« ■あの娘とエアー餅 -更新第336回- | トップページ | ■明日の風車 ー更新第338回ー »

2009年10月24日 (土)

■清酒マハラジャ -更新第337回-

雨ー。
本日の相模原は雨です。
ダイエットに雨は天敵だー。
だってお外を歩けないんだもの。
歩きてえー。
2時間くらいバッカみたいに歩きてえー。



■飲めない酒を無理して飲んで



えー。
チョイ前、絢辻さんとお鍋をする話を書いたオイサンです。

サテ、オイサンはお酒が一切飲めない人です。
金輪際飲めない人です。
諸行無常飲めない人です。
三千世界飲めない人です。

言葉の意味的には一切通じてない言い草ですが、
とりあえずパンチの効いた字面でぶん殴ってみました。
真似すると恥をかきますよ。
マつまり、そのくらい飲めないってことです。





ところがですね、この御仁はバカだもんですから。





前述の、絢辻さんとやったお鍋、
その中で絢辻さんがあんまり美味しそうにビールをお飲みになるものですから。
鶏団子と白菜と、くずきりをお共に、ビールを
「ふー、美味しいー」
だなんておやりになるものですから。





……繰り返しますが、ここを書いてる御仁はバカだもんですから。





「……そんなに美味しいものなのかなあ……」
とか、自分で書いておいて、考えてしまったんですね。
そしてとうとう、飲めないビールを買ってきた。

  ……お前ホントにバカじゃないか?
  いや、ホントにバカだな。

デこの数日、ずっと飲むタイミングを見計らっていたんですが。
だってお酒飲むと、その後の活動に支障が出るんですもん。
平日家帰ったら、ゴハン食べて、ブログの更新やって、そのあと筋トレやって、
時間があったらゲームして。
時間的にワリとイッパイイッパイで。

しかもアナタ、ビールなんてものはカロリーがまたバカになりませんからね。
せっかく何駅も歩いて帰って消費したカロリーを、
またそんなもので10秒チャージしてしまうのもバカらしい。
このところ、ちょっと減量ペースも落ちてきてたし。

……そんなこともあって二の足を踏んでいて
せっかくのエビスビールがずーっと冷蔵庫の肥やしになっていたわけですが。

とうとう今日。
なんだか一日気分がノらず、ダラダラ過ごしてしまったこともあって
「マいいや、景気づけにいっちまおう!」
ってなことで、飲んでみたわけです。
ゴハンのあと。





(苦い……)





子供か。
だめだ、やっぱり美味しくないや。
何が美味しいのか、さっぱりわかんないよ絢辻さん。

マそんなことでね。
今、風呂上りに牛乳をキューっとやり、
ウマいウマい言いながら、こうしてその気持ちを書きつづってると言うワケですよ。
なんだかなあ。

しかしまあ……以前に比べると、まだお酒飲んでも
使いものにならない感じにはならなくなったな。
マシだ。

ちょっとした勢い付けにはなるかもだけど……
それでもやっぱり、お酒の勢いを借りて何かをするようなオトナにはなりたかないので、
やっぱりオイサンはパスですね。
お酒。


Yebisu_3 R0021796x_2
というワケで、自分は全然悪くないのに
なんだか自分がスベったみたいになってしまったエビスビールさんと、
ついでに今日のお昼ゴハンの海鮮蒸しゴハン。




■銀の天窓大きく開けて!




話はガラッと変わって。
最近、「インド」がいいなあと思う。
いや、見たいとか行きたいとかじゃなくて、
ひびきが。

インド。

「イン」という冷たく鋭い音の後に
「ド」という、ぬくくて重たい音の繋がる感じが。

思えば、ンとドのコンボが中々良いのだけども、
その上につく一文字がイ段であることがあまりない。
同じ構成に
「しんど(い)」とか「頻度」「民度」があるけども、
「しんど(い)」はそもそもイントネーションが違う(「ど」にアクセント)し、
「頻度」「民度」も、
「み」は音に丸みがあって鋭さが損なわれているし、
「ひ」は鋭さを保っているものの、空気の抜ける感じがどこか間抜けだ。

やはり「インド」はオンリーワンなのだな。
いかすぜ、インド。
行きたくないけど。
いや、行きたくないこともないけど……うーん……。


■ラジャ・マハラジャ


……こないだの、「広橋涼の超ラジ!」のみんなのうた特集で
コレ、かからなかったなあ……。
なんでだろう。



■広橋涼の超ラジ!



そうそう、せっかくだから書いておこうか。
面白そうだったので、ここ3回ほどの放送を聴いてみた。

……なんていうか、選曲がシブイっすね。
広橋さんとオイサンは年齢が近いせいなのか、非常にシンパシーを感じる選曲の数々。
レベッカとか。
メトロポリタンミュージアムとか。

番組も面白い。
こういう言い方をすると誉めてんだかなんなんだか、なんだけど、
面白いんだけど、何が面白いんだか正直分からないw

生放送だから面白いんだろうな、というか、
何か、このテの番組というのは、聴く側に明確な動機を求めてきますね。
この場合多分、広橋さんが好き、そのトークが好き、とかでないと、
「何が面白いか分からない」みたいなことになってしまうんでしょう。
イヤ、面白いんですよ? 本当に。
聴いていて楽しい、それは掛け値なし。

けれども、「自分はなんでこの番組を聴いてるんだっけ?」みたいな、
この声優さんが一人でプラモつくったり月餅食べたり、
謎のクイズにチャレンジしたりしているのを聴いてると、
そんな気持ちになる。

番組としてのテーマが希薄というか、
テーマは「広橋涼」なのだろうから、この人がムチャをやらされているのを見て喜ぶ、
というのは正しい。
ただ、やる方も、「そんな特別な、面白いことをやってるワケじゃない」という自覚が
多分あるだろうから、難しさを感じてはいるだろうな。
「これでいいの?」
みたいな。
きっと、好きな人たちにはその飾らない状態だけで面白いハズだから、
それでいいんでしょう。

ただオイサンのような、
そんな広橋さん自体が好きではない、という人間は、
「面白いけど、何が、なんで、面白いのかわからんな」
という気持ちになってしまう気がします。
それはこのラジオに関わらず、ですけどね。

  でも、伊集院のラジオとか、ダウンタウン松っちゃんのラジオとかは、
  そんな気持ちにはならなかったなあ。
  何故だ?
  番組の作りの問題なんだろうか。
  それとも、彼らのやってたことが彼らにしか出来ないことという裏打ちがあったからか?
  広橋さんのカオスぶりも、彼女のにしか出せないモノだとは思うのだが。
  コーナーの問題なのかなあ。

しかしなんというか……サバけ切ったオバサンだな、この人は。
とても良いと思います。



……。



マそんなことでね。
オイサンでした。
まだちょっとお酒が残ってるな。うーん。


 

|

« ■あの娘とエアー餅 -更新第336回- | トップページ | ■明日の風車 ー更新第338回ー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/31927941

この記事へのトラックバック一覧です: ■清酒マハラジャ -更新第337回-:

« ■あの娘とエアー餅 -更新第336回- | トップページ | ■明日の風車 ー更新第338回ー »