« ■野分が僕らを引き裂く前に -更新第212回- | トップページ | ■10秒間の沈黙とグルになんかならないで -更新第214回- »

2009年5月14日 (木)

■時計の針に、気付かれないように。 -更新第213回-

そういや最近、「別れ」をやってないなあ、と思う。

『季節を抱きしめて』を聴いていて、そう思った。


■季節を抱きしめて

これまた名曲。こちらはゲームも最高です。

いや、「別れ」なんて無いに越したこたないんですが、
それでも無きゃ無いで不安になるもの……みたいです。

オイサンだけか?

だって人生では、どうあがいたって別れはどこかで直面するものですし、
……余り考えたくは無いけども、
オイサンの行く先には、このあと最低二つ、
大きくて耐え切れないくらいの別れが待っているのが分かってる。

それに対してコレだけ無防備でいると、
その時にうまくやれなさそうで、やっぱりちょっと不安になる。
そんな場面でうまくやれちゃってもイヤな感じですけどもさ。

  小さいのはありますけどね。
  誰それが異動になったとか。
  会社をやめたとか。
  だけど、場所を小さく移ろうだけのそれは、正直、なんとでもなるなあと思うので。
  例え長く会ってなくても、会えない場所にいても、
  「だってそいつは、そこで元気に幸せに、自分らしくやってるんだろ?
   じゃあいいじゃん」
  なのです。
  オイサンにとっては。
  今会えないことや、今後会えなくなることが別れなのではなくて、
  その人がその人でなくなることが、一番のお別れなのだと、
  なんとなく、気持ちの底で感じているのです。

もしかするとオイサンの場合、
出会ってないんで、分かれるだけのリソースが足りてないだけかも知んないですけど。
無い袖は振れねえですしね。

かといって……別れの練習をするために出会うってのもキミ……それはどうだ。
なんでオイサンの発想は常に、そもそもの出所が間違ってるんだ?
生き方に問題があるのか?

ある?
やっぱり?
あそう。
マいいや( ← それがアカンのや)。

 

|

« ■野分が僕らを引き裂く前に -更新第212回- | トップページ | ■10秒間の沈黙とグルになんかならないで -更新第214回- »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/29600737

この記事へのトラックバック一覧です: ■時計の針に、気付かれないように。 -更新第213回-:

« ■野分が僕らを引き裂く前に -更新第212回- | トップページ | ■10秒間の沈黙とグルになんかならないで -更新第214回- »