« ■"THE" TRUE LOVE STORY その3 -更新第289回- | トップページ | ■混沌100%~おどり狂えばヒザ頭 -更新第291回- »

2009年8月24日 (月)

■カオスさん家の晩ごはん -更新第290回-

ご飯に雑穀を混ぜて炊くようになりました。
オイサンです。

道端に、蝉の骸を見ることが増えたなあと思っていたら
なんかもうイキナリ涼しくなりましたね。
驚きです。
まだ8月だっつうのにね。

今年はまだツクツクボウシが鳴くのも聞いていない気がします。
毎年、もうチョイ早い時期には聞いていたように思いますが……
アレは関西だけの記憶か知らん。


そんな夏の終わりに、こんなふたつの素敵なコトが。




■リョーコとカナの、Sweetも甘いもカミ分けて!





夏の陽射しが翳っても、輝日東の冬は終わらない!!
『アマガミ』Webラジオ「良子と佳奈の アマガミ カミングスウィート」、
本日は第22回です!



えーっと……番組でメールを読まれました。
あービックリした。

もう、ほぼ丸ひと月? 前くらいに出したメールだったので、
とっくにボツってポイされたものだとばかり思ってました。

うわーい、梨穂子と美也の中の人に誉っめらっれたー!♪
アスミん、桃を食いながら聞くな。

どのメールだったのかは……↑の■項タイトルを見てもらえれば一目瞭然だと思います。
オハズカシや。

  まホントに恥ずかしいんだったらこんなトコに書きゃしませんけどね。
  へへん。
  喜ばしいったらないぜ。
  と同時に「オッサン何やっとんねん」という気持ちがないでワケでもない。

ちなみに、
メールに書いたのと同じワードで検索してみても、
もうウチとこは引っ掛かりませんでした。
検索エンジンってどういう仕組みだか知りませんけど、そういうモンなんですかね。

ちなみにパート2、
ハガキに書いたダイエットの話はひと月前の話で、
現在は開始から約丸5カ月が経過し、トータルで26kg減となってます。
番組中でアスミんがビックリしてくれてましたが、
……マ要するに、そんだけ減ったってビクともしないくらい、
もともとあったって話なんじゃぜ?

今でも全然、理想体重には届いてないもんな……。
でも、もう一頑張りだ。


  ……。


しかし、久しぶりにラジオでハガキ(メールだけど)とか読まれました。
やっぱ嬉しいもんですな。
高校~大学時代、ワリと一生懸命ラジオ番組にハガキ書いたりして
結構な率で採用されたりしてましたけど……
うーむ、あの頃が甦ってくるようだ。

それと、読まれてみて分かったことですが。
新谷さんの読み上げ能力の高さ。
コレに驚きました。
アレ、オイサンのメールがまんま読み上げられたワケでなくて、
ごくごく微妙なところですが、分かりにくそうなところの語順を、
ちょびっと、
ほんのちょびっとだけ入れ替えて、ビックリするくらい分かりやすく読んで下さいました。

前もってやってることなのか、瞬時に判断したのか知りませんけど、
そしてやったのは作家さんなのかもしれませんけど、
いずれにしてもすげえなと思った次第です。
オイサンもかなり、読みやすく書いたつもりだったんですけどね。
いやあ、敵うもんじゃないな。


……とまあ、びっくり嬉しい話でした。
でも、サイン入りポストカード欲しかったなー。
しかし、ホント何やってんだ俺。




■復活の、カオス!!




そしてもう一つ!
祝! 『ひだまりスケッチ』第三期、
『ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ)』制作決定!!


そしてそれに伴い、あの伝説のカオス
『ひだまりラジオ』も10月から復活決定!!

ひだまりスケッチ×365 特別編 (完全生産限定版) [DVD] ひだまりスケッチ×365
特別編 (完全生産限定版) [DVD]

販売元:アニプレックス
発売日:2009/10/28
 

ひだまりスケッチ (2) (まんがタイムKRコミックス) ひだまりスケッチ (2)
(まんがタイムKRコミックス)

著者:蒼樹 うめ
販売元:芳文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すげえー。
またやるんだー。
あの不思議なアニメ。

なんでしょうね、然してオチどころがあるわけでもないのに、
ホンワカ愉しく見られてしまうんですな。
アニメ本編もさながら、『ひだまりラジオ』がまた聞けるのが嬉しい。

アスミスとシンタスが、そしてウメスが、
来期も食いっぱぐれないのが嬉しい
(余計なお世話だっつうかオイサンは自分の来期の心配をしろ)。

でも入れ替わりで『カミングスウィート』は終わっちゃうのかしらん?
それは寂しいのう。

いずれにしても、過度の期待はしないというか、
どんなものが流れるのかが殆ど想像がつくだけに、
どんな期待をして待っていたら良いかというのも呼吸として分かってしまうので、
その日が来るのをボチボチお待ちしたいと思います。




■読み切りマンガ版『アマガミ』のこと




そうそう、金曜の記事で書いた
ヤングアニマル増刊に載った『アマガミ』コミック版の読み切り。
ワリと愉しく読めました。

ヤングアニマル あいらんど 2009年 10/10号 [雑誌] ヤングアニマル あいらんど
2009年 10/10号 [雑誌]

販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『キミキス』の時のコミック版は、
……マそもそもあんまり真面目に読んではいなかったんですが……
さほど面白いモンでもないな、と思って半分流していましたが、
今回はワリと。

マ多分、『キミキス』よりもキャラのことも世界のことも良く分かっているし、
このワールドでのお作法についても大分なじめてきたので
(正直『キミキス』のときは、『TLS』シリーズとのギャップもあって
お作法にあまり馴染めていませんでした)、
その辺りがいい方へ作用しているのでしょう。

一年生3人を一気にフィーチャーして、
ツカミとしては上々なんじゃないですかね。
楽しめました。

スゲエなと思ったのが、ゲームそのままの背景を描いていたところ。
なんつうか、分かりやすいサービスで嬉しくなってしまった。

お宝本の開きグセを発見されるのは……
同じ男としてえらく恥ずかしい気持ちに……。
オイサンなんも悪いことしてないのにすごくスマナイ感じです。
「先輩……ヒドイです……」
って、橘さん、一体どんなページをお気に入り登録してたんだ……。

本編『アマガミ』のヤングアニマル本誌での連載も予告されていましたし、
期待が持てます。
ラ、ラフ画の絢辻さんがオイサンを見つめてる!!( ← 深刻)

あと、思ったより雑誌がゴツかったので驚いた。
ヤングXXって雑誌の増刊って言うから、てっきり青年誌系の装丁かと思ってた。
すっかりただのエロ漫画誌じゃないか……。

あと、瀬口”オヤマ!”たかひろがトンでもない漫画を描いててびっくりしました……。
お元気そうでナニヨリです。



マ、今日のところはこんな感じで。



アニメの合間に流れる堀江由衣の楽曲のCMを見ていて、
なーんか気持ち悪いナーとずーっと思っていたのですけども。
最近、理由がわかりました。

あの人、何故か瞬きしないんだ。
全然。
と言っていいくらい、ヨリの画では殆ど。
ヒキの画でちょっとするくらいで。
なんでなんでしょうね。
そういうキマリなんでしょうか。



オイサンでした。



 

|

« ■"THE" TRUE LOVE STORY その3 -更新第289回- | トップページ | ■混沌100%~おどり狂えばヒザ頭 -更新第291回- »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

■関東の塾講師さん
> ちわー。
> 三河屋でーす。(平成生まれには通じなかったorz)

ムチャシヤガッテ……。

> センセって言わないで~!!
> 仕事中ならともかく、ギャルゲー話している時に呼ばれるの、ものごっつ恥ずかしいっす。

いっぺん塾内にお宝本隠して、七咲みたいのに見つかってみて下さい。

> まあ、それはともかく。
> TLS2を計52回クリアしたようなオタクとしては、手を出さずにはいられませんでしたとも。

嗚呼 神様教えて下さい。
僕らを蝕むこの病は、癒えることがあるのでしょうか。治る気無いのが問題なのでしょうか。
オイサンも『2』はかなりやりましたが、50回は多分やってないなあ。
3学期のディスクばかりが擦り減っていた記憶が。やっぱ恋は冬だよなー。

> どうでしょう?
> むずかしいですね。
> この先生、キャラによって全く話の出来が違うので。

はー、なるほど。
ではゲーム本編の摩央姉編をクリアしてからそのコミック版を読んでみれば真価は大体分かる感じですかね。

> 個人的に、画力はともかく、ストーリー構成などでは、糸杉版キミキスの方が楽しめました。

そういやそんなのもありましたな。
そっちも見てみるか……。

> でも、アスカターンはかわいいです。

オイサンもねー。
明日夏たーんには興味があったんですけど。
以前はアッケラカンとした、元気でよく食うコが好きだったんですがね。
初代の後藤さんとか。
もう一回、今のテンションでやり直してみるか……。

投稿: ikas2nd | 2009年8月30日 (日) 15時23分

ちわー。
三河屋でーす。(平成生まれには通じなかったorz)


>センセは『キミキス』もおやりになってるんですな。


センセって言わないで~!!
仕事中ならともかく、ギャルゲー話している時に呼ばれるの、ものごっつ恥ずかしいっす。

まあ、それはともかく。
TLS2を計52回クリアしたようなオタクとしては、手を出さずにはいられませんでしたとも。

そして、


>どうですか、やった者から見て、コミック版は満足のいくものでしたか?


どうでしょう?
むずかしいですね。
この先生、キャラによって全く話の出来が違うので。

東雲版キミキスは麻央姉エピソードから始まるわけですが、正直これがピークです(苦笑)
オリジナルエピソードもバンバン入れてきますし、主人公の告白シーンもアレンジを加えるなど、気合いの入りがまったく違います。(噂によれば、東雲先生はお姉さんキャラ好きらしい)

巷ではそのエロさで評判になったようですが、私は作者の愛が強く感じられるという点で、高い評価をしています。

で、他キャラなのですが……

原作に忠実ではあるのですが、麻央姉エピソード時に感じた勢いがありません。
ただ、忠実なだけに、キャラのイメージが壊されることはありませんし、コミカライズとしては無難にまとめたのかなぁ、というのが私の感想ですね。

個人的に、画力はともかく、ストーリー構成などでは、糸杉版キミキスの方が楽しめました。


でも、アスカターンはかわいいです。

投稿: 関東の塾講師 | 2009年8月28日 (金) 01時13分

■関東の塾講師さん
あ、お読みになったんですね。
なんというか、立派だw

>多分、大人のおねーさんページをお気に入りにしていて、3人娘が嫉妬したんだと思いますよ。

確かに、ラストのコマでは女教師だったり大人の女性だったり
書かれてますもんね。

>最後の挑発ポーズも、そのページを真似してみたのでは?

美也がキレてるのが、なんか気にかかる……。
女の子ってのはエッチなのをみて「ヒドイ」と思ったりするもんなんだろうか……。
えげつないのだったりしたんだろうか。

>アスカターンの後日談、書いてくれないかなぁ。

センセは『キミキス』もおやりになってるんですな。
オイサンはちょっと巡り合わせが良くなくて、
あまりキチンと突っ込めていませんが……
(一応、明日夏ターンと結美ちゃん、あとうどんとは懇ろになったんですけども)。
どうですか、やった者から見て、コミック版は満足のいくものでしたか?

投稿: ikas2nd | 2009年8月27日 (木) 00時39分

毎度、懲りずにどーもです。


>えーっと……番組でメールを読まれました。


おめでとうございます!!!
あれ、うれしいんですよねぇ。
読まれている間、顔のニヤニヤが止まらなかったり。
私も高校時代にはそんな経験もありましたが……干支が回った。orz


>「先輩……ヒドイです……」
>って、橘さん、一体どんなページをお気に入り登録してたんだ……。

多分、大人のおねーさんページをお気に入りにしていて、3人娘が嫉妬したんだと思いますよ。
最後の挑発ポーズも、そのページを真似してみたのでは?

アスカターンの後日談、書いてくれないかなぁ。

投稿: 関東の塾講師 | 2009年8月24日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/31091170

この記事へのトラックバック一覧です: ■カオスさん家の晩ごはん -更新第290回-:

« ■"THE" TRUE LOVE STORY その3 -更新第289回- | トップページ | ■混沌100%~おどり狂えばヒザ頭 -更新第291回- »