« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の7件の記事

2009年1月26日 (月)

■草薙少佐は新型テレビでハックする -更新第176回-

先日、町田で買い物をしていたら。
オイサンの目の前を、カップルが並んで歩いてたんですが……
男の方の、まーあほっそいコト!

女の子の方が、カラダの線も足も腕も首も、全然太いの。
女の子がデブだって言ってんじゃないですよ。
なんというか……シルエットとして……ガタイがいい。
ガッシリしている。
お前、ガチで殴り合いしたら負けんじゃね?って言うくらい、
体格として、女性側の方が頑強・屈強そうなのです。

マ男と女ですから、
基礎的についてる筋肉が違うので
そう簡単に比較は出来ないのでしょうが。
メスに食われるオスカマキリを、すごく連想してしまいました。

……大丈夫か(何が)。

巨娘 1 (1) (アフタヌーンKC) 巨娘 1 (1) (アフタヌーンKC)

著者:木村 紺
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



マ近代、経済的な先進国におかれましては?
女性の男性への欲求は、体格や筋力よりも、
見た目と財力、人柄がエサ取りにモノを言うのであんまり関係ないのかもしれませんが、
イザというとき、ハード的にオスにしか発揮できない部分、
つまり体力・筋力の部分がなくてダイジョブなものかなあと。

いや、図体ばかりでっかくて
心の芯から女々しいオイサンが心配することじゃありませんけど。


================================================================
■バカがテレビでやって来る!ヤア!ヤア!ヤア!
----------------------------------------------------------------
サテ、前回もお伝えしました通り、
次世代テレビがやって参りました。
……次世代て。
右上にアナログって書いてない方のテレビです。
あれ、誰がいつ書いて行ったんだろう。

これでオイサンも草彅くんに殺されずに済みます。

まあ、デジタルだとかFullHDだとかはさておき、
いままで普通の4:3ブラウン管だったオイサンには、
「横に広がったこと」のインパクトがとにかく大きいです。

  今まで、ワイドサイズで放映されていた番組は、
  4:3画面の中でもさらに小さく映されていたワケなので、
  実際の画面幅の拡大よりも随分大きくなった気がします。
  体感で二回りは大きくなったカンジです。

一緒に購入したBD/HDDレコーダーさんとあわせて、
この土日は何のかんのと一通りの機能をいじってました。

リンクしてれば一つのリモコンでなんでもかんでも!
……みたいな謳い文句でしたが、
ワリとそんなこともないですな。
リモコン2つを、トッカエひっかえしないと
なかなか思うようには動いて下さらないご様子。

マそれでも、あれだけ複雑なシステムを、
あそこまで簡単に操らせるのだからこれだけでも十分スゴイとは思いますが、
本当に分からない人にサクサク使わせるには、
まだまだ全然、改良の余地ありだと思います。
まだまだ難しい。
色々、アタマを強引に働かせないと使えません。

包丁で大根を切るようには使えない感じです。

  ★★★ここ大事!!★★★
  そこに行くと、Wiiの使いやすさ、わかりやすさ、
  インターフェースというのは優秀です。
  「包丁と大根」の関係にかなり近い、
  直感的な使い方に答えてくれているとオイサンは思います。

  番組表一つ見るのでも、Wiiで調べるのは本当に快適。
  ディーガのはストレスが溜まります。
  ボタンを押してからのレスポンスも悪いですしね。
  うん。

  がんばれ専門家諸氏。
  たかがゲーム機に負けてんぞ。
  しかもかーなーりの大差で。

……あとなんか、リモコンの感知範囲がすげえせまい気がします。
ホントに受光部を狙って打たないと感じてくれない。
総じて、新しいテレビとレコーダは、「ココロが狭い」。
そう感じます。

  この冬、実家にも47型のプラズマがお目見えになったのですが、
  母曰く、
  「なんかテレビのくせにエラそうで、落ち着いて見られない。
   友達になれそうもない」
  とのこと。
  ああ、なんかワカル。
  確かにエラそうだ、たかだかテレビのくせに。
  黒いし。
  ゴツいし。
  威圧感がある。
  電源がONになってから画面が出るまでに時間がかかるのも
  「まあちょっと待っとれ、今ナカでゴチャゴチャやっとんねや」
  みたいな、待たせるのが当たり前・しょうがねえ、
  と思ってるみたいで、実にエラそうだ。

ゲーム方面は、まだあんまり試してません。
特に「HDだから」という新鮮さは、
今それを生かせるようなコンテンツがうちにないので、
感じられてません。
箱○さん方面で、ボチボチ調達していこうかなと考え中です。

  候補は『ラストレムナント』。
  チュートリアルムービーを見て、興味をひかれた感じです。
ラスト レムナント ラスト レムナント

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2008/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する


とりあえず試せそうなのが縦シューしかなかったのですが……
縦シューをやると、途端に画面の2/3が
要らないスペースになってしまうのはどうにかならんか。

なんというか、家庭用のシューティングが、
FPS・TPS系の3Dシューティングばっかになっていくのは
歴史の必然であるように、今更ながら実感しました。

この先、コンシューマ縦シューは、
「横に広く使える縦シュー」という新しい分野を
開拓していく必要がある。

================================================================
■蒼き光が照らし出す、移ろわぬGHOSTの血と骨格
----------------------------------------------------------------
デそのHDDレコーダさんには、
生意気にもブルーレイドライブがついています。
「せっかくだから」というコンバット越前なみの勢いで
BDコンテンツを一発調達!

候補は、08年を代表する神クオリティの第7話
「ファースト・アタック」が収録されてる『マクロスF』第3巻!

マクロスF(フロンティア) 3 [Blu-ray] マクロスF(フロンティア) 3 [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2008/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する


……一択のつもりだったんですが、売り場で方針を急転換しました。
『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』。
95年公開の劇場版、その2.0 editionです。

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 [DVD] GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2008/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する


売り場で、
「BDって、まだアニメも想像以上に少ないんだなー」
と思っていたら……なんかグッときたのでコレにしました。
懐かしい。

当時大学生だったオイサンは、何かの用事で
慣れない大阪の繁華街を歩いていて、その途中急に
「見るなら今だな」
と思い立ち、吸い寄せられるようにフラッと映画館に入ったのを覚えています。

  しかし、その時の風景は夏。
  そしてオイサンはスーツを着ていたような記憶があります。
  夏ではないにしろ、スーツに汗をかいていたので、
  あっても春先の暑い日。
  映画の公開は95年の冬ですから……
  オイサンが就職活動をしていた97年とは、ちょっとかけ離れている。
  一体あれが本当はいつでどんな用事の途中だったのか、
  当時の日記でもひっくり返せば何か出てくるか……?

内容は、鮮烈で衝撃的だったのを覚えています。
詳しくは書きませんが、まだ世間には拙いCGがあふれていた頃。
『FINAL FANTASY Ⅶ』がPSでリリースされる、そのまだ前です。
なめらかなCGに、先鋭的な技術への解釈、そこに垣間見える慈しみと憎しみ。
哀しみ。
オイサンを、押井守原理主義者に引き込むのに十二分なパンチ力。

  ……とか言いつつ、後の『AVALON』も『イノセンス』も『立喰師』も
  最新作『スカイクロラ』も、何一つ見てねえんだけど。
  『ポニョ』は見たくせに。
  ……。
  マそういう愛の形もあるってことでヒトツ。

マそんなことはどうでもいいのです。
要は、オイサンち次世代化記念式典のこけら落としには
うってつけの、近未来コンテンツだということです。

HD化・高精細化する必然性も存分にある映像ですし、何より
「新しいものにコネクトする」
という気分に、ひどくマッチしたものです。

正直、売り場でパッと目にとまったとき、
「ああ……なんか、うん。
 これはアリだな。運命的な意味で」
みたいに思ったのでした。
原点回帰というか。

その隣にあった『機動警察パトレイバーWXIII』も相当アリなんですけどね。

================================================================
■不思議なご家庭
----------------------------------------------------------------
ここから話題が変わります。

『みなみけ』が不思議です。

■みなみけおかえり ED『絶対カラフル宣言』


面白いとかつまらないとかではなく、不思議。

  ……そんなこと言わせる時点で、面白いは面白いんですけど。

もっと毒のある、氏家ト全的な世界かと思っていたら全然そんなこともなく、
ほんじゃあ、ほのぼのしたり癒したりするのかと言えば、そうでもなく。
かなり肩すかしな印象。
原作を全く読んでいなかったのですが、
『今日の5の2』の方は読んでいたので、
そっちを引っ張ってそんなイメージでいました。

  どちらかと言えば『あずまんが』にまだ近い。
  よつばのいない『よつばと』のような。
   よつばと! (1) あずまんが大王 (4)  (Dengeki comics EX) 今日の5の2 (ヤングマガジンコミックス)

事件・トラブルが起こるかと思えば、
自体が本格化する前に思わぬ方向から解決されて、
普通に終わる、そんな展開目白押し。

それでオモロイんかと問われたら、……まあ、オモロイんですわ。
ハラハラやドキドキになる前に、一瞬だけ「ぬおっ」ってなって、
すぐにちょっと安心させられる。

面白いのは、「ぬおっ」ってなるキッカケが
まあ割とありがちな展開だったりするので、
その先を思うとはナシに、反射的に大筋を予想してしまう。
それを逆手にとって直後にハラっと解決してしまうことで
受け手の予想を裏切るという、ちょっとズルいことをやってるように思います。
一種のトラップ。

  でも、これを考え付いたのは素敵なコトです。
  オモロイんはお前だけちゃうんか、と言われそうですが、
  だって、もう第3期目をやってるワケですからね
  (無印 → おかわり → おかえり)。
  世間的金銭的に(つまりDVDの売上的に)、
  かなりのご支持が集まっていると考えて良いでしょう。

  キャラ的な魅力も手伝っているとは思いますけど、
  アホがヨダレ垂らして5本も10本も買ってく類のモノではない(と思う)ので、
  これはかなりアリのようです。

OPもさながら、アタマで載っけたエンディングが非常に気に入ってまして、
マキシシングルを買ってきたのですが。
コレ、歌だけ聴くとただのポジティブ系ソングで、ワリと草臥れる。

アニメーションの、あの無責任で投げやりなチカラの抜け具合があるからこそ
気持ちよく聴ける歌なんだ
ということを
ものすごく実感しました。

すげえな、そういうこともあるんだな。

================================================================
■滞空時間で差をつけろ
----------------------------------------------------------------
内省系・温血(熱血までいかない)女子バレーボール漫画
『少女ファイト』の5巻が出ました。

少女ファイト 5 (5) (イブニングKCDX) 少女ファイト 5 (5) (イブニングKCDX)

著者:日本橋 ヨヲコ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


4巻が出た時に「イメージのずれと面白さが合わなくて残念」
とかエラそうに書いたのですが。


今巻ではその辺のズレが修正されたのか
それともオイサンに心構えが出来たのか、
随分読みやすく、かつ面白さを損なわずっていうか持ち直してきたので、
ああ、やっぱりプロってすげえなあと感心いたしました。

大変に面白かったです。

マ日本橋ヨヲコ先生の過去作品が持っていたような、
「左脇腹から入って心臓をじかにブン殴られるような感じ」
ではない、
どちらかと言えば足を使ってポイントアウトするようなものに
質が変わってきているように思いますが。
そうやって色んなスタイルを身につけて行こうとしているんだろうか、
とか、余計なことを考えてしまいました。
素直にマンガだけ読んでろデブ。

特に今巻は志乃ちゃん回だったので
志乃ちゃん好きのオイサンは大喜びでしたとさ。

あと、今巻収録の話のサブタイが、
全部過去のバレー漫画のもじりになってるのは大丈夫なんか。
どうしたバシ先生。


================================================================
■100円ショップのプライド
----------------------------------------------------------------
ダイソーで布団用のデカイ洗濯ばさみを買ったんですが、
2個買ったうちの一個が、
一回も布団をはさまないうちにご臨終になりました。

オイサン目を疑ったよ。
オイサンの手に渡ってからは、3回しか開いてはさんでしてないのに。

  一回目は、店内で試しに開いてみたとき。
  二回目は、それをベランダの手すりにかませたとき。
  そして三回目は、イザ布団を干そうとしたそのときに、
  こう、ガッと開いたらですな、もうその瞬間にバキンッ!と。

いやあ、ビックリした。
肝心カナメなモノはダイソーでは買わないようにしてるけど、
どうでもいいものでも全然油断できねえな。

バカにしやがって。

オイサンはまあ、まだいいケドさ。
なんの役目も果たせずにゴミ箱に入れられる、
商品の身にもなってみろというんだ。

やり切れねえぞ?
それを気の毒に思いながらも、もうゴミ箱に入れるしかないオイサンだって
かなり無用にヤラれるんだけど。
「お前、悪いんだけどさ、もうオイサンどうにもしてやれねえわ。
 ごめんな、ちゃんと使いもせずに捨てるけど、勘弁な」
みたいなんですよ。

というワケで世間の皆さん。
そんな悲しい思いを、しないさせないためにも
マシなモンをこさえて売りましょう。


……以上、オイサン倫理委員会がお送りいたしました。


■おまけ ネコはいいたい


「やさしい声よりイモがいい」は、
我が家で今も使われる名言です。

しかしこの歌、3番、4番があまりにセンチでかつ真理を突いた歌詞になっています。
ニコニコ動画の方でFull verが上がっていますので
是非そちらの方もチェックして頂きたい。



子供向けアニメのEDにしてはあまりにヘヴィ。
……マふた昔ほどアニメは、大人も真面目だったんだけどね。



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

■じゃあ福山雅治に超解像かけたらどうなるの? -更新第175回-

クロワッサンを食べていると
外側がポロポロポロポロはがれて落ちる。
もしも、コレが全部カサブタだったらと思うと……!!
オイサンです。

サテ、来週末から、
弊社でもいよいよデジタルテレビなんてモノをですな、
導入する運びとなりまして。
現在そこに向けて、モッカ色々と調整中でございます。

Panasonic VIERA 32V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-32LX80-H Panasonic VIERA 32V型
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
TH-32LX80-H

販売元:パナソニック
発売日:2008/02/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する
入れ替えたり捨てたりするものが多いのでね。
デ、テレビと同時にHDDレコーダも同時に入れます。

  お前持ってへんかったんかい、と突っ込まれそうですが、
  持ってへんかったんですわ。
  VHSでした。
  今この時点でもVHS、磁気テープですわ。

このHDDレコーダ、既にお持ちの方々から色々話を聞くにつけ、
聞こえてくるのは
「たくさん録るけどそんなに見てられない」
「ディスクに移すのが面倒で、録るだけで見ない」
などなど。
……まあ、この装置が世に出始めた頃から言われ続けていることだと思います。

しかしまあ、上手く使えば、
テレビのボトルネックである、
「情報を、時間軸に沿って受動的に得ることしか出来ない」
というスタイルを、多少、ほんの多少ですけども、
解消に近づけることは出来るんではないかと思いもするわけです。

  月単位でガッツリ貯めて、
  見たいときに見たいところだけ見ると。
  タイムラグは発生しますけどね。
  オイサンなんかは家に帰ってTVをつける、
  するとお笑い番組なんかをやっていて、
  フロに入らないといけないのに見逃せない気持ちでじーっと見てしまったり、
  なんてことがワリとあるので、
  そういうときにピッと録れるとあとでしれっと見られて良いです。
  そういうことが出来るだけでも生活の流れがちょっと変わりそうな気がしています。
  ビデオだと、テープに何が入っているかとか、
  いちいち確認しないとですからな。

キレイに残したいものはBDにDRモードで焼けば良いですし、
どうでもいいものは消すか、DVDにLPモードで焼いて残せばいい。

  ちなみに、LPモードは、
  DVD1枚で約4時間の録画が可能とのことですので、
  ビットレートに直せば、

   (1024 *1024 *1024 *4.7 *8) / 60 *60* 4
  = 40,372,692,582.4 /14,400
  = 2,803,659.207(bps)

  ムウ……3Mbps弱。
  264の画質としてはちょっと心許ない数値であるな。
  マ放送時の解像度にもよるでしょうが……
  最低でもHEモードくらいにしとかないと
  見るに絶えない画になるかも。
  もしくは片面2層DVDを使うか……。
  それって箱○さんで再生できるだろうか?
  いやいや、DIGAさんが来るんだから、
  何ももう箱○さんでDVD見なくてもいいだろ、
  落ち着け俺。
  ハアハア。

まあ、ね。
導入前ですから。
今、一番夢が膨らむ時期ですからね。
寝言は言える内に言っとくのが花ってもんです。

……あと楽しみなのは……
テレビの方に、ねえ。
あの、アレです。
SDカードスロットさんがついてますから。
ええ。
アラレも無い系の画像を、フルHDのサイズで。
ばばーんとですね。
お楽しみ戴けるんではないかと、このように期待しておる次第でございますよ。
お前207万画素のうち、どんだけハダ色やねんと。
あんな画像やこんな画像がお茶の間で!
乞うご期待!

================================================================
■Dの食卓
----------------------------------------------------------------
あとですね、デジタル化に伴って
従来のゲーム機の接続も、ちょっともう一新してしまおうということで、
D端子に対応しているものはD端子にしようと調べてみたんですが。

PS2からWiiから箱○さん(※)から、全部D端子に対応してたんですな。
ビックリ。

  ※うちの箱○さんにはHDMIはついていません。

PS2あたりは、あってもS端子くらいまでだと思ってました。
オイサンちに届く予定のテレビにはD端子は2門しか装備していませんので、
セレクタ買うのもお高いし、とりあえずWiiは置いておくとして、
PS2と箱○さんのD端子ケーブルを買って参りました。
そういや今のテレビにも、D端子はついてたなと思いだして
ちょっとお試ししてみたんですが……。

PS3用/PS2用『D端子ケーブル+音声ケーブル』 PS3用/PS2用『D端子ケーブル+音声ケーブル』

販売元:ゲームテック
発売日:2007/02/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ナンジャコレ。
こんなに違うモンなんすか。
すげえ画像が鮮明になったんですけど。
ビックリです。

こうなると事情が変わって参ります。
Wiiだけコンポジットというわけにもいきませんので……
セレクタ買うか……。

……オイサン(33)でした。

あと『宇宙をかける少女』を見ています。
見ていますが……。
あまりよろしくない意味で、96年製ギャルゲーっぽいですな。
女の子たくさんでSFっぽくして、
変なキャラ設定と生き物と、テッカテカのメカ。

OPをALIプロジェクトにして、
かつALI調から若干はずしたカンジにしていて面白い、
耳に残る楽曲にしているのですが。
工夫はわかりますが、それで見る側のテンションが上がらなければ
あまり意味も無い。
緊張感も一切無いので、正直見続けられるかは微妙です。

================================================================
■そこに飛行機があるから
----------------------------------------------------------------
ちょっとした気まぐれに、見よう見ようと思って見られなかった映画、
『クライマーズ・ハイ』を見ました。

『クライマーズ・ハイ』は、1985年の夏に起きた実際の事故、
日本航空123便墜落事故を追った架空の新聞社の物語です。

クライマーズ・ハイ (Blu-ray Disc) クライマーズ・ハイ (Blu-ray Disc)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/01/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する


あらすじは簡単。
群馬の地方新聞社・北関東新聞に勤務する一記者が、
日航機墜落事故の記事の全権デスクを任されて過ごした、
熱に浮かされたような時間の記録、です。

その中には、上司や他部署の人間との衝突、
同期社員・部下との確執など様々な人間模様が展開しますが、
細部はホントいろいろあり過ぎるので割愛。

全体的には、実に緊張感・スピード感に溢れていて、面白かったです。
ドキドキやワクワクではなく、基本、常にハラハラです。
マ新聞屋さんのお話ですから、
こういっちゃなんですが、半分ヤクザみたいな大人たちが
人の話もロクに聞かずにガーガーガーガー怒鳴り合うようなシーン目白押しです。
そんなこともあって、台詞が聞き取りづらいところが多々あります。

また、当時の時代背景や、事件などにある程度知識がないと、
ついていけない話題や単語がザクザク出てきます。
前述の聞きづらさとの合わせワザで、かなり難解です。
DVDで見たので巻き戻したり見返したり出来てなんとかなりましたが、
コレ、劇場で見てたら正直さっぱりだったと思います。

  特に作中で頻繁に出てくる「大久保・連赤」という言葉。
  これは作中のさらに十数年前(1970年代前半)に、
  群馬県近辺で起こり、日本中を震撼させた
  「大久保清連続殺人事件」と、
  新左翼派武装組織・連合赤軍が起こした事件(あさま山荘事件・山岳ベース事件)とを
  まとめてこう呼んだらしいです。

  オイサンの世代はまだ影も形もない頃の出来事ですから、
  ポンポン出されても分かりません。
  マ「日本赤軍」や「連合赤軍」の名前くらいは聞いたことがあったので、
  「連赤」の方から「ああ、あさま山荘のことかな?」くらいには
  思いましたが、そのくらい。
  今回改めて調べて、詳しい内容を初めて知りました。
  正直にいうと、実に興味深い。

お話的には、見る前は、
もっと日航機墜落事故に突っ込んだ話かと思っていましたが、
メインはあくまでも新聞社内の、新聞づくりと人間関係の話。
「一本の筋として、大きな事件・事故に沿った物語にする必要があり、
 その題材としてたまたま(というか必然的にというか)
 日航機墜落という世紀の大事故が取り上げられただけ」
という感じです。

物語としては、
1985年の「夏」のシーンの合間に、
2007年現在の主人公が、85年に死んだ職場の仲間の息子と
クライミングをするシーンが挿入される形で進みます。

デ、ここが問題なのですが。

2007年現在の主人公も、なにか悩みを抱えているように描かれるのですが、
これがもう一つ判然としない。
そしてまた、その問題と答えが1985年のシーンに提示されているのでしょうが、
大体想像はつくものの、しゃっきりしない。
問題と答えの所在がすごくあやふやに見える。

そしてそれらを見つけたときも、その中身がワリと普通というか、
それがメインで描かれていれば感動も出来そうなのに、
過去シーンの勢いの方がすごすぎて、素直にココロがそちらに流れない。
整理をつけて丁寧に描けばさらに楽しめる作品になっていたかもしれません。

ただ、それをやるとメインの新聞社シーンが薄まって
どっちつかずになりそうなので、
今のままで、「現在のシーンはオマケ」と捉えて良いのかもしれませんが。

また、メインの新聞社のシーンだけにしても、
心情の動きが捉えきれない箇所が多々ありました。

お話の前半で敵対していた主人公の上司が、
後半になって何故急に主人公に好意的な立ち回りをするようになったのか?
スクープ記事の獲得を予感した際、
何故主人公は、やはり編集局長・次長をすっとばし、
敵対的であった部長にだけその話を持ちかけたのか?
社長が主人公に目をかけつつも、端々でくさすのは何故? など等……。

どれも、なんとなく読み取ろうとすれば出来ないこともない
(飲み屋のケンカで絆を取り戻した?
手柄の取り合い?
女がらみの嫉妬?)のですが、
決定的な尻尾がつかめないためにストレスがたまります。

そして致命的だったのが、現場へ赴いた記者が「本気で書き起こした」という
設定で披露される、「現場雑感」の記事内容。
ここばかりは、本当に感動的な、迫力のある言葉で無ければならないはずなのに
肝心の記事が薄っぺらい気がしました。
新聞作りの情熱やリアリティとデフォルメの迫力はあるが、
そういうところのクオリティが高くなかったのが残念。

音楽は、メインとなるモチーフの旋律が一つあり、
ほぼそれのバリエーションで持たせている感じです。
シンプルで好きです。
映像では、
緊迫感を持たせるためにアングルをパカパカ変えてみせるシーンが
多用されています。
いいんですけど、たまにやかましい。

役者陣は、基本的にみなさん、すごいです。
すごくいい。
『アフタースクール』で好演していた堺雅人さんですが、
本作でも迫力のあるすごいお芝居をされてます。
好きになりそうです。
山崎努の薄気味悪さもすごい。
途中でお亡くなりになる記者さんと、高嶋兄がやりすぎなカンジで残念でした。


  ……しかし、なんというか……。


「新聞記者ってヤクザっぽい」と、勝手なイメージでこれまで思って来ましたが、
なんか、その思いは濃くなるばかりです。

人に頭ごなしに怒鳴りつけるか、
命令することしか出来ない人たちばっかり、コレデモカコレデモカと出てきます。
「熱さ(の演出?)」とはそういうものなのかも知れないし、
24時間という縛りの中で、毎日紙面を作っていくには
ああいうスピードやパワーが必要なのかもしれませんが……
オイサンは、あんなトコで働くのすっごくイヤ。

ゼッタイ嫌です。


           l/l//   ,. --- .. __        /
  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご   働
  い  対    //  /         \    ざ   き
  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  た
  ご  働      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  く
  ざ  き   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   な
  る   た    ///  ,.イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′       い
 ///  く   /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///     で
. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧
  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨\
∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/
        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l
.      〈/           '   /  /              `ヽ



以上、現場よりオイサン特派員が
中継でお伝えいたしましたでした。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

■成人式 -更新第174回-

オイサンです。
マこの時期と言えばね。
オイサン的には。

R0017362
R0017408R0017440_2
R0017504_2R0017450

……マ、そんな感じなんでね。
初詣で中です。

いやあ、やっぱこの町はいいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

■自分だけの夢を見るより、いっしょにおどろうよ -更新第173回-

最近やたらと新谷良子嬢にご執心です。
オイサンです。

 新谷良子/Clossing Days 新谷良子/Clossing Days
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

……とはいうものの最近、モンゼツして転げまわった挙句、
そのまま萌え死ねるようなキャラとの出会いもありません。
さすがになあ。
30超えると無理なのかなあ。
ええかげんナマミに傾けという思し召しなのだろうか。

……。

でもさあ。
それを言っちゃうと、
2次元にすら萌えられなくなったオタクが、
3次元に萌えろっちゅうのは、コレマタ無理のある話なんじゃないかい?
普通はンなことない?
あらそう。


■謎夢


そんなオイサンが昨晩、深田恭子とメール交換する夢を見ました。
しかしまあ器用なモンで、
深田恭子さんなんて顔も知らないのにどうやって夢に見るんだろう?
夢ってのはホントに不可思議な現象だ。
多分、夢に出てたときのおカオはてきとうだと思うんですけど。
夢にどんなカオで出てきたかも憶えてませんし。

深田さんから、
「何かの料理のレシピと、今日のお弁当のおかず
 (何故かオイサンは弁当を持っていた)を教えてくれ」
と頼まれ、今は時間がないのであとで送るから
メールアドレスを教えてくれとお願いした。

  ……そんなスジ書き。

結局オイサンは、その「何かの料理のレシピ」が分からなくて
オシゴトをAM休とってわざわざ調べて送るのですが、
AMだけでは時間が足らずに無断欠勤みたいになって怒られます。
見知らぬ女のために何故そこまで。

  ちなみにお弁当のおかずはカボチャのナントカでした。

……全っ然興味ないんだけどな、深田恭子。
なんだろなあ。
ココロの奥底では、すっげえ憧れてたりしたらヤだなあ。
恥ずかしいなあ。


■破れたあげくに綻びる、と書く。


帰省した折、昨年結婚していた友人の祝いにと
ウェッジウッドのお皿をお贈りしたのですが、
そのウェッジウッドがすかさず破綻しました。
世界はさぞかし、オイサンのことがお嫌いなのでしょう。

  マ確かにこれまでも、
  贔屓の店が立て続けに潰れたり、
  購読していた雑誌が廃刊になったり、
  内定先の企業が倒産したりとありましたが、
  エゲレスの伝統企業をも打ち倒すこの神通力。
  近々、中国四千年の歴史にも挑戦してみたいと思います。
  貴様は中国武術を舐めたッ!!

トイザらス限定グラップラー刃牙  最大トーナメント編  烈 海王 トイザらス限定グラップラー刃牙
最大トーナメント編  烈 海王

販売元:遊びDS
遊びDSで詳細を確認する

友人夫婦が気を悪くしていなければ良いのですが、
マ例え怒ってたって別にオイサンのせいじゃありません。
不景気が悪いんです、不景気が。
しいて言うんなら、
こんな不景気の真っ最中に結婚なんかする方がどうかしt(以下略)。
……えー、ご結婚、おめでとうございます。
今後とも末永く幸せなご家庭をお築きになるようにと心から祈念いたしまして、
本記事のシメとさせて戴きたく存じますと、
このように思うわけであります。


オイサンでした。
口は災いのもとと申します。
ナマンダブ ナマンダブ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

■発見

マルハニチロから出ている「大満足ミックス」というフルーツゼリー
(コンビニとかで売ってます)を途中まで食べ、
ゼリーが程良く乱れたところで牛乳を注いで食べると……
杏仁豆腐の味がする……!

……とまあ、かように30過ぎのオッサンが萌えアニメを見ていると、
OLみたいな発見をしたりするから面白い。

『みなみけ』、もっと毒っ気バリバリのハナシかと思ってたけど
案外なごみ系の素直なお話だったのですな。

みなみけ 5 (5) (ヤングマガジンコミックス) みなみけ 5 (5) (ヤングマガジンコミックス)

著者:桜場 コハル
販売元:講談社
発売日:2008/03/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

■帰って来たウルトラマン

はいどうも、
そんなことで、本拠地に帰って来ましたオイサンです。
実家方面で遊んで下さった方、どうもありがとうございます。
アキコさんもまた遊んで下さいね。

Neighbor

引き続き『ディシディアFF』をやっていますが、
噂通り、超完全腐女子仕様のプレイヤーキャラがイケメンばかりで
目が疲れます。

ディシディア ファイナルファンタジー(特典なし) ディシディア ファイナルファンタジー(特典なし)

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2008/12/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

■新年のごあいさつ

オイサンです。

2009新年、明けましておめでとうございます。

普段から、オッサンのファンタジー脳を無闇にひけらかすだけの
このページをご愛読戴いている閑居至極の御仁も、
なんとなくたどり着いてしまった気の毒な方も、
本年も、マ生活に支障をきたさない程度にご覧戴けるとありがたいなあと、
このように思う次第でございます。

マ今年も、
一片も世の中の役に立たないことをダラダラと書きならべていきたいと、
特にそんなつもりや理想もなく、結果的にそうなるであろうと思っていますので、
皆さんも、何か明確な目的や要望を持たずに
ヒマでヒマでどうしようもなくて、
これ以上退屈だったら人を殺してしまう!
……という気分の時に、ついウッカリ覗いてしまうくらいのペースでいらして下さい。

そんな気持ちのときであれば、ここに書いてある程度のコトでも
多少面白く感じることが出来ますでしょうからね。

そのくらいで丁度いい丁度いい。

R0016971

時代に取り残されたチェーンロック。
持ち主に忘れ去られて十数年、何かを守っているつもりでいたのに、
実はただ一つの自分の才能で、フェンスに縛り付けられていただけだった。

もう誰も、正しい数字を思い出せない。
その束縛から解放されるには、その身を真っ二つに断たれ、
何の役にも立たない自分になるしかない。


  ……。


『ゆび先はもう一つの心臓』は、
今年もめいっぱい後ろ向き、過去にすがって最大戦速です!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »