« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の6件の記事

2008年8月31日 (日)

■絶対可憐!みうらとアインハンダー -更新第147回-

嘘ばっかりのオイサンです。

今日で8月もオワリなんですね。
気温の低い日々が続いてますが、
このまま秋になってくれれば良いんですけども。
そうは問屋がオロロンラインなんでしょうね。
ゲリラ雷雨なんて言葉まで出てきて、アイドルグループ並ですな。


================================================================
■■■--- 未来を越える、その前に ---■■■
----------------------------------------------------------------
一部でなんだか話題になっていた、
『絶対無敵!チルドレン』のOP主題歌の、歌い手さんたちのPVを見ました。

これは……痛々しい……。
あの……今後このお子さん方が本気で芸能活動をするのかどうか知りませんが、
続けたときには黒歴史入りが確実で、
続けないにしても、結婚式とかで持ち出されて死にたくなるようなものを
拵えて上げるモンじゃねえですよ。
気の毒に。

あのね、「じゃあ、子役を使ったアニメ主題歌のPVなんか作れないじゃん」
みたいなことを言われそうなんですけど、
そうではない。
アニメの主題歌を、コスプレでやってるから
見ていて恥ずかしいんじゃないと思うんですよ。

あとでご本人が振り返って見たときに、
「なんかこっ恥ずかしいけど、私がんばってんじゃん? 全体的なクオリティは高くね?」
と、言えるような物を作れるよう、
大人が頑張って導いてやれよ、と思うんです。

大人が明らかに手を抜いているように見える。
あるいは何らかの目的があって、意図的に手を抜かせているか、
程々のレベルで止めているように見える。

もちろん、このお嬢さん方の根本的な素材性能にも問題があったのかも知れなくて、
「この子たちを、こ・の・子・た・ち・を! 使って!
 この期間と!
 この予算で!
 なんとか売れる物を、売り物を作れ!」
と、エライ人に無茶振りされたとか、
そういう事情もあったりなかったりなのでしょうけど。

これもまた、得をするのはエライ人たちばかりで、
作る側も演る側も被害者の、
生まれてこなきゃ良かった奇妙な果実なのかも知れません。
……まあ、的外れなことを申し上げてるかも知れませんがね。
実際の裏側があるのかどうかも分かりませんしね。

ただオイサンは、なんかこのPVを見ていて、
背後にものすごく歪んで屈折した欲の構造が透けて見えるようで、
気分が悪くなりました。
オイサンの心が汚れているだけでしょうかね。
きっとそうですね。
そうだそうだ、そうに違いないよ。
歌詞もねー。
なんか子供が無理に背伸びして歌ってる雰囲気アリアリで、
最初番組で聞いた時も
「ノリはいいけど、不自然で……薄気味悪いな」と思いましたとさ。
まあ原作の方も、椎名先生はずいぶんなりふり構わない感じにはなってきてますけどね。

  もしも万が一、このお嬢さん方がこのページを読んで
  死にたい気持ちになられても困るんでフォローしておきますが……
  あんた方は悪くないと思いますよ。
  どんな風に書き繕っても上から目線になっちゃって申し訳ないけども。

絶対可憐チルドレン 1 (1) 絶対可憐チルドレン 1 (1)

著者:椎名 高志
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

……あと薄気味悪い繋がりで、
松下のデジカメ、LUMIXのCMの浜崎さんが薄気味悪いですね。
とられる瞬間にこう、クネッと胸を反らせて首を仰け反らせるような、
実に媚びたポーズをおとりになるわけですが、
それがもうなんか、イヤでイヤで。

追っかけフォーカスの機能自体は、ああすげえなと思ったんですけど、
そしてこっちの機種の、
センサのサイズはでかくして、画素数は1000万で止めとくとか、
そういう考え方は大好きで、レンズキャップさえいいものが出てくれば
正直ちょっと欲しいくらいなんですが……
CMには、いったいいつまであの旬の過ぎたヘンなアイドルをお使いになるつもりなんでしょうかね。

マ世間的にはお前が言うなってトコでしょうけどね。


================================================================
■■■--- よつばとうりきれ ---■■■
----------------------------------------------------------------
『よつばと!』の新刊が出ているのは知っていましたが、
とりあえず週末にゆっくり読めばイイや、と思ってスルーして。
金曜日の帰りに、最寄り駅近くの本屋さんで買おうと思ったら見当たらず。
店員さん(この間『雑君保プ』を知っていた店員さんです)に、
「『よつばと!』の新刊あります?」
と訊いたら、
「いやー、今回早くて。なくなっちゃいました。
 いつもだったら1、2週間は軽く残ってるんですが」
とのお返事。

  『よつばと!』は、月刊電撃大王で連載中の、
  あずまきよひこ作のマンガです。
  地獄から来た(ウソ)5歳児・よつばが、当たり前の日常を
  楽しくワンダフルにアグレッシブに生きる!
  日常癒やし系激闘マンガです。
   よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
  読んだコトない人は是非読もう!
  まずは『あずまんが大王』から読もう! 
   あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)

なんですと。
『よつばと!』って、こんな普通の町の本屋さんで
売り切れるようなマンガだったんですかね。
最近ワリといろんな、普通のところでも紹介されていたような気がしていましたが、
なんか環境が変わってきたんでしょうか。
マ『よつばと!』はコンスタントにハイクオリティな良いマンガなので、
売れてくれるのはとても望ましいのですが。

ちなみに3軒目の本屋でやっと見つけました。
とても面白かったです。
とーちゃんとジャンボは仲良しさん過ぎ。
みうらちゃんは相変わらずです。


================================================================
■■■--- いつも心にデストロイ ---■■■
----------------------------------------------------------------
この間実家に帰ったときに、
PS3を持つマイフレンドがゲームアーカイブスを割りと頻繁に利用しているときき、
オイサンもちょっと試してみることにしました。

  ホントは、
  「PS3と初代PSのソフトを持ってれば、PSPにDLして持ち出せる」
  という機能の真相を確かめたかったのですが、
  彼はその機能は使ったことがないとのコト。
  残念。

ラインナップ次第ではオイサンも楽しめそうだなあと思って
ソフトをチェックしてみたところ……
『アインハンダー』があるじゃないですか。
『俺屍』も。
『みちのく秘湯紀行』も!
ラインナップを決めてるのが誰だか知らんが、なかなか分かってるヤツじゃないか。
褒めてツカワス。

デ、早速コンビニでPSストアのポイントを買ってきて、
その3本をDLしました。
いやあ、この先もちょっと楽しみですね。
しかし、『アインハンダー』に限っては、
PSPとPSのコントローラのボタン数の差で、
オイサンが普段使ってるコンフィグに出来ないのが辛いですけど。

で、結局PS版の『アインハンダー』持ち出して普通にやってやんの。
しかし『俺屍』を通勤とかに出来るとなると、これはありがたいですな。
やり直したいソフトの筆頭候補ですからね。
……『俺屍』を、通勤環境でやりたいようにやれるかどうかは甚だギモンですけどね。
だってオイサン、子供に名前つけんのだけでも3、40分悩むんだもん……。

EINHANDER Original Soundtrack 俺の屍を越えてゆけ PS one Books 【中古】PS 美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語


マそんな感じですが、メキシコに来てるハリケーンがすごいみたいですね。
なんかぱっと見、大きさが日本くらいはあるっぽいんですが。
しかも名前が強そう。
グスタフて。
もっと弱そうな名前にすりゃあいいのに。
ホレ、こう…………。
……ヤムチャとか……。


マそんな感じでヒトツ。
こっちの方も、ヒトツよろしく。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■訂正!!

>さて、次回のオイサンは?
>
> 平成おとそ気分企画第12弾
>
>を、5、6回に分けてお届けする予定です。
>乞うご期待!!

……と、前回書いたんですけど、
ごめん、やっぱやめる。
こちらには載せない方針で行きます、諸般の事情で!
なので、オラタンの方でご覧下さい!

面倒おかけしますがよろしくです。
……面倒だったら読まなくたって全然いいですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

■バカと天才は光を超えて & 予告 -更新第146回-

今日は珍しくシゴトバで面白いコトがあったので、そのお話。

オイサンの前の席に座っている若干ばかしエライ人が、
別部署のそれなりにエラい人と電話でしゃべっておられたんですよ。
そして話し終わって一言、

  御方  「なんかさあ、光が遅いんだって」
  オイサン「それはまた、えらく景気のいい話ですね」

聞けば、なんぞの機械で光を30cm先まで届けたいのに
そのための時間が1ns、つまり1億分の1秒しかない。
それが間に合わないのだとか。

計算してみると、光の速度は
 299,792,458 m/秒、
秒速30万キロメートル弱ですから、これを1億で割ると0.3m足らずとなって、
確かにその時間では、光は30cmは進めない計算になります。
しかもこの数値は真空中の話ですから、
空気中で、かつ何かの伝送物質の中ではもっと遅くなることでしょう。

失礼ながらオイサン、このやり取りを聞いてしばらくは
肺の奥で笑いが止まりませんで、ずーっとブルブルブルブルしてました。
こういう天才が一回りしてアホになったような会話は滑稽でステキです。
「アホと天才は紙一重」と言いますが、
その理由がちょっと分かったような気がします。
天才と呼ばれるような方々は、
普通の人が聞いたらおまアホかと思わざるを得ないような領域で戦っているのでしょう。

  しっかしそれにしたって……。

先日100mの世界記録は更新されましたが、
まさか光も、自分が遅いと言われる日が来るとは思ってなかったでしょうねえ……。

  偉い人「お前遅いなあ、モちょっと早くなんねえ?」
  光  「おま……オレ光だぞ?」

ひーおかしい(笑)。


================================================================
■■■━ 次回(以降の)予告! ━■■■
----------------------------------------------------------------
Main_photo

さて、次回のオイサンは?

  平成おとそ気分企画第12弾

を、5、6回に分けてお届けする予定です。
乞うご期待!!
……マ、別に誰も30オヤジの一人旅日記なんて読みたかないだろうけどな。
わかってんだけどさ。
写真くらいは眺めてって下さいよ。
見とく価値のある場所ですぜ、今回ばかりはサ。

旅系まとめページ「オラタン」の方にも併せて載っけていきますが、
マ書いてあることはほとんどおんなじなので。
多分向こうの方を先に更新します。


マそんな感じで一つ。
オイサンでした。


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

■大空と海のひみつ -更新第145回-

さてもさても、オイサンです。
全然更新しなくてすみませんですね。

現在オイサン、ゴジッカにて絶賛夏休み満喫中です。

……「満喫」がスムーズにタイプ出来なくて、
「難詰」だの「マンキヌ」だのわけのわからない単語をミスタイプしてしまうくらい、
ゆるみ中です。

つったって、もう明後日からは普通に労働なんですが、
まともに動ける自信が一切ありませんね。
あの労働パートは、オイサンの人生の中で一体どんな意味でポジティブファクターであるのかさっぱり分かりません。
イヤほんと。

世間様の、夏やらオリンピックやらなんやらのお祭りムードと相まって、
普通の精神状態に全くない気がしています。
あんまりWebも真面目に見てないですしね。
普段摂取している情報から、かなり遊離しているような状態です。

マそんな中でもファミ通やらサンデーやらは普通に読んでますが。


================================================================
■■■━ がしゃどくろ ━■■■
----------------------------------------------------------------
さて、そんな夏休みを利用して、巷で大人気の『崖の上のポニョ』を見てまいりました。
ハマる人にはハマる、意味のわからない人にはさっぱりわからない上になんだか不気味なものに映る、
というかなりのこと世間的評価を真っ二つにしている作品であると、
Web上の評価を拾い集めていくと理解できるわけですが。

いや、面白かったと思います。
ワリと。
ボチボチ。

練りに練られたエンターテインメント超大作!……というんでは決してないので、
ドカーンと笑ってスカッと泣いて、みたいな享楽的な感動を期待して見に行くと
「ナンダコレ」ということにはなりかねないと思います。
ちょっと凝った絵本の話を、宮崎駿がものすごい執念で描きこんだ、
というぐらいの気持ちで見に行くのが正解なのではないでしょうか。

いわゆる映像作品・物語作品として、いろいろ突っ込もうと思えば突っ込めるとは思います。
ポニョが宗介を好きだと思うまでが希薄で感情移入しにくいだとか、
物語のバックグラウンドが説明不足だとか。
……でもねえ。それはそれで、野暮だと思うんですよ。
そんなこと書いてる絵本もないですからね。

オイサンの場合、さすがにポニョと宗介に感情移入することはできず、
感情のおきどころ、物語を追う視点は、ずっとポニョの父親であるフジモトにおいてみていました。
ポニョと宗介はあくまでも無邪気に、


ただまあ、そういう観点で言うと、100億円も稼ぐ映画ではないと思いもしますけどね。
小学校の頃、たまに講堂に集められて映画を見た覚えがありますが、
あれがすんごく贅沢になったカンジのものではあります。


マそんな感じで、これから見ようという人は、
あまり勘違いした感じで期待していくと頭の中が?マークでいっぱいになるので気をつけましょう。
「宮崎駿だから!」みたいな期待で、物事見に行くのは間違いです。
作品というのは、その人が作ったものをくみ取ることに意味があるんですから。

オイサンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

■酒は飲んでもノルマンディー上陸作戦 -更新第144回-

夏だ!

……。

暑い……。 良いコトがない……!
女性が薄着?
二次元にそんなモン関係あるかー!!
でも実は二次元の世界でも季節モンの絵柄は増えるので関係あるー!!
……と、そう思うと季節感ってのはスゴイな。
2次元をも左右しているのか。

とか言いつつ、さっき背中で『行列の出来る法律相談所』を流していたら、
例の
  ♪ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子ー♪
を歌ってる女の子とオッサンの三人組が出演してたんですが。
いや、オッサン2人もともかく、
女の子もハキハキして利発そうで、なんとも可愛らしいお嬢さんですな。

歯並びはちょっとギザギザしてますが。
声も、音程ははずれてますが
(これはまあ、宮崎カントクの指示でしょうな。
「変にトレーニングして直させたりすんな、残せ!」みたいな)
キッチリ通る声をしていて。
最近『ポニョ』のCMが、例の歌だけのものでなく、
山場の(ような)シーンを映すものにかわりましたが、
アレだけ見れば全然面白そうなんですけど。
オイサンまだ見ておらず、実家に帰ったときにでも見ようかと思ってとってありますが、
期待感は高まってきましたよ。

  世間的には賛否両論・おしなべて不評、みたいなところはありますけど。

しかしまあ……随分久しぶりに「ああ可愛いな」と思ったナマミの異性が
9歳児ってのもどうかと思いますね。
あとはホレ、北京五輪のオープニングでうた歌ってた女の子ね。

  あの、性的な意味ではないので、
  捕まえにきたり、通報したりしないように。

  しかし『法律相談所』……、
  前半30分強は、出演者のゴハンの友を紹介して、
  『ポニョ』歌わせて、全然法律相談してないですね。
  変なバラエティ番組になってる。
  北村弁護士若干手持ちぶさたじゃないですか(笑)。

北京でオリンピックが始まったり高校野球だったり
ロシアが戦争だったりで、今年の夏はイベント目白押しですな。
最後のは違う。

しかし日本のオッサンには夏休みが少ない。
オーストレイリア辺りでは、大人でも一月半ほどもお休みがあるのだとか。
オイサンもオージーに生まれたかった。
ウソ。
オージーじゃなくても日本人のまま休みが一月ある方がいい。

今日、コンビニでアイスを買ったんですが、
あのアイスの入ったクーラーボックスを開け、
欲しいアイスを取って、
それをクーラーボックスの上にトンと置いたとき、
ああ、なんかウチの父はアイスを買ってくれるとき、必ず選んだアイスを
一度ボックスの上に置いてたなあ、何てことを思い出してしんみりしてしまいました。

 ……イヤ、生きてますけどね。父。

そんな何気ないことを思い出す夏。
夏。
夏。
……夏って、やっぱちょっと特別な響きがある気がするなあ。
で、青と白と黄色。
日本は色がたくさんあって楽しいね。
秋は赤と朱色、オレンジと茶色。
冬は白と灰色、銀色。
春はピンクと緑だね。
なんかむやみにシューアイスが食べたくなったりで。


================================================================
■■■━ 燃える!聖マッスル ━■■■
----------------------------------------------------------------
巷で何かと話題の『聖★お兄さん』を読みました。

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC) 聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

著者:中村 光
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


休暇で下界は東京・立川にやってきた、皆様ご存知ブッダとイエスキリスト。
この聖人二人が、緩くて不真面目で俗っぽいルームシェア暮らしを始める、
というネタマンガ。

……うん、ワリと普通。
飛びついて大喜びするような内容ではない。
聖人のあるある(?)+ギャップ系の笑い。

イエスが浪費癖のあるITガジェット野郎で、ブッダが実利志向で苦労人。
新しいノートPCを欲しがったり、ドラマの感想ブログで大人気だったりと
フワフワと無駄な遊びに興じがちなイエスを、
家事全般やおサイフ係を受け持つブッダがたしなめたり叱ったり。

面白いのは面白いんですが、ノリきれないというか、
想像出来る範囲を超えないというか。
ネタ的にも、言葉のセンス的にも、
「俺には思いつけない、天才だ!」というところまでいかないカンジです。
マ「今すぐ思いつけんのか」って言われたら無理でしょうけど、
一年中こんなことばっか、メシ食うために考えてれば
辿り着けそうなレベルではあると思います。
手元に置いて、時間をおいて読み返したい……とは思わない。
一回読みゃ充分です。
なので多分、連載本誌で読み捨てるのが正しいスタイルのような気がする。

イエスやブッダのエピソード(聖書とかで語られてるホンモノのハナシね)については
よく調べてるなあ、と思います。
肋骨ダンスの元ネタが分からない……。

しかし、『DMC』といいコレといい、
世間のキワでウケているものが、自分にはそんなに面白くない、
というコトが増えてきたように思います。
トシのせいか?

ネットで誰かが何かを「面白い」という、
でそれを摂取したみたらそうでもなかった。
……そのときに、その元の「誰か」が一体いくつで、
男性だったのか女性だったのか?
そういうことが分からないのがちょっとこわいなあと思う今日この頃。
なんとなく漠然と、自分と同年代かちょっと下か上、くらいまでに
我知らず限定してしまっているような気がする。
今日日それが高校生や中学生、なんなら小学生でもゼンゼン不思議はないはずなのに。

そら小学生が面白がってるものを、オイサンが摂取したって
そうそう嗜好がマッチするタイミングなんてなくて当たり前なのにね。
まあオイサンなんて、明らかに世間一般の33歳のセンスではないんで
あまり分かりすぎても意味はないんですけども。

デトロイト・メタル・シティ 1 (1) (ジェッツコミックス) デトロイト・メタル・シティ 1 (1) (ジェッツコミックス)

著者:若杉 公徳
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する




================================================================
■■■━ お酒は立派な文化です。愛は心の仕事です。 ━■■■
----------------------------------------------------------------
オイサンお酒は飲めません。
もちろん「一滴でも飲んだら死ぬ!」という深刻なカンジではありませんが、
ビールをコップに半分も飲むと真っ赤になって、しんどくなり、眠くなります。

「若い人がビールを飲めなく、飲まなくなっている」という内容の記事が発端で、
この一週間ほど、また飲み会に関する記事をよく目にするようになりました。
……まあ、もう大昔から繰り返し言い続けられてきたコトが、
飲める/飲めない両陣営から今回も同じように言われているわけですが、
オイサンもこの辺で、多分既に言い尽くされているであろうコトを、
自分の意見として表明しておこうかと思います。


オイサンの至極ぶっちゃけた気持ちを書いておくと、
「『みんな』なんていう正体のない不特定多数が集まる場が「飲み会」と呼ばれ、
 お酒なんていう、身体機能的な個体差の影響が大きい飲み物が
 必ず導入されることが前提である、というコトがまず大きな欠陥である」
と思うのですよ。

……あの、ここでの「会」は、
「シゴトバなんかでの、全員に声のかかる、ある種強制的な集まり」
を前提としてるので、そこんとこヨロシク。

  「個人的な、明らかに酒を飲むことを目的とした飲み会」
  に出席して飲まずに怒られたことに文句言ってる方は……お前が反省しろ!
  行くんじゃねえ!
  それはアンタの間違いだ。
  「飲めなくても皆と楽しくやりたいんだ!」って言うんなら、
  自分でノンアルコールな場を企画しなさいな。
  「皆がお酒飲んで楽しくやってる場にいたいんだ!」って言うなら……
  ワガママ言わずに場のルールに従っておけ!
  そこじゃ酒飲みが一番えらいんです。
  「お酒を飲んでる皆」は動物園の動物じゃないんです。
  アンタを楽しい気分にするための設えじゃないんです。
  「飲めない体質なんだからしょうがないだろ!差別だ」ってか。
  「俺だって自分の足でエベレストに登りたいんだよ!」っつって
  プロのアルピニスト集団に素人登山家が参加したら、そりゃ周りはメイワクだよ。
  個人には出来ることと出来ないことがあるんですから、
  それを理解して、できる範囲で生きなさい。
  「訓練でどうにかなる問題じゃないんだから仕方ないだろ!」ってか。
  だったら、「飲めないあいつでも飲み会の場所に必ずいて欲しい!」
  と思ってもらえるだけの貴重な、大切な存在にのし上がれるよう、
  違う方向性で努力なさいな。
  「体力はないけど、クマの出没や落石や雪崩や気候の変化を100%感知できる登山好き」だったら、
  素人でも、アルピニストは何とでもサポートして、つれてってくれるさ。

で、話を戻しますが、
そういう「会社の親睦会」のような「関係者全員が半強制的に参加せざるを得ない場」に、
ナニユレお酒のような、場合によっては危険物にもなり得るモノが必需品となっておるのか。

場の目的はなんだ。
「みんなでワイワイ」じゃないのか。
「みんなでワイワイかつ、『交流』で『共有』」じゃないのか。
だったら、「みんなでワイワイ」やれさえすればお酒は必須じゃないだろう。

「お酒があれば、ないとき以上にもっと「ワイワイ」になるんだ」ってか。
あるとトーンダウンする人間もいるのにか。
「そんなの飲めない人間が悪い」ってか。
そうだ、それがまかり通ってきたのがこれまでだ。

  ム、「みんなでワイワイ」が目的なのに、
  名前が「飲み会」というコトにも問題がある気がしてきた。
  「みんなでワイワイ会」でいいじゃないか。
  「飲み会」は別途、飲めて、飲みたい人だけで催せばいい。

飲めない・飲まない人がいることが分かっている時点で、
「お酒が主体ではない会」に切り替える必要があるはずだ。
何故か?
「会の目的が達成できないから」に決まってるだろう。
会の目的は「親睦」であり「交流」であり「共有」なんだろう。
目的達成のために、手段を改善していくなんてのは、君ら普段大好きじゃないか。
お酒を飲むなとは言わないよ。もちろん。
お酒があるのは良いことだ。
そういうのは文化だし、アイテムの選択肢は多いに越したことはない。
それが「親睦」「交流」「共有」の重要アイテムである人だっているだろう。
大いに飲めばいい。
だけどそれを全員の必携アイテムの位置に据えてサモ当然という顔をしているのは、
会の目的としては間違っている。
「とりあえずビールが当たり前」、
「乾杯がないと始まらない」、
「最初の一杯くらいは口をつけるのがマナー」、
そんな設えは改める必要がある。

「グダグダうるせえな、飲めないんなら何で来るんだ」
半強制参加的な空気出してるからだろ!
シゴトバの集まりだからだよ!
誰が好き好んで行きますか。
……イヤ、オイサンはそれでも平気で行かないこともままありますがね。
皆さんは真似しないように。

  「『親睦』『交流』『共有』が目的の、全員参加前提の団体(例えばシゴトバ)の集まり」
  としては、の話だぞ。
  プライベートな集まりは、そりゃあ好きにするがいいさ。

そして「『親睦』『交流』『共有』が目的の全員参加前提の団体の集まり」が
「(酒の)飲み会」であることは、目的達成のために不適当だ。
「シゴトバの仲間とガバガバ飲みたい」人は、
別途「シゴトバの飲みたい人たちとガバガバ飲む会」
を設ければ良いじゃないか。
なんで「飲めない人間もいるシゴトバ」の経費を使ってやるんだ。

そしてもっと言うなら、
「「親睦」「交流」「共有」が目的の全員参加前提のシゴトバの集まり」が
強制であるなら、業務時間中にやるか、でなけりゃ残業代を出してもらいたい。

エライ人目線で言えば、
「お酒を飲むことで舌が滑らかになって、本音を聞き出すことが出来る」
なんて仰る。
バ……いや、賢さが不足してるんじゃないですかね。
「薬物に頼らないと相手の本音を引き出せない」と仰ってますか。
だったらそんな「みんなでワイワイ」の場でどさくさに紛れてやんじゃなくて、
個別に「本音聞き出し会」を開いて、全員自白剤でも打ってやれってんだよ。
コソコソドサクサ紛れにやるのは薄汚い。
卑怯である。
「身構えられると意味がない」?
そらそうだろうよ、相手はその本音が「隠したい本音」だから言わないんだ。
「隠したい」ものを「出させよう」っつんだから、そっちもそれなりにリスクを負えって話だ。
そういう卑怯で薄汚い、プライバシー領域の侵犯が、
強権的かつ公然と行われていたのが、
コレまでの日本のカイシャの飲み会って場だったんだよ。

分かったらホレ、さっさと健全な関係に戻るがいい。

オイサン的にはイジョで。
                   美少年純米吟醸『吟造り 純米酒』 1800ml

  ……。


夏風邪のようなものにかかってしまい、絶賛体調大不良中です。
だるい。
ウチの部屋は冷房を切るとモノの5分で熱気ムンムンになってしまいますが、
冷房つけたまま寝るのはオイサン的にはとても抵抗があります。
なので、タイマーで1時間後にオフになるようにして寝るのですが、
すると2時間後には首周りが汗でびちょびちょになって目が覚めます。
汗でズクズクではなく、汗でびちょびちょなのです。
水たまりで出来たマフラーを巻いてるみたいに、
首周りを手で拭うとビシャっていうくらい。

デ仕方なく起き出して、また冷房ちょっとつけてシャワーを浴びて寝る……
なんてコトを繰り返していたモノですから、
体が温度調節くらいできなくなってもまあちょっと当たり前かなあ、という気もします。
睡眠も十分ではない感じですし。

……昨年まではこんなにひどいコトはなかったと思うのですが、
今年の夏は格別に暑いですよね?
皆さん、そうですよね?
オイサンが太ったせいじゃないですよね?

まあそんななので、家で寝て治すといってもなかなかゆっくりも寝てられない状況で、
どうしたものかアタマを悩ませ中です。
涼しい場所にでも行けば話は別なんですけどね。

……涼しい場所……だと……?
私に一つだけ心当たりがある。
イヤしかし警部あそこは。



来週は夏休みで、たぶん更新ありません。
多分。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

■ポートピアはROMじゃー -更新第143回

キュウリに泡状のハンドソープをつけて食べるとコレがまた旨い!
オイサンです。
あ? ホントなわけないだろ。

昨晩は更新する余裕がすっかりありませんでした。
何がイカンでこうなってるのかモ一つ良く分かりませんが、
生活のサイクルがうまく回っていません。
もちろん『テイルズ』なんて終わってません。トホホ。
こうなったら夏休みを利用して一気に終わらせるしか!
ちなみにオイサンの夏は、一般的なお盆よりも一足遅くやってきます。

しかし、オイサンもトシをとったのか、冷房にやられ気味です。
昨年までは、冷房なんて冷たけりゃ冷たいほどいいと思っていたのですが、
何か今年は寒いと血行がすぐ悪くなってカタコリに直結。
悪けりゃ全身の血が凝固して即死のザラキ仕様です。
チロリロリロ。
ああキュウリがうまい。

年のせいなのだろうけど、なんかこう、アメリカに行ったことで
あらゆる自分のリズムや性質がちょっとずつずれてしまったように感じるのは気のせい?
今週はPC内のデータの整理をしてバックアップをとったりなんだりしているうちに
土日が終わってしまいました。
おかしい。

まあそんな中からも、拾えるところを拾って書いておきましょう。
別に皆さんには面白いコトなんにもないけど。

========================================================================
■■■━ ひだまりスケッチFrontier ━■■■
------------------------------------------------------------------------
オイサン的2門の主砲(つっても他に見てないけど)、
『ひだまりスケッチ×365』と『マクロスF』は、まあさほど特筆すべきこともないような内容。
『F』の方では、ああお兄ちゃん死ぬのかなー、
でも死亡フラグがあんまりロコツなのでこれは肩透かしコース濃厚だなー、
と思って見てたら案の定死ななかったり。
だけど「TRY AGAIN」のかかり方が超カッコ良かったので許す。
『×365』も、なんだかいつもとテンポの違う感じで、
サービスなんだかなんなんだかよく分からないお風呂シーン連発で、
非常に「らしくない」お話だったように思います。
ちょっと残念。
あ、でも結局『?でわっしょい!』は、下で届いたゲームと一緒に買っちゃいました。

?でわっしょい ?でわっしょい

アーティスト:宮子(水橋かおり),ヒロ(後藤邑子),沙英(新谷良子) ゆの(阿澄佳奈),ゆの(阿澄佳奈),宮子(水橋かおり),ヒロ(後藤邑子),沙英(新谷良子)
販売元:Lantis(K)(M)
発売日:2008/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する



========================================================================
■■■━ 南の国からこにゃにゃちわ ━■■■
------------------------------------------------------------------------
南米のジャングルから、いろいろまとめて届いた。
 PSP『銀河お嬢様伝説コレクション』
 DS『ウィンディ×ウィンダム』
 DS『もえスタ~萌える東大英語塾』
の3本です。
うんがっとっと。
デうち2本がヒドイ有り様であるというこのやられっぷり。
……まあある程度予想の範囲内だったんで良いんですがね。
こういうこともあるさ。
て言うかゲームなんてさ、たまにハズレつかむくらいが買ってて楽しいんですよ。

■1発目。
PC Engine Best Collection 銀河お嬢様伝説コレクション PC Engine Best Collection 銀河お嬢様伝説コレクション

販売元:ハドソン
発売日:2008/07/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

PSP『銀河お嬢様コレクション』は、
PCエンジン伝説のソフトである『ユナ』シリーズの総まとめソフト。
やったことないんですけど、高校時代、学校帰りの本屋でゲーム雑誌を立ち読みしていて、
初めて『ユナ』のチラシを見たとき、
「うおあ、なんだこのゲーム!こんなん買うヤツいんのか!」
と思ったことを鮮明に思い出します。
16年後のお前が買うんだよこのボケナス!!

  ちなみにそのチラシのキャッチは、忘れもしない
  「もうすぐ、あなたのユナになる」。
  やあユナ。オイサンの物になるのに16年もかかってしまったね。
  お互いトシ食ったね。

  上本町の駅中の本屋、今もあんのかな。
  仲の良いバカどもと、コミックコンプやらドラマガやら、
  あーでもないこーでもないと言いながら胸をときめかせた日々が懐かしいです。
  今度実家帰ったら行ってみっか。

あとオイサン、なんとなく『ユナ』シリーズって死ぬほどたくさん出ていたような気がしていましたが、
ゲームの本編って2作だけだったんですね。
OVAとかCDとかでバンバン展開してただけか。

  ……と思ったら、PCエンジン用が2本だけなのであって、
  その後もPC-FXやらサターンやらで出てたんですね。シブトイ。

今回のソフトを買った目的は、『ユナ』本編ではなくて
サイドストーリー的な位置づけのSTG『銀河婦警伝説サファイア』の方だったんですが、
これもまた……『ユナ』本編に負けず劣らず、ヒドイな。
クリアできねえよ、こんな凶悪なSTG。
間合いが近い。
『ユナ』本編も、横山智佐が異様にがんばって演ってるのが痛々しいほどです。
……当時、23、4歳かー。
広井王子あたりにヤリまくられてたんだろうなあ(事実無根)。
もっとかわいい声出してるのかと思ったらガラガラ声のヒロインでびっくりした。

次。
■DS『ウィンディ×ウィンダム』。
ウィンディXウィンダム ウィンディXウィンダム

販売元:サクセス
発売日:2008/07/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとなく野心的な格ゲーになりそうな予感がしてフライング気味に予約してみたんですが、
発売直前の某超有名ゲーム雑誌の超悪名高きクロスレビューにて
4点をとるというなかなかの快挙。
アクション系でこれだけ点が低いというのは、操作系や当たり判定など、
ゲームの根幹にかかわる部分で不備があると思った方が良いなあ……
と、レビューコメントと合わせて考えてみたところ、
ほぼビンゴ。
操作は問題なく出来るけども、当たり判定やレンジが、見た目からは全然わからない。
なぜ今の攻撃があたったのかなど、納得がいかない。
ザンギエフの吸い込みなどのように、ネタ的な扱いにするにも中途半端すぎる。

キャラのバランスも、許容できる範囲を遥かに超えて、とれていない。
キャラデザインも、どっかで見たことあるのをチョッパってきたみたいなんの中に
どこにでもいそうな、誰でも思いつきそうなんを程よくブレンドしてあって、
「お前コレうちのパクったろ?」と言い出すのが難しいような絶妙なさじ加減
(こんなトコばっかテクが利いている感じがまた悲しい)。

シナリオにいたっては日本製アニメかぶれの外国人が絵筆で書いたような、
あってもなくてもいい程度のシロモノで
全体的にやる気あんのか?といわざるを得ません。

久々に、「本当にダメなゲーム」に出会ったような気がします。
作り手のやる気が途中で失せたか、
なんならスタッフが逃げてとりあえず横にいた誰かが完成させたか、
そういう類のスカスカさです。
なんか、「ごめん一生懸命作ったけどダメだった!」みたいな感じではない。
ネタにもならん、怒る気も起きなくて逆に愛おしい!
お前は悪くないんだと抱きしめてあげたい、そんなゲームです。
オススメ!

……なんかね。
「DSの2画面を生かした、空中戦・対空技主体で
 見た目とプレイ感覚に新しい、スピーディーなゲームを作ろうぜ!」
……みたいな気概を感じたんですけど。
オイサンの見立て違いだったようです。
上画面、ほとんどイランもの。
天気予報でも流しとけばいいのに。

最後。
■『もえスタ~萌える東大英語塾~』
もえスタ ~萌える東大英語塾~ もえスタ ~萌える東大英語塾~

販売元:未来少年
発売日:2008/07/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

残った『もえスタ』(同名の萌え系雑誌があるので間違えないように)は、
まだ進めてないのでなんとも言いがたいですが、
英語教育系ソフトとしては普通なのでは、と思います。

英語学習ソフトに萌えキャラ・萌えストーリーをフィーチャーして、
世の中のクソオタクどもを一本釣りにしようというあまりに潔い企画意図です。
         \   ∩─ー、    ====
           \/ ● 、_ `ヽ   ======
           / \( ●  ● |つ
           |   X_入__ノ   ミ   そんな餌で俺様が釣られクマ――
            、 (_/   ノ /⌒l
            /\___ノ゙_/  /  =====
            〈         __ノ  ====
            \ \_    \
             \___)     \   ======   (´⌒
                \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
                  \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ

買った理由は、キャラデザインが好きだったから、
あとまあ、普通に『英語漬け』するよかネタにもなるしやりがいもあろう、
という程度の動機です。
まあ、ね。
職務上アレってのもあって「多少の機会が見つかれば手を延ばしてみよう」くらいの
心意気は、この萎れたオッサンにだって萌え燃え残っていたりはするのさ。

とはいえ、DSではかなり頑張っているOPムービーの、
「教育番組っぽさを出そうとしたのだろうけど、
 悪い方向で昭和の香りが漂う」フンイキとか、

■もえスタOP

それでも何度か見ていると、だんだんキモチ良くなってしまうのはオタクの性か。

ベタにベタを上塗りし続けるシナリオとか、
ホントに英語勉強以外のコンテンツ成分に力を入れる気はあまりない感じ。
ボイスのかなりしゃべってくれるし、いい感じなんですけどねえ。

これを使ってホントに東大に受かれば奨学金50万円が受けられるという
イミの分からない企画もくっついています。斬新といえば斬新な……。


================================================================
■■■━ 漢は、ザンギュラのスーパーウリアッ上とともに ━■■■
----------------------------------------------------------------
イヤ、出たら買おうと思って、GAMESIDEのチラシのページを眺めるたびに思ってたんですよ。
いつの間にか出てたんですね。
『雑君保プ』と『保プ』。
 雑君赤保プ (GAME SIDE BOOKS) 雑君青保プ (GAME SIDE BOOKS)
読み方が分からないという良い子のインポ野郎(どっちだ)のために説明しておくと、
「雑君保プ」って書いて「ざっくんぽっぷ」って読むんだ!

デ結局買いそびれて、「青」の方がでてから半月ほど経ってから最寄り駅近くの本屋さんで
「あの~、『雑君"青"保プ』ってマンガ、ありませんかねえ」
と、「は?」とか「あ゙!?」とか、冷たいあしらいを受けることを予想して
ワクワク恐る恐る聞いて見ると、店員さんなんと笑顔で
「いやー、あれは数が少ないんでー。雑君保プも昔の人なんでねえー」
と。

つ、通じたー!!

あの店員さんが雑君保プを知っている経緯が、
プロとしての知識なのか、趣味の延長なのか、それを知りたいと思う今日この頃。
あ、オッサンですよ。店員さん。オイサンに負けず劣らず、オッサン。
オイサンはゲーメストとか読んでいたわけではないので、
雑君氏を知ったのは割と最近(つっても6、7年前)ですが、
やはりこのゲーム時間が生んだ大天才の一人の著作は、
持っていても一切の損はないと思うのです。
(株)渡辺電機と同じ匂いを持つ天才です、この方は。

さあみんなも一緒に叫ぼう、インド人を右に!


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »