« ■昏ら病みのブックストア -更新第308回- | トップページ | ★お知らせ the Information »

2009年9月17日 (木)

■逆襲のRemembrance -更新第309回-

今のご時勢、自分がインフルエンザでもないのに病院に行ったりしたら
インフルエンザにかかりそうで怖いよ。
抽選で2万4千名様に中る!
WHOに怒られそうなのでこの辺で。
オイサンです。



■二つのデザイン



約13年前、オイサンを覇道に堕とした、あいつらが帰ってきた!
LEGEND STRIKES BACK .
伝説は、今甦る……!!


  ◆ときメモシリーズ最新作『ときめきメモリアル4』がPSPで発売決定!
                           [チラシの裏でゲーム鈍報]
  

いやゴメン、どうやら甦らないっぽい。
なんだこの、ヒロインのパンチの無さは。
また何か勘違いしてるんじゃないのか。
また、これをかわいいと、「フツーっぽさが良い」とか思ってやってるのか。


  オイサンには……うっすいオバサンが、
  風俗かなんかでコスプレしてるように見えるぞ。


そしてアイドルグループから引っこ抜いてきた連中に主題歌を歌わせるとか、
作詞が川嶋あいだとか。
いや、どちらも実力のほどは存じ上げないのでモノとしての良しあしはわかりませんが、
なんというか、雰囲気の作り方からして、オイサンらの心から乖離している気がするのですが、
大丈夫でしょうか。

どこを向いて作ろうとしているのかが今一つ分からない、というか、
不安にさせる方向ばかり向いている気がする。
テンションが上がらないんだ。
応援するぞって気にさせてくれないんだよ。
なんでだ。
オイサンは『アマガミ』だって、やる前はここまでの熱の入り方はしてなかったけども、
それでも「頑張ってもらおう! 買うぞ、買って、やるぞ!」
っていう気持ちはあったんだよ。
それすら……感じさせてくれないのか。

なんでね。
なんで、開発が85%に達するまで発表しなかったんでしょう?
35%くらいで発表しとけば、ユーザーのブーイングが聞こえた時点でまだ方向転換がききはしないでしょうか。
マ会社のすることだから、そう簡単に変更は出来ないでしょうけど。
そういうマーケティングって駄目なんだろうか?
今時の、ネットワークの時代に。

システムとか、ゲームの根幹のところは、そりゃ譲れない物があると思うよ。
だけどさ、キャラデザインって、こういっちゃアレだけど……
所詮は見た目だぜ?
沢山の人が喜ぶ方向の方が、良いと思うんですが……それは素人考えなんでしょうかね。

チビキャラはやたらイケてるように見えますが、期待していいのか?
いいんだな?
……まあ、『ラブプラス』もあのキャラデザインで随分な大当たりをしていることだし、
今の若い人たちにはこれでも当たるのかもしれんなあ。


そして昨日、オイサンが寝込んでいる間に発表された新しいウォークマンのデザイン。

 ◆ソニー、2.8型有機ELで7.2mmの最薄ウォークマン「A840」
  http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090916_315778.html
 ◆ソニー、iTunesからのD&D転送可能なウォークマンS
  http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090916_315807.html
 ◆ソニー、歌詞表示など「新音楽体験」提供する新ウォークマン
  http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090916_315926.html

オイサン、これはカッコイイと思います。
新しい。
ちょっと、「え? アレ?」と思わせるところもあって、
好みは分かれると思うけど、その引っかかりが近い将来「かっこいい」側に傾くような予感。
昔のレコードプレイヤーというか、蓄音機というか、そういうところを狙ったデザインですよね。
古くて新しい、そんなカッコよさを感じます。
マたかだか、見た目の話なんですけどね。
それでも、テンションが上がるわけですよ。
オイサン、SONYが好きなわけでもなんでもないんですよ。


好き嫌い……なんだろうけどね。


でも……『ときメモ4』のアレは……なんだろうなあ。
その「ちょっとスカシた外し方」を、本当に外してしまっている気がするんです。
特徴の出し方というか……本来、差別化を図って、パンチを利かせるべきところを、
ヨソとの違いばかりに気がいってしまって、
人のいないところ、人のいないところへと向かった挙句、
本当に人のいないところに辿りついてしまったような……そんな悲しさを感じます。


でも、まあ……。


……うん。
良かろう。
仕方がない。
飲み込んでやろうじゃないか。
応援するぞ。
一度は救われたこの命、
たかだが1万円もしないソフト一本、何の惜しいことがあるものか。
見た目の関は超えてやる。

だからもう一度……今、すでに存分に震えあがり、
上がり切ったこの魂をさらにもうひと震え、させてみてくれるかい。
絢辻詞というモンスターを超える物語を見せてみろよ。

信じてやろうじゃないか、THE LEGEND STRIKES BACK .
せっかくだから、俺は、好きとか嫌いとか、
最初に言い出した、その始まりのプライドに賭けるぜ(by コンバット越前)!!


……負け戦は好かんなあ。
オイサンでした。


 

|

« ■昏ら病みのブックストア -更新第308回- | トップページ | ★お知らせ the Information »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/31419408

この記事へのトラックバック一覧です: ■逆襲のRemembrance -更新第309回-:

« ■昏ら病みのブックストア -更新第308回- | トップページ | ★お知らせ the Information »