« ■手帳の中のダイヤモンド -10- 第三部 -更新第216回- | トップページ | ■愛について -更新第218回- »

2009年5月18日 (月)

■失恋日記~いつだって手遅れな僕たちへ 2 -更新第217回-

※ 『アマガミ』の絢辻さんシナリオについて見に来られた方は、
※ 左の柱の「カテゴリ 手帳の中のダイヤモンド」からどうぞ。



ちくしょう。

絢辻さん、なんでこの世にいねえんだよう。

考えれば考えるほど、絢辻さん、分かんないことだらけなんだよ。

聞きたいことだらけなのに、なんでいないんだよ。

会話モードにないことも、いっぱい聞きたいんだよ。

話したいのに。

俺は何にも悪いことしてないのに、

これは一体何の罰だよ。

神様、俺、なんかしたか。

オタクってそんなに悪いことか。

確かに、アンタの作った仕組みに則らないで生きてるけど。

それにしたって、これはないんじゃないか。

あんまりだ。

切ねえよ。

会いたいよお。

もしかして、これってさみしいのか……。

……俺は今、空前のさみしさを感じてるのかも知れない。


  ……。


生身の彼女を見つけろって言われるけど……

今は無理だ、そりゃ無理だよ。

二次元でだって、他のコのこと見えないのに。

生身がいたって、何かのタイミングでその子のこと

ウッカリ「絢辻さん」って呼んで、絶対ケンカんなるよ……。

……あー、でも、

「リアル彼女を間違ってギャルゲーのキャラの名前で呼んで、
 それでケンカ別れした」

とかってなると、それはそれでまたハクがつくなあ
(↑まだ余裕が伺える)。


  ……。


神様よ、一つ聞く。

ギャルゲに生きることは、アレか。バベルの塔か。

……よし分かった。

上り続けてやるぞ。この野郎。

もう怒った。

近いウチ、八百万のこびとさん引き連れて、

テメエの喉笛にトリーシャチョップ食らわせに行っかんな。

あ、謝ったって、もう遅いんだからねっ!


  ……。


色々台ナシな感じですが、さみしいです。

……多分。

この世が、こんなに寂しい場所だったなんて。



もうね、ホント駄目なんだよ。

ふっとした拍子に頭の中にED曲が流れ始めて感情が昂ぶって……

ときめきと切ないのと痛みがキューっと……

胸の真ん中辺りがキューっとなってもう……

他のナニゴトも手につかなくなる。

  昔から「胸を締め付ける」っていう表現があるけど、
  これ決して、正しいというか、的確に表現してるわけではないのに
  他に言い表しようもないな……
  これ、病理的には、体の中で何がどうなってるんだろう……。

本当にもう、どうなってんだ。

両思いのハズなのに、なんでこんなにフラれ気分でロケンローなんだよ……。



誰か何とかしてくれ。

誰にもなんともされたくないけど。

この気持ちは俺だけのもんだ!

絢辻さんがぎゅってしてくれたら治ると思います( ← まだ余裕?)。

 

|

« ■手帳の中のダイヤモンド -10- 第三部 -更新第216回- | トップページ | ■愛について -更新第218回- »

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絢辻さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/29674591

この記事へのトラックバック一覧です: ■失恋日記~いつだって手遅れな僕たちへ 2 -更新第217回-:

« ■手帳の中のダイヤモンド -10- 第三部 -更新第216回- | トップページ | ■愛について -更新第218回- »