけど、この場合の「よろしかったですか?」は
  正しい使い方だなあと思いました。
  「よろしかった」が正しく使われた瞬間に、初めて出くわした。

とりようによっては喜んでも良い場面だと、自分でも思うのです。
あちらが自ら考え、こちらのことを把握した上で
こちらの時間と労力を省いてくれたのですから。
気を利かせてくれたということは分かります。
……忙しかったから、たかがコーヒー一杯の注文に
往復すんのがメンドかっただけかも知れませんが。
けれども、

「どうせなら席に案内するときにでも
 『いつもと同じでいいですか?』くらいに
 訊いておいてくれれば良かったのになー」

と、内心思っていました。
多分それが満点のやり方だと、今でも思います

不思議なもので、一度その関係を容認してしまえば
二回目以降は平気になりました。
今日もスルーでコーヒー出されました。
これは多分、一回目が完全な「不意打ち」だったから、
コンチクショウと思ったんだろうな、とは思います。

相手が訊かないで持ってくるものだと分かっていれば、
違うものを頼みたいときには、
「今日は違うのにするから」
と、こちらから入り口のところで止めておくことも出来るので……
そうした選択の機会を奪われたことに対して、一回目のそれを
「サービスとはちょっと違うんじゃないか」
と思ってしまったのだと思うんです。


……ただ。


あの「カチン」が一体何と何がぶつかった音だったのか、
まだそれで完全に納得がいった訳でもなくて、
「決めつけんじゃねえ」とか、
「それでオイサンが違うもの注文したらどうするんだ」とか、
もっと言えば
「そうやって先に出されることによって、
 『違う注文をしようと思ってたのに
  断り難くなってしまったかもしれない別時空のオイサン』
 のことを思った」とか、
なんかそういうクダラナイ、小さい小さい理由だとは思うのですけどね。

どうせそのコーヒーを注文するつもりだったから
素直に喜んでおけばいいのに。

……なんだったらもう一歩踏み込んで、
「こういうことをどうしても考えてしまう
 小さい自分をこうして突きつけられてしまうこと」
に対して腹を立てたのかも知れんなあ、とか。
そこまで行ってしまう、なんだかおかしなオイサンなのでした。

デ今は、そのお嬢さんに、
こんな風に感じたことを伝えるかどうかについて考え中。



■誤りのメモリアル



今日も今日とてメモリアル。
『ときめきメモリアル4』。

ときめきメモリアル4 ときめきメモリアル4
販売元:コナミデジタルエンタテインメント

発売日:2009/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

郡山センパイと山でハイキング中におっ昼寝~!
……なんぼエエ天気でも、11月の山で寝てたら風邪引くと思います、センパイ!
普通で奔放なのも結構ですが、
もうチョイ堅くてもいいのではないでしょうか。
あと初詣ー!

……あと、まさかのバグ発覚。
郡山センパイに、電話で初詣のお誘いをかけたあと、
メッセージウインドウ上では皐月会長を誘ったことになっている……。
「ちゃんと郡山センパイが来てくれるんだろうな!?」
と、とてもハラハラしましたとさ。
イヤ、ちゃんと郡山センパイが来たんだけど。

こういう、一目でそれと分かるマチガイが見落とされていると
本当に大丈夫か、って気持ちになりますね。
コワイコワイ。
見た目大事。

それから、いつの間にか「放送ぽっちゃり刑事」こと、
柳冨美子さんが本格参入してました。
そういや出てきてたんだった。
ワスレテタ。
あと、「ピアノ刑事」こと、響野里澄さんも出現。

柳さんは……立ち絵からしてあからさまにぽちゃぽちゃぽっちゃりしていて、
ちょっとびっくり。
その太ましさたるや、輝日東が誇る乳脂肪の達人、
桜井梨穂子さんがガキのお遊びに見えるほど。
そしてこの子、ぽんやりしているクセにおっとりはしてなくて、
かわええなあ。

ピアノ刑事・響野さんはもっとクール系かと思いきや、
ただの純粋引っ込み思案系で好感度高し。
この子の苗字が

 響野 <きょうの> → <ひびきの>

なのには何かの伏線が眠っているのだろうか。


そんなこんなで、
三年目突入を目前にしてにわかに活気づいてきた、
13年目のオイサンのきらめき高校ライフ。
なんだなんだ、ここは萌えモンスターの見本市か、
きらめき高校はどんな一芸入試を実施してるんだ。
しかし肝心の郡山センパイのときめき度は今一つ……。

先輩……卒業しないでもう一年いて下さい!!



■最近は  ウルトラマンも  カロリーオフ  (THEあまり)



オシゴト行きがけのバスの中で。
よみうりランドのヒーローショーのチラシを見ていると……
最近は『ウルトラマンゼロ』なんてのがいるんですね。

しかし、『×××ゼロ』なんて言われると、
なんでもカロリーのことかと思ってしまうのはオイサンだけか?
ダイエットの弊害?

あとこのウルトラマンゼロさんは、セブンの実子なのだそうです。
そして自分のお父さんがセブンなのを知らないんだとか。

また小難しいドラマを盛り込んでくるねえ。
お母さんは誰なんだろう。
モロボシダンと結婚したら生まれた子供がウルトラマンで、

 「なぜうちの子が戦わなければならないの!?
  正義の味方なんかに、したくなかったっ!!」

って母親に泣かれるウルトラマンとか、
見たいような見たくないような。
……その母親が、極道者の娘さんだとかな。

 「極道者の子供が正義の味方だなんて……
  末代までの笑い者だよ!!」

なんてな。
……だったらお前もTDF隊員なんかとつきあってんじゃねえよ。
だめだ破綻した。作劇失敗。



……。



「モロボシダン」さんのことを考えているうち……。
超思い付きで検索してみた。

  ▼ http://bit.ly/7YJcP4 51 件
  ▼ http://bit.ly/7RyJvz  7 件
  ▼ http://bit.ly/6YxEaH 一致ナシ
  ▼ http://bit.ly/61ZMrL  5 件
  ▼ http://bit.ly/5CUVOd 一致ナシ
  ▼ http://bit.ly/6eHoYq  6 件
  ▼ http://bit.ly/5DqEbS  1 件
  ▼ http://bit.ly/7F9YpC 68 件

思いのほか少ねえな。
もっともっと、手垢のついたネタかと思った。
Webなんかよりもっと前史のネタで、みんなわざわざWebに上げてないだけだろうか。



■就職白亜紀とか就職十三回忌とかはないのか。



  ■【凍える就活 内定率急落の現場】(1) 一流国立大を出たけれど…
    http://bit.ly/88G9ZN [産経ニュース]


……そっかあ……。
「はたらき口がない」ってことは、
「自分が社会に必要とされてない」と、自然と認識しちゃうことなんだなあ。
まオイサンなんかもそんなには必要とされてないクチですけどね。
今のところはなんとか運よく、ですけど。
油断してるとあっという間ですけどね。
多分。

そもそも、今のヨノナカが必要としているのは
「安くて優秀な労働力」であって、個人のナントカとかではないから、
単純にそういう線が引っ張れるものだとは思わないけども
そんな風に思ってしまっても仕方がないのかもしれない。
優秀な人は特に。

ズバ抜けて優秀だったら話はまた変わってくるけど、
そんだけ優秀な人は、自分の食い扶持ぐらいは自分で何とかしてしまいますしね。

で、「んじゃお前要ラネ」って言われたからって、
ニートになったらなったでまたなんだかんだと叩かれるワケで、
「要るのか要らんのか、どっちだ!!」
ってなっても仕方ないのかもしれない。

そしたらまた、
「逆ギレだ」「これだからゆとりは」「甘えるな」
でしょ? ヒドイ話だよ。
いいよいいよ、もうゆっくりしてなよ。
腕を磨きながら、やりたいことでもやってりゃいいよ。

マでも、人手が要るところでは要るんだろうから、
そこにはまり込めるだけ……エゴを捨てられるかどうか、
「本当にただ社会に役立ちたい」のか、
「その実、まずは自分が幸せになりたい」のか、
どっちに軸足を置くかってコトなんでしょうね。

もちろんガッツリどっちかだけってコトはあり得ないんだけどね。

そんで、イザ決断してみたらブラックでね。
心を病んだらまた「甘えるな」だものね。
どうにかならんのか。

オイそこ、しゃべってねえで聞けよポポ山。
お前に言ってんだ。


……。


しかし逆に、このご時勢に政権を取りに来たポッポ党(ていうかオザワ党だけど)は、
エライっちゃエライな。
オイサンだったら今回ばっかりは手ェ抜いて
しれっと当選しないようにするわ。
「あちゃー、ダメだったー」とか言って。
「今ニッポンを任されるのは、さすがに時期が悪いな」
って思うと思うもの。


……。


あと、「就職克・亜樹」とかね。
ぷぷー。


以上!
フザけるのか真面目なのかどっちかにしろと言われたら
迷わずフザける方をとるオイサンでした。
このあとすぐ!(何が?)




 

|

« ■ハッピー・バースデーがきこえる<後編・2> ~手帳の中のダイヤモンド・番外編 -更新第375回- | トップページ | ■ハッピー・バースデーがきこえる<後編・3> ~手帳の中のダイヤモンド・番外編 -更新第377回- »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/32636233

この記事へのトラックバック一覧です: ■ぢつと手を見れ。 -更新第376回-:

« ■ハッピー・バースデーがきこえる<後編・2> ~手帳の中のダイヤモンド・番外編 -更新第375回- | トップページ | ■ハッピー・バースデーがきこえる<後編・3> ~手帳の中のダイヤモンド・番外編 -更新第377回- »