« ■夏・終・話 ~ナツヒノハナシ -更新第294回- | トップページ | ■御手に紡がれるもの -更新第296回-  »

2009年8月30日 (日)

■DICE~神様のSANチェック -更新第295回-

 
 
 せいしゅんの あやまち !
 おいさんは きぶんてきに 88 のダメージをうけた !
 おいさんは ふさぎこんだ!


 

オイサンです。
世間から遅れること2カ月、『ドラクエIX』もぼちぼちと進めています。
プレイ時間、現在2時間20分。

  ほんとにボチボチだな!

という、ハゲグラサンからのツッコミが聞こえてくるようです。
……ハゲグラサンとエビグラタンは似ているな。
今のところの感想は、
「……なんか違うな」
です。


  ◆◆本日のおしながき◆◆
    ・ニャル子さんCD化記念Webラジオがあまりにカオスだった件。
    ・アニメ『青い花』を見たぞよ。
    ・『アマガミ』プレイレポート・10周目の奇蹟!
    ・ねんがんの 『アマガミ』アンソロコミック をてにいれたぞ!
    ・Closing~君のハートを解散総選挙




■這いよる混沌からしんにょうを取ると、言いよる混沌になる、の巻




こないだの記事でご紹介した『這いよれ!ニャル子さん』の
ドラマCD化記念Webラジオを聞いてみたのですが。
……か、カオスすぐる……。

ドラマCD 這いよれ!ニャル子さん ドラマCD 這いよれ!ニャル子さん

販売元:HOBiRECORDS
発売日:2009/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する


販促ラジオだっつってんのに、冒頭から、
すごくいいTシャツを買っただとか、
パワーポイントがどうとか、
会社の給湯室で起こるのはオフィスラブなのか同僚への悪口なのかとか。

全ッ然、本編と関係のない話のエレクトリカルパレードでした。
すげえ。
なんつうか、客層を完全に分かったというか……
このノリを許せないヤツはCD買っても楽しめないからやめておけ、という
聴き手を選別するための、最高の試金石になっていたような気がします。

随所でアスミんが、マツキスの話の振りに対して
「え、え? 一体何の話?」
と確認していたのが異様におかしかった。
マツキス、フリーダム過ぎだろw

またこないだの記事で、
「アスミんのいいところを引き出しているのはシンタス」だとも書いたのですが、
あれは……アスミんが、ただ聞き上手のツッコミなだけだな。
今回、マツキスとのトークを聞いていて、つくづくそう思った。
しかも別段、彼女は会話をリードして必要な方向へ導くわけでもない。
ただただ、天然大ボケ役が織りなすカオスの渦に身を投じつつ、
その渦が大きく強くなるように、勢いに任せて話を膨らまし続けることに長けている、
というだけのことだった。

マツキスも、シンタスも、高純度のボケであるというだけの話でした。
アスミんから面白い話を振ることって殆どないんですよね。
相槌とか、弱者であること(後輩 or 非萌え趣味)を逆手に取った辛辣なツッコミとかが
とても上手なんですな。

なんにせよ、頭ユルくしてゲラゲラ笑いたいだけなら
これだけでも聴いてみると吉です。

オイサンですか?
オイサンは、古谷"ニュータイプ"徹氏が発射するという
「ナレーションなのにアドリブ」とかいうベテランならではの荒業を、
ぜひこの目で、いや耳で確かめてみたいので、とりあえず本編も購入したいと思います。

あー面白かった。




■ブルーローズ 後ろの正面H丸




『青い花』。
実は第一話だけ、放映当初に見ていて、
「……今期、オイサンが一番見てて面白いと思うのは、多分コレだろうな」
と思ったにもかかわらず、何故か二話目以降、音速でスルーしていました。
それを本日、四話まで一気見。

青い花 1巻 (F×COMICS) 青い花 1巻
(F×COMICS)

著者:志村 貴子
販売元:太田出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


うん、案の定、オモロイ。
素晴らしい。
見応えがある。

……と、思っていたら。
カントクさんが、『キミキス』ファンの間で悪名高き、
カサヰ”結美ちゃん殺し”ケンイチさんでした……。
なんでだ。
また結美ちゃんファンから怒られる。

でも多分、オイサンはこの人の映像作りが、生理に合うのでしょう。
見ていて本当に心地良いし、ハッとさせられたり、言おうとしていることが伝わったり、
しますもの。

すき間、空間、時の間、そんな「そこに何かを描かないこと」で、
その何かを伝えるのがバツグンに上手だと思います。
主人公のフミちゃんの面倒くささとか、杉本センパイのいやらしさとか、
そういうものを嫌味なく、むしろ心地の良いもの、微笑ましいものとして描き出せてしまうのは
羨ましいくらいで。

しかし、なんとなくですけど、この人は多分、普通の人じゃないと思います。
ひどいヒトの匂いがする。
理由は分からないケド。

あと、OPがなんか妙に……病的だなあと思って見ていたら、
コンテが幾原邦彦さんだった……。
この人も、相変わらず特徴的ですねえ。

■『青い花』 OP


それから、EDの歌が……
絶対『フタコイオルタナティブ』のEDを歌ってたeufoniusだと思ったのに、
Ceuiとかいう違う人だった……。
えー、同じ人が名前変えてるだけじゃないのー?

  『フタコイオルタナティブ』は、超弩級の名作です。
  皆さん、見ましょう。

■『フタコイオルタナティブ』ED 僕らの時間

♪たとえば3年後、僕らの時間を……思い出にすること、出来るかな?
  ……名曲。



まだゴッソリと話数のストックが残っているので、
じっくりと楽しみたいと思います。




■神に愛され13年。




森島センパイとアンティークショップに行きたいばっかりに、
薫のお誘いを蹴ったオイサンが来ましたよ!

というわけでオイサンの『アマガミ』プレイ記Lap-10、20日目。
薫を<スキ>に引き上げるスター獲得イベントで
「放課後、空いてる?」
と薫に聞かれ。
「……しまった。放課後は……今日までの森島センパイのイベントがなんか入ってたハズだ」
と思い出し、お誘いを蹴ってしまいました……。

スマン、薫……orz

こういうことが起こるから面白いな。
というわけで結局、首尾よく<スキ>まで上り詰めることが出来たのは、
ミルクフォーチュン中多紗江ちゃんだけです。
梨穂子は墜落、
<ナカヨシ>には、森島センパイ、薫、七咲の三人がひしめく群雄割拠の様相。

そして、今回は前回の上崎さんシナリオにて深く傷つけてしまった
美也をフォローするという目的があったにもかかわらず、
美也を置き去りにして森島先輩と二人でアンティークショップに出掛けてしまうという
本末の転倒ぶりがまた素敵です。

う~ん……なんでこう……こちらの思惑を見透かすように、
絶妙にイベントが重なるんだろう……?
コレ狙ってるんだろうか?
それともやはり、オイサンがギャルゲーの神に愛されているだけなのだろうか。

あとギャルゲーの神は女神なんだろうか?
……いや、多分キッタナイ長髪の、歯並びの悪いロッカーくずれのオッサンで、
「オッス! メタルユ○キだ!」
とかって挨拶すんだろうなあ……。
愛されたくないなあ……。




■アンソロ爺い




アンソロコミック『アマガミ -Various Artists-』も、どうにか獲得に成功。
……うーん……ワリと……どってことないなあ……。
中途半端というか……。
でもまあ、こういうものなんだろうなあ、という……
ワリとアレだ、当初の想定通りの感想になっちゃったカンジです。
うん、普通!!

アマガミ -Various Artists- (マジキューコミックス) アマガミ -Various Artists-
(マジキューコミックス)

販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


……いかんなあ。
こういうものに満足出来なくなってくると、
またオタクとしての自分の資質に疑念がわいてきてしまうんで、
恐ろしくもあるんです。
上手にこう……ノっていかないと、という思いもあり。

収穫は二つ。

一本目の森島先輩の話を描いてた作家さん……月野定規さんの、
絵柄は結構好きかなあ、というコトが一つ。
背景がしっかりしているし、線がシンプルで強弱がハッキリしているのが素敵。
みず谷なおき先生の匂いを感じます。
トーンがもうちょっとあっさり目だと尚好きなのですが。
あと、話の最後に<ソエン>だとか<テキタイ>だとか、
キャラが自分で言っちゃうあたりもサービス感じてオイサン的には良いかと。
もっと、普通のマンガも読んでみたいと思います。

もう一つは二本目の、如月群真先生の絢辻さん話。
とてもシンプルな絢辻さん像が描かれていて、
「あー、そうだよなー。このくらいでいいのかもしれないなー」
と思ってしまいました。
うーん。だよなー。
何故かちょろっと薫の心情が絡めてありましたが、
基本的には本編をなぞりつつ補完+エスカレーションする展開になっていて、
それも好感度高し。

ラスト二本の、ひびきちゃん先輩ちゃんの物語と4コマも、
なかなか楽しめました。
巻末イラスト群の中では渡会けいじさんの絢辻さんが。

しかし、やっぱ、ねえ。
むずかしいですねえ。アンソロコミックは。妄想の商品化というのは。
昔からこんな感じだったような気はしますけども。
もう少し、どうにか出来んかなあ。




  ……。




……選挙、ねえ……。
ぶっちゃけた話、政権が変わろうが変わるまいが、
大した差はないと思うんです。
「どの部分がヒドくなるか」ってだけで、そう良くなりはしないでしょう。
誰を眺めてみても、良くなるとは思えない。

モチロン、悪いところをコツコツと良くしていかないといけないんですけどね。
ところがオイサンなんかには、どうすりゃ良くなるのかも分からなければ、
どの順番でいじるのが正しそうなのかも、
なんなら、どこが、何が原因で、どのくらい悪いのかも、分からないわけです。
それを、さあ選べ、なんつったって選びようもなくてね。

そこは勉強せえよ、って話なんでしょうけど。

でもそれ、素人、ある意味で当事者でない人間に判断できるほど、
全ての情報が開かれているのかと言われれば、どうなんでしょう?
本当の情報を入手するには、随分な労力を要求されるんじゃないですか?
政治やら、その情報やらがこれだけ高度に専門化されてしまったら、
素人が口出しするのは逆にキケンな気もするんですけどね。

でも結局は、素人を意識せざるを得ないから、
分かりやすいコマーシャル・スローガンの撃ち合いと、
効率のいい票集めにしかならないわけでしょう。

まあ、ねえ。

誰の言ってることが本当で、逆に何がウソなのか、判断のしようもありませんが、
外国人の参政権を認めようだとか、
収入の15%を税金としてかっさらうつもりがあるだとか、
死んだ魚の目をしたハトのおっさんは息巻いてるみたいで、
ホント勘弁してくれよって思いますけども。
テキトーマニヘストの穴埋めをさらにテキトーな思いつきで埋めようてんですから
その発想はなかったわ、としか。

  ……あの、厳密にはニュアンスの違うことを言われてるかもなのですが、
  目くじらたてないようにお願いしますね。
  大体です、大体。
  どーだっていいじゃないですか。

オイサンらくらいの世代はとりあえず投票率を上げてかないと、
「票にならない奴らの待遇を良くしてもしょうがない」
とかいう理由で、我々の待遇は無視され、
真面目に投票に行く高齢世代にばかりアピール出来るマニヘストがぶち上げられる、
だからオイサンらの世代は、まずしっかり投票にいこうぜ、
なんていう考えもあるみたいですけどね。

……それだってそもそも、どうかって思いますよね。

そりゃあ連中は当選出来ないと何も出来ないわけですから票は大切だと思いますけど、
票を気にして、やるべきことのバランスを崩す連中になんて、
そもそも票を入れるわけないじゃないですか。

そんな瑣末なことヒトツで、「全体的にちゃんとした国を作る」という
最大目的のウェイトを変えようだなんて、本末転倒も甚だしい。
ナメてると思いますがね。

……まあ、それもね。
「効率がいい」やり方ばかりを追い求めると、
システムというのはそういう風にならざるを得ないのでしょうから。
効率というものと、時間も含めた全体的なバランスというものは、やはり相反し続けるのかもしれんなあ、
などと考えてみるオイサンです。

サテサテ、どうなりますことやら。
今回も、完全ヒトゴトシフトで臨むのが一番なカンジです。
そんなに上手に、他人のやること信用出来ないよ。

マ、ロクでもない妄想を書き繕ったり、
さして面白いとも思わないのに、似非エロ漫画読んだりしてるヒマがあんなら
政治の勉強をせえ、というコトなんでしょうけどね。

……。
うーん、自分で言っといてナンだけど、本当にその通りだな……。



オイサンでした。



 

|

« ■夏・終・話 ~ナツヒノハナシ -更新第294回- | トップページ | ■御手に紡がれるもの -更新第296回-  »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

■関東のJKさん
はおはおー。
お返事遅れました。すみません。

> 私ひとりで下げまくっている気がする塾講師の威厳

いやー、よく分かんないの多かったですけどね。
塾の先生。

> 実は私もオイサンと同じ感想を持ってはいるのです(苦笑)

ですよねー。

> ただ、このアンチテーゼをぶち上げることが出来るというのが、民主主義最大の利点なのかなぁ、と。
(後略)

まったく、仰せの通りです。
バランスのいい人間が独裁とか思いつくはずないですしね。
大なり小なり、自分で選んで起こる不幸と、人任せで及んだ不幸ではまた気分も違うでしょうし。
ただオイサンなんかは不器用な方で、自分の身の回りのことだけでイッパイイッパイなんで、
もうチョイ簡単に考えて選べるようになると有難いんですけどね。
難しいな、もうチョイ、ユニット化なり、パラメータ化して考えられないものかなあ。 >政治
そしてややこしくなる方向にウソをつくな。 >政治家の皆さん


> まあ、何にせよ賽は投げられました。
> 「友愛」をスローガンに掲げる宇宙人のお手並みを、まずは拝見しようではありませんか。

ですな。
そして、早速何かと言うことが変わり始めていて既にちょっと面白い。
オトナだなオイ。 >ポポ山


> 今回でプータローになられたたくさんの自民党議員さん。
> あんまり変なことをやらかしていると、別の意味で政治が自らの命に直結することが解られたと思うので、大いに精進して民主党を打倒して頂きたいですな。

そういう意味では、今回の交代劇も意味があったのかもしれませんな。
任天堂が64で負けた時のように。
庶民の気持ちが分かる人たちになって帰ってきてもらいたいものです。

> ……と、こんな理想論を生徒の前で垂れようと思っている塾講師でした。

彼らに理解してもらえるように願ってます。

> 幸い講習も終わり、久々の3連休に突入しましたので、とりあえず大丈夫です!!

と、思ったらもう終わっちゃった?
夏休みまるでなしってのは厳しかないですか。

投稿: ikas2nd | 2009年9月 4日 (金) 21時17分

>に……にぃに、どうしちゃったの!!?!


いやぁ。
私ひとりで下げまくっている気がする塾講師の威厳を、たまにはまじめ発言をしてマシにしておこうかなぁ、という、選挙前の政治家みたいなことをやってみました。


>やろうとする人間の正義が一体どこにあるのか、どれほどのものなのか、
>全然見える気がしないんですなあ。
>少なくとも、これまで二つの大きな政党が、国会やらでやり合ってきた様子を見ていると、
>どっちも選ぶ気にはなれない、


全くもって仰るとおりです。
前回の私の発言は、本当の所を言ってしまえば、ただのオイサンに対するアンチテーゼなだけでして。
実は私もオイサンと同じ感想を持ってはいるのです(苦笑)

ただ、このアンチテーゼをぶち上げることが出来るというのが、民主主義最大の利点なのかなぁ、と。
素晴らしい独裁政治、魅力的ではありますが、怠け者の私はそんな世界にいると、人任せで自分の国の政治にすら無関心で無責任な人間になってしまう、と確信しているのですよ。
某K氏に「精神的に向上心のない奴は馬鹿だ」と怒られたくない私としては、どんなに衆愚だろうと、精一杯民主政治を信奉していきたいなと思っている所存でございまする。(なんか怪しい宗教みたいだ)

まあ、何にせよ賽は投げられました。
「友愛」をスローガンに掲げる宇宙人のお手並みを、まずは拝見しようではありませんか。
そして、

>彼らの政治は、彼ら自身の生活に、命に、直結してるんでしょうかね。

今回でプータローになられたたくさんの自民党議員さん。
あんまり変なことをやらかしていると、別の意味で政治が自らの命に直結することが解られたと思うので、大いに精進して民主党を打倒して頂きたいですな。

次回の政権交代が、「過去の不満vs未来への不安」というような後ろ向きなものではなく、「過去の実績vs未来への希望」となるよう、切に願って。

……と、こんな理想論を生徒の前で垂れようと思っている塾講師でした。


追伸返し
ご心配、ありがとうございます!
幸い講習も終わり、久々の3連休に突入しましたので、とりあえず大丈夫です!!
さあ、アマガミやるぞ~!!!(台無し)

投稿: 関東の塾講師 | 2009年8月31日 (月) 19時21分

■関東の塾講師さん
に……にぃに、どうしちゃったの!!?!


とまあ、とりあえず茶化して入りますけど。
いや、本当におっしゃる通りだと思いますよ。

報道にしてもそう。責任にしてもそう。
聖職者に対する態度もそう。
選ばないことには、何も始まらないですしね。

ただその……上の方で間違った連中を選んだことに対する責任をどうとるか、
下の方からそれを是正するにはどうすればいいのか。
ダイレクトにやるには、自分が立候補するなりせねばならない、
でもそれはもう、人生を賭けた戦いです。
ぶっちゃけそこまでする気はサラサラなく、かといって、余所の人間にその修正をお願いできるかと言われれば、
余所の人間もどこまで信頼がおけるか分からない。
マそんなヨゴレ役をやってくれてるだけ、ありがたいのかもしれませんけども。

やろうとする人間の正義が一体どこにあるのか、どれほどのものなのか、
全然見える気がしないんですなあ。
納得づくで選ぶことが出来ないことに、大きな問題を感じます。
納得して選んだ選択肢なら、責任を負うことにやぶさかではないですしね。
追えない責任を抱え込んじゃイカンという思いもあるのですよねえ。
だったら今回、その権利はもういいよ、と。パス1で。
どの選択肢もBAD前提の負け戦ならば、全員に同じ額だけ賭けたい気分です。
誰にも賭けないのではなく、全員にかけたい。苦肉の策で。

少なくとも、これまで二つの大きな政党が、国会やらでやり合ってきた様子を見ていると、
どっちも選ぶ気にはなれない、
やる気のある、国に対して責任を負う大人の集まりがするこっちゃない……
という風にしか、オイサンには見えんのです。

  まあ結局、選びには行くわけですけどね。

本当に、自分で考えた政策なのか? 誰かさんの向こうを張って、反射でやってないか?
だったらどうして、お前らそこまで意見が合わないんだよ、
たまにゃあ「ああそうだ、それでいいじゃないか、何だ同じ考えじゃないか」
ってなるようなことがあると思うんですが……。
ホントにねえ……国を支えるため「だけ」に、真面目に考えてやってくれてるか?
自分の食い扶持のためにやってねえか? と、思っちゃうんですよねえ。
だったら、お前らどっちかなら、どっちでもいいや、と。
極端な話、たとえそれが独裁であっても、バランスのとれた公的正義であるならそれでもよいと思います。
選択肢のない、形ばかりの民主主義よりも全然ありがたい。

逆にね。
紗江ちゃんじゃありませんが、お試し期間とお試し地域を設定して、
そいつがどれだけ本気でどこまでやれる人間なのか、
やらせてみて、その結果を見てから投票出来るようなシステムは作れないものですかね。
マ難しいんでしょうけど。

政治家さんも、税金払ってんでしょうから……
全然知らんぷりってことはないんでしょうけども、
政治の活動資金はともかく、給料を一般的なラインに抑えてやれないもんかねえ。
そうすりゃ多少は、何が良くて何がまずいのか、
必死になって分かってもらえる気はするんですけども。

彼らの政治は、彼ら自身の生活に、命に、直結してるんでしょうかね。
どうもなー……そうは見えないんだよなー。
そうでもないのかなー。
やっぱり分かんねえなー。

つかオイサンのが長文になってどうする。


あーあと、追伸!
にぃに、投稿時間が!
頑張りすぎたら、カラダ壊しちゃうんだからね!
ちゃんと休んで下さいな、と。

投稿: ikas2nd | 2009年8月30日 (日) 15時59分

おこんばんわ。


今日ですねぇ、選挙。
民主の議席が300超えそうとか連日報道されていますが、あれもどうなんですかね?
公平なはずである報道機関が先走った情報を垂れ流したら、少なからず民意に影響を及ぼしてしまうと思うのは私だけでしょうか?

それはともかく。
塾講師として黙っていてはいけないところだと思いましたので、少々発言をお許し下さい。

>票を気にして、やるべきことのバランスを崩す連中になんて、
そもそも票を入れるわけないじゃないですか。

全くもってその通りですよね……
まあ、なんと目先の、自分の利益を追うことだけに集中する政治家の多いことか。
今の世間の政治離れは、政局のみに終始する政治屋たちの責任が大だと思います。

思うのですが。

逆に、こんな政治屋だらけにしてしまったのは、国民の責任が大であることは、絶対に忘れてはいけないんだとも思います。

そもそも、日本国民って政治家に過度な期待をしすぎなのではないかと思うのですね。
政治家だけでなく、警官とか、教師とか、いわゆる聖職業ってやつです。

この類の人たちの失敗や悪意を、絶対に許さない。

……いや、もちろん悪意は許さなくて当然なんですが。
ても、どんな職業だって人間がやるのだから、失敗や、欲や、悪意が出てくるのは当然で。
そこは性悪説に立って、任せっきりでなくしっかりと見張っていなくてはならない。
そもそも憲法の作りですら、権力握った人間の良心なんて信じていないんですから。

数年前、小泉総理を救世主と崇めた国民が、今度は民主にその希望を見ているようですが、救世主なんているわけはないんです。
と言いますか、救世主の存在を容認するということは、独裁を許すことと同義なんですから。

政治家だって失敗する。
国民だって失敗する。
お互いに投票して投票されて、期待されて裏切って、期待に応えて裏切られて。
お互いに責任を認識しあっていれば、その繰り返しで政治家・国民ともにレベルアップをしていけると思うのですよね。

今回はどうも民主が勝ちそうです。
私はこれをチャンスだと思っています。
今まで自民党政治しか知らなかった国民が、民主党政治に何を見るのか。

巷でひどいと評判の民主マニフェスト。
実際にやってみたら案外うまくいくかもしれない。
大方の予想通り、ひどい結果に陥るかもしれない。
そんなものはやってみなくてはわかりません。
我々は素人なんですから。
それで失敗して痛い目を見たら?
そうしたら、少しは我々の政治を見る目も肥えるでしょう。
自分が選んだ結果が跳ね返ってくる。
まさに国民主権じゃないですか。
だから、どんな素人眼でも、選ぶことが大切なんです。

今までワンパターンしかなかった政治に、初めて比較教材が現れたんです。
これを機会に、みんなで大いに勉強しましょうよ。

長文、失礼いたしました。

投稿: 関東の塾講師 | 2009年8月30日 (日) 04時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/31155096

この記事へのトラックバック一覧です: ■DICE~神様のSANチェック -更新第295回-:

« ■夏・終・話 ~ナツヒノハナシ -更新第294回- | トップページ | ■御手に紡がれるもの -更新第296回-  »