« ■血の価値、汗の意味、止まる時間に少女よ踊れ -更新第231回- | トップページ | ■ゆび先はもう一つの心臓 -更新第233回- »

2009年6月13日 (土)

■俺とジジィの約束だ。 -更新第232回-

オイサンです。

オイサンのサイン入り『アマガミ』オリジナルサウンドトラック
プレゼントキャンペーン
は終了しました(リンク先記事に若干追記)
キャンペーン?

サテ、その過程の中で、オイサン的にヒトツ、
素敵なことが起こっていたので、これは書いておきたい。

↑の記事にコメントを下さった方とのやりとりの中で、
オイサンは

  「俺と爺の約束だ」

というフレーズを使いました。
これは、オイサンが幼少の頃から……否、
なんなら生まれる前から敬愛してやまない
(オイサンが母のおなかの中にいる頃に、兄が『タイムボカン』を見ていたというので)
山本正之センセイの、『BABARの伝言』という歌からの引用です。

【中古】CDアルバム 山本正之/桃の花 【中古】CDアルバム 山本正之/桃の花

販売元:ネットショップ駿河屋 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

オイサンのハートにも深く染み込んだ、ごく当たり前の言葉だったので、
「約束」という単語に呼ばれ、
本当に何の気なしにするっと挿入したに過ぎないのですが。

マ正直、サントラをお送りするには
相手のご住所を教えて戴かなければならないので、
「この世知辛いご時世、
 さすがにそこまで書いて来るヤツぁいねえだろう」
とタカをくくっていたのですが……
オイサンが何の気なしに書いてしまったそのフレーズを見て、


  「その一言で、信用してみる気になりました」


とメールに書いて送って来なすった御仁がいる。
ガーンと来ました。
けれどそれもまた、この御仁が原曲をご存知なら、
「嗚呼、やっぱりマサユキストに悪人はいない、通じ合うものがあるなあ」
で終わる話なのですが、それも御存じないとおっしゃる。


  ズッガーン!((c)森島はるか)ときました。


ア……これは面白えなと。
たった一言で人をホッとさせる何らかの力を、山本センセイの歌詞は持ってるのかと。
だって、あの一言じゃ何の意味も分かんないですもんね。


     *     *     *


『BABAR(ババア)の伝言』は、
今はもう天国へと旅立たれた山本センセイのお母上……
BABARの生前にセンセが書かれた曲で、
センセとお母さまの関係、お母さまへの気持ちが、コレデモカと描き込められた歌です。
それなのに軽快で、ひょうきんで、重い所や気負ったところが一つもない、
なのに泣けてしまう……珠玉の名曲の一つです。

センセのお父上がどうされているのかはオイサンは存じ上げないのですが、
恐らく、既に。
そのお父上(=ジジイ)とセンセが交わした、お母さんに関する「約束」、
それがどんなものであったのかは、多分、
この歌を聴いてもらえば誰にでもスッと理解できると思います。
それがいかに、固くて優しい誓いであったか。

モチロン、あの一フレーズだけで
その重みや誠実さが伝わるはずはないのですが。
今回の出来事は、それでも切れっぱしくらいは乗っかってしまうのだろうなあ、と、
言葉という生き物が深奥に溜めこむ歴史の力と、
そこに託される思いというものの確かな存在を、
なんだか感じざるを得ないなあと思うに足るものでした。


     *     *     *


アクセスログを見たカンジ、
マジ応募して下さったこの御仁は、
「コイツ(=オイサン)は信用しても大丈夫なヤツなのか」と
さすがに不安にお思いになったのでしょう(当然です)、
ワッチャカワッチャカ、幾つかの記事を読んで下さったみたいなのですが。
そこに書かれていたオイサンの無数の言葉よりも多分、
センセのたった一つのフレーズに心を許された。

いやあ、悔しい。完敗です。
けれど、負けて、悔いなし。
むしろ清々しいっちゅうか、ウレシイっちゅうか。
やっぱセンセイバスケがしたいはすごいです。

……マもちろんね。
人の口から飛び出た言葉がどんな形で相手先に届くかなんてのは、
神ならぬ我が身には予想も出来ないことなので
全然違う感じ方をされてるかもなんですけども。

ただ、なんとなく、良い。
ほっとした、安心した。
暖かみを受け取った。

それだって、全然いいじゃありませんか。
オイサンでした。

あー、もし『BABAR』を聴くのであれば、
『Jijy』『Jijyの逆襲』も合わせてお聴きになることをお奨めするです。
……出来れば、間寛平versionではない方で。

もっぺん、オイサンでした。


■究極超人あ~る 飯田線のバラード




 

|

« ■血の価値、汗の意味、止まる時間に少女よ踊れ -更新第231回- | トップページ | ■ゆび先はもう一つの心臓 -更新第233回- »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/30080421

この記事へのトラックバック一覧です: ■俺とジジィの約束だ。 -更新第232回-:

« ■血の価値、汗の意味、止まる時間に少女よ踊れ -更新第231回- | トップページ | ■ゆび先はもう一つの心臓 -更新第233回- »