« ■ときめけブンボーグ -更新第221回- | トップページ | ■手帳の中のダイヤモンド -11- 第四部 PRE STORY -更新第223回- »

2009年5月24日 (日)

■物語ゲーのみなぎり -更新第222回-

美 凪 る …… !!
違う!
漲 る !!
オイサンです。

皆さん、みなぎってますか?
オイサンは漲ってます。

……なんつうかこの、「みなぎる」という漢字を、
「張る」に「水(さんずい)」をくっつけて作ったヤツに底知れないセンスを感じます。
もしそいつが目の前にいたら、力いっぱいブン殴って

  「お前なかなかやるじゃねえか!!」

って言って上げたいです(上から & 迷惑)。


================================================================
■■■━ 物語ゲーの憂鬱 ~萌芽 ━■■■
----------------------------------------------------------------
「Re:戯言」さんのところで紹介されていた
『スカーレット 日常の境界線』というゲームが素晴らしいとのことだったので
買ってみました。

スカーレット ~日常の境界線~(通常版) スカーレット ~日常の境界線~(通常版)

販売元:角川書店
発売日:2008/10/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  [◆Re:戯言]

PCエロゲからの移植だったのですね。
まだ火を入れてませんが、『アマガミ』がひと段落したら始めたいと思います。
「やって損はない」とまで書かれているので期待。
昨年末の発売ですか。ワリと新しめだ。


   ◆   ◆   ◆


オイサンの中で物語が素晴らしいゲームと言われてまず思い浮かぶのは
やっぱ 『FRAGMENTS BLUE』 ですかね。

 【中古】PS2 限定)フラグメンツ・ブルー スペシャルエディション- アドベンチャー - 【中古】PS2 限定)フラグメンツ・ブルー
スペシャルエディション
-アドベンチャー-

販売元:ゲーム・DVD・CDミラクル
楽天市場で詳細を確認する

今やってる『アマガミ』も素晴らしいですが、こちらも負けていません。
「ライトミステリー」なんて銘打ってあって、
お話の主軸の謎部分はワリとあっさり風味ですが、
その背後に流れる各人物の心の流れ、
特にお話のキーを握る人物の配置と扱いが素晴らしい。

オイサンに「物語」の面白い作り方について、
再認識させてくれたゲームです。

多少詳しくお知りになりたい方は、
オイサンとこの昔の記事でざっくり書いてますのでご一読の程を。
ネタバレありなんでそのつもりで。


   ◆   ◆   ◆


あと、随分古くなりますが、
 『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』

サウンドアドベンチャー オホーツクに消ゆ サウンドアドベンチャー
オホーツクに消ゆ

アーティスト:ゲーム・ミュージック
販売元:アンダーグラウンド・リベレーション・フォース
発売日:2002/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

またエラく遡ったなあオイこらゲーム爺ィ、という感じですが、

  若い人はご存じないかもしれませんが、
  『ドラクエ』『いたスト』の堀井雄二氏の作です。

近年やり直してみて、そのストーリーラインの素晴らしさに震えました。
氏のストーリーテラーとしてのウデ前は『ドラクエ』等々で周知の事実ですが、
舞台が架空の世界を離れ、実在の世界に近づくことで
その素晴らしさがより一層際立ちます。
中古のファミコンショップなんかに行けばやや高め(多分\2,980~?)ではありますが、
入手可能だと思います。
ぜひ一度!

堀井氏にはぜひもう一度、純然たるADVで一本、
物語堪能ゲーを作って欲しいなあと思うオイサンです。

  実際に摩周湖を訪ねて、
  その素晴らしさのあまりシタタメたゲームになぞらえた物語を
  試験的にアップしてみます。
  良ければ読んでみて下さい。

  ◆『 摩周湖にて ~「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」より 』
      ↑クリックすると別ページが開きます。右クリックからダウンロードも可能。
       写真も全部オイサンオリジナルです。


================================================================
■■■━ 仮面の憂鬱 ━■■■
----------------------------------------------------------------
初代PS中期を支えた超名作RPG『女神異聞録ペルソナ』が
PSPで『Persona』としてリメイクされましたね。

ペルソナ ペルソナ

販売元:アトラス
発売日:2009/04/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オイサンも、このゲームにはやられ倒した人間の一人ですので
嬉しく思います。
超有名ゲーム誌に丸1ページ、オイサンの投稿レビューが載ったのも良い思い出。
ジジイの人生で唯一の勲章と言っても過言ではないですじゃ……(シミジミ)。

こちらもまた絢つ……『アマガミ』の影響で、
購入するも未だノータッチエースを決め込んでいますが、
PS版に比べて随分軽妙になっているとのことですので、
ぼちぼち始めたいなあと思う今日この頃。

シリーズは『2・罪』『3』とやりましたが、
正直、この初代の重み・深みを超えるだけのパワーはなかったなあ、
と思っています。
まあ初代の時はオイサン自身がワカモノで、
『2』『3』はかなりなオッサン視点でプレイしたものですから
その辺のギャップは否が応にも出てしまいますけどね。
それにしたって、『2』『3』の物語の風呂敷の広がり方は、
テーマに対してちょっとどうだ、ってトコは拭い切れない感じですが。

  ……。

ちょっとこちらの方も、オイサンが独自視点で、
メインストーリーから切り抜いた物語がありますので、
最近のみなぎりのドサクサにアップしてみようかと思います。

  ◆『 聖エルミン学園にて ~「女神異聞録ペルソナ」より 』
      ↑クリックすると別ページが開きます。右クリックからダウンロードも可能。
       こちらはみんなが嫌いなpdfです。面目ない。

やっぱ、ヒットポイント回復するなら傷薬と宝玉じゃよね~、
みたいな。


================================================================
■■■━ おにゃのこの憂鬱 ━■■■
----------------------------------------------------------------
貯めるだけ貯めてワリとほったらかしにしてあった、
『アマガミ』のWebラジオを、目下消化中であります。

そうか、シンタス & アスミスの名コンビだったのですな。
こりゃ面白いハズだ。
バカテンション的な意味で。

マそんな感じで、今後もヒトツ。
オイサンでした。

 

|

« ■ときめけブンボーグ -更新第221回- | トップページ | ■手帳の中のダイヤモンド -11- 第四部 PRE STORY -更新第223回- »

ゲーム」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/29765664

この記事へのトラックバック一覧です: ■物語ゲーのみなぎり -更新第222回-:

« ■ときめけブンボーグ -更新第221回- | トップページ | ■手帳の中のダイヤモンド -11- 第四部 PRE STORY -更新第223回- »