« ■ひもじくもANTARCTICA -更新第301回- | トップページ | ■手帳の中のダイヤモンド -16- 第六部 PRE STORY(1) -更新第303回- »

2009年9月 7日 (月)

■知力・体力・ラヴ通信 -更新第302回-

「地球のみんな! オラにちょっとずつ、目ヂカラを分けてくれ!」
「悟空さ、いってえ何たくらんでるだ!」


オイサンです。


よく
「交通事故を起こす瞬間には、周りの景色がストップモーションで見える」
というお話を聞きますが、
今朝方、似たような体験をしました。
クルマに轢かれたワケではなく、手を滑らせて、お茶碗を落としてしまったのです。

その、
手がすべる、お茶碗が宙に踊る、
それを何とか受け止めようとオイサンも軽く踊る、
結局間に合わずお茶碗は床に落ちて砕ける、
という一連の流れの中、1秒はなかったと思うその間に、
  ・滑った
  ・落ちる
  ・取らなきゃ
  ・割れるかな
  ・届かなかった
  ・割れたら、代わりの器がないな
  ・ご飯、何によそって食べよう?
みたいなことを、10コくらい考えたのですが。
そん中に、

  ・そういえば、絢辻さんとの会話に
   「手を滑らせてお気に入りのティーカップを割っちゃった」
   みたいなのがあったなあ
  ・てか何考えてんだ俺は

というのがあって、砕けた茶碗を前に呆然としてしまいました。

もしコレを考えてなければ、割らずに済んだかも知れんなあ、
と思うと……
考えちゃって、割った自分の方が自分らしくてオイサンは好きだなあ、
と、茶碗の破片を拾いながら思ったのでした。
新しいお茶碗、買わないと。

……お茶碗を新しくする時って、なんかワクワクしますよね。
割れたお茶碗には悪いけど。
なんでだろう。
他の食器はそうでもないのに、お茶碗て、なんか特別。




■Innovation For Tomorrow と戦え!




以前『アマガミラジオ』にて、
ダイエット話でメールを読んで戴いたオイサンですが。

ぼちぼち、開始からトータル30kg減の尻尾が見えてきました。
まだまだ減らせる、潤沢なリソースに乾杯。

とはいえオイサンも、何もただ寝てて減量出来てるワケではなく、
カロリー制限をしぃ、筋トレをしぃ、有酸素運動をしぃで減らしているわけです。

そうしてトレーニングなんてものを重ねているとですね、
まがりなりにも筋肉に酸素が行くようになり、
こうフツフツと、動物としての闘争本能のようなモノに火がつく瞬間もあるわけです。

  ボクシング漫画『はじめの一歩』を読んでいると、作中に、
  血管の中を赤血球が流れて筋肉にたどり着き、
  筋肉が燃え上がって強烈なパンチが発射される……
  なんていう描写がありますが、
  あの感じが体の中で起こっていることをすごく実感する瞬間というのがあるんです。
  

はじめの一歩―The fighting! (48) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (2697巻)) はじめの一歩―The fighting! (48)
(講談社コミックス)

著者:森川 ジョージ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



それは昨日のことです。

一通りの筋トレを終え、ウォーキングに出ていたのですが……
軽自動車が丁度すれちがえるくらいの、ワリと細いメの道を歩いておりましたら、
こう、向かいから、来られるワケです。
おあつらえ向きの、ダイハツの軽が、です。

道幅もそう広くはないので、あちらさんもこう……
なんというか……かなり「いい感じのスピード」なわけです。
乗り物としてはかなりスローですが、人から見れば遅くはない。

その、あまりに「This is チョウドイイ」ダイハツさんを見て、
オイサンはですな……
思ってしまったわけです。




  ……あのくらいだったら、
    真正面からいってもそこそこ勝負になんじゃねえか……?




イヤイヤ。
無理ムリ無理むりムリだから。

アホです。

もちろん勝負はしませんでしたけど、その瞬間だけは
オバQのAA並みに真剣に考えていました。

       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |

   | (●) (●)|||  |……アノクライナラ,
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ショウメンカラ デモ カテンジャネエカ・・・?
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |



すぐに首を横に振りましたけど。

勝てるわけがない。
ワケがないんですよ、皆さん。
くれぐれも挑まないように!!
『バキ』のビスケット・オリバ編に出てきた、ボクシングヘヴィ級チャンプ、
アイアン・マイケルの言葉を思い出して下さい。

  「俺ですらがミスターの正面には立たないッ!
   立てないッ!
   お前は体重差というものが分かっていないッッ!
   ボクシングがなんのために、17階級もあるか考えてみろッッ!!」
    
範馬刃牙 10 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙 10 (少年チャンピオン・コミックス)

著者:板垣 恵介
販売元:秋田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


そうです、ダイハツさんとオイサンの間には
決して埋められない体重差というものがですねってオーイ!

そういう問題じゃないだろ!

そうだったそうだった。そういう問題じゃありません。
相手は四足走行です、そもそもの術理がってオイ・オイ・オーイ!

……段々ネタのテンポがザブングル風になってきたのでやめますが、
花山薫ならいざ知らず、
そもそも人間はクルマとケンカするようには出来てないのです。
30歳にもなったらさすがにその辺は知っておきましょう。
……もう突っ込まない。

デその後テクテクとウォーキングを継続したのですが、
頭によぎったのは……

  「そんな馬鹿げた戦いを挑んで怪我でもしてごらんなさい。
   治った暁には、勝つまで許してあげないんだからね」

と、諭しながらもおかしな闘志を燃やす
スパルタン仕様の絢辻さんでした。
妄想ってのはこういうところから生まれるんですよ、皆さん。


■ザブングルのネタ





■オイサン的『アマガミ』プレイレポートLap-11




さて、美也への負い目もホドホドに解消されたところで、
元気よく参りましょう11周目!

今回の目的は絢辻さんのスキGOODとスキBAD回収、
かつ前々回でスルーしっぱなしだった上崎さんのBESTエンド回収。

そんな絢辻さんの相方には、
輝日東の肝っ玉母さんこと梨穂子を連れて行くことにします。

つまり今回は
 ・絢辻さんと梨穂子のファイナルスターを双方ゲット
  ・絢辻さんとデート → 絢辻さんに告白・梨穂子に告白
  ・梨穂子とデート  → 絢辻さんに告白・梨穂子に告白
  ・どっちともデートしないで上崎さんとゴール
という、怒涛の5連コンボを実現しようというわけです。
オイサン、アタマおかしくなんないかしら。
終了は5連休の最後辺りになる予定。

あとの面々は、
森島センパイを<アコガレ>からスキ諦めで<ナカヨシ>へ、
その他のメンバーは全員<シリアイ>からの<ナカヨシ>を目指してもらいたいと思います。
多分、薫と紗江ちゃんは<シリアイ>ほぼ未経験なので
道中の面白みとしてはそこがメインになるかと。

まあ、感情は出来るだけ絢辻さんと梨穂子に乗せていきたいので、
下位メンバーはホドホドにする所存ですけれど。

まだ開始3日目なので特段なにもありませんが、
またなにか、思わぬドラマが生まれると面白いなあと期待しています。

しかし、トータルどのくらい、
このゲームに時間を費やしてるんだろう。
一周、六・七時間はかけてるよなあ。




■すれちがいラブ




『ラブプラス』、近所のさくらやでだぶついているところを華麗にゲット。
ちょっとだけ触ってみましたが……
文字送りにストレスが。

あと、DS縦持ちにするとスピーカー位置が体正面からズレるので、
感情の移入度がかなりそがれる気がします。
大丈夫かなコレ。

それ以外に関しては、
演出のベース部分が『ときメモGirl's side』を踏襲しているので
中々好感度は高し。
ちびキャラとか、アイコン選択時のSEとか、心地よくてスキです。


『ドラゴンクエストIX』もちょっとだけ進行。
ハナシは進んでません。
序盤の大きな町にたどり着き、仲間を作るところまで。

  仲間も、適当に作っちゃったなあ……
  もう一度よく考えて作り直すつもりです。

ついでに、ようやくすれちがい通信が出来るようになり、
朝の通勤電車で試してみたところ……
ものの10分ばかりの乗車でたちまち3人ゲット
(一回の通信モード入りでは3人が上限)!!
入れ食いじゃないですか。
しかも、うち二人が小学生でひとりは高校生。
思いのほかの年齢層の低さに驚く。

その後のバス路線でも、引っかかったひとりは小学生。
お、オッサンはやってたらアカンのか……orz?
オッサンキャラクターが遊びに来て、
引いてないといいけど。

帰り道でも4人釣れました。
すげえな、国民的RPG。
国民的ドラマにツメの垢でも煎じて飲ませてやりたい感じです。


最後に、いっこ訂正。
前回の記事の中で書いたんですけど、
『ハッピーフライト』には、堺雅人さんは出てませんでした。
まちがい。
シマリスのまちがい。


以上、ちょっと寝不足気味でテンションのおかしいオイサンでした。
何故寝不足かというと……次回こそは、
「手帳の中のアレ」を載せたいからだ!!


 

|

« ■ひもじくもANTARCTICA -更新第301回- | トップページ | ■手帳の中のダイヤモンド -16- 第六部 PRE STORY(1) -更新第303回- »

お笑い」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/31276787

この記事へのトラックバック一覧です: ■知力・体力・ラヴ通信 -更新第302回-:

« ■ひもじくもANTARCTICA -更新第301回- | トップページ | ■手帳の中のダイヤモンド -16- 第六部 PRE STORY(1) -更新第303回- »