« ■ポートピアはROMじゃー -更新第143回 | トップページ | ■大空と海のひみつ -更新第145回- »

2008年8月10日 (日)

■酒は飲んでもノルマンディー上陸作戦 -更新第144回-

夏だ!

……。

暑い……。 良いコトがない……!
女性が薄着?
二次元にそんなモン関係あるかー!!
でも実は二次元の世界でも季節モンの絵柄は増えるので関係あるー!!
……と、そう思うと季節感ってのはスゴイな。
2次元をも左右しているのか。

とか言いつつ、さっき背中で『行列の出来る法律相談所』を流していたら、
例の
  ♪ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子ー♪
を歌ってる女の子とオッサンの三人組が出演してたんですが。
いや、オッサン2人もともかく、
女の子もハキハキして利発そうで、なんとも可愛らしいお嬢さんですな。

歯並びはちょっとギザギザしてますが。
声も、音程ははずれてますが
(これはまあ、宮崎カントクの指示でしょうな。
「変にトレーニングして直させたりすんな、残せ!」みたいな)
キッチリ通る声をしていて。
最近『ポニョ』のCMが、例の歌だけのものでなく、
山場の(ような)シーンを映すものにかわりましたが、
アレだけ見れば全然面白そうなんですけど。
オイサンまだ見ておらず、実家に帰ったときにでも見ようかと思ってとってありますが、
期待感は高まってきましたよ。

  世間的には賛否両論・おしなべて不評、みたいなところはありますけど。

しかしまあ……随分久しぶりに「ああ可愛いな」と思ったナマミの異性が
9歳児ってのもどうかと思いますね。
あとはホレ、北京五輪のオープニングでうた歌ってた女の子ね。

  あの、性的な意味ではないので、
  捕まえにきたり、通報したりしないように。

  しかし『法律相談所』……、
  前半30分強は、出演者のゴハンの友を紹介して、
  『ポニョ』歌わせて、全然法律相談してないですね。
  変なバラエティ番組になってる。
  北村弁護士若干手持ちぶさたじゃないですか(笑)。

北京でオリンピックが始まったり高校野球だったり
ロシアが戦争だったりで、今年の夏はイベント目白押しですな。
最後のは違う。

しかし日本のオッサンには夏休みが少ない。
オーストレイリア辺りでは、大人でも一月半ほどもお休みがあるのだとか。
オイサンもオージーに生まれたかった。
ウソ。
オージーじゃなくても日本人のまま休みが一月ある方がいい。

今日、コンビニでアイスを買ったんですが、
あのアイスの入ったクーラーボックスを開け、
欲しいアイスを取って、
それをクーラーボックスの上にトンと置いたとき、
ああ、なんかウチの父はアイスを買ってくれるとき、必ず選んだアイスを
一度ボックスの上に置いてたなあ、何てことを思い出してしんみりしてしまいました。

 ……イヤ、生きてますけどね。父。

そんな何気ないことを思い出す夏。
夏。
夏。
……夏って、やっぱちょっと特別な響きがある気がするなあ。
で、青と白と黄色。
日本は色がたくさんあって楽しいね。
秋は赤と朱色、オレンジと茶色。
冬は白と灰色、銀色。
春はピンクと緑だね。
なんかむやみにシューアイスが食べたくなったりで。


================================================================
■■■━ 燃える!聖マッスル ━■■■
----------------------------------------------------------------
巷で何かと話題の『聖★お兄さん』を読みました。

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC) 聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

著者:中村 光
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


休暇で下界は東京・立川にやってきた、皆様ご存知ブッダとイエスキリスト。
この聖人二人が、緩くて不真面目で俗っぽいルームシェア暮らしを始める、
というネタマンガ。

……うん、ワリと普通。
飛びついて大喜びするような内容ではない。
聖人のあるある(?)+ギャップ系の笑い。

イエスが浪費癖のあるITガジェット野郎で、ブッダが実利志向で苦労人。
新しいノートPCを欲しがったり、ドラマの感想ブログで大人気だったりと
フワフワと無駄な遊びに興じがちなイエスを、
家事全般やおサイフ係を受け持つブッダがたしなめたり叱ったり。

面白いのは面白いんですが、ノリきれないというか、
想像出来る範囲を超えないというか。
ネタ的にも、言葉のセンス的にも、
「俺には思いつけない、天才だ!」というところまでいかないカンジです。
マ「今すぐ思いつけんのか」って言われたら無理でしょうけど、
一年中こんなことばっか、メシ食うために考えてれば
辿り着けそうなレベルではあると思います。
手元に置いて、時間をおいて読み返したい……とは思わない。
一回読みゃ充分です。
なので多分、連載本誌で読み捨てるのが正しいスタイルのような気がする。

イエスやブッダのエピソード(聖書とかで語られてるホンモノのハナシね)については
よく調べてるなあ、と思います。
肋骨ダンスの元ネタが分からない……。

しかし、『DMC』といいコレといい、
世間のキワでウケているものが、自分にはそんなに面白くない、
というコトが増えてきたように思います。
トシのせいか?

ネットで誰かが何かを「面白い」という、
でそれを摂取したみたらそうでもなかった。
……そのときに、その元の「誰か」が一体いくつで、
男性だったのか女性だったのか?
そういうことが分からないのがちょっとこわいなあと思う今日この頃。
なんとなく漠然と、自分と同年代かちょっと下か上、くらいまでに
我知らず限定してしまっているような気がする。
今日日それが高校生や中学生、なんなら小学生でもゼンゼン不思議はないはずなのに。

そら小学生が面白がってるものを、オイサンが摂取したって
そうそう嗜好がマッチするタイミングなんてなくて当たり前なのにね。
まあオイサンなんて、明らかに世間一般の33歳のセンスではないんで
あまり分かりすぎても意味はないんですけども。

デトロイト・メタル・シティ 1 (1) (ジェッツコミックス) デトロイト・メタル・シティ 1 (1) (ジェッツコミックス)

著者:若杉 公徳
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する




================================================================
■■■━ お酒は立派な文化です。愛は心の仕事です。 ━■■■
----------------------------------------------------------------
オイサンお酒は飲めません。
もちろん「一滴でも飲んだら死ぬ!」という深刻なカンジではありませんが、
ビールをコップに半分も飲むと真っ赤になって、しんどくなり、眠くなります。

「若い人がビールを飲めなく、飲まなくなっている」という内容の記事が発端で、
この一週間ほど、また飲み会に関する記事をよく目にするようになりました。
……まあ、もう大昔から繰り返し言い続けられてきたコトが、
飲める/飲めない両陣営から今回も同じように言われているわけですが、
オイサンもこの辺で、多分既に言い尽くされているであろうコトを、
自分の意見として表明しておこうかと思います。


オイサンの至極ぶっちゃけた気持ちを書いておくと、
「『みんな』なんていう正体のない不特定多数が集まる場が「飲み会」と呼ばれ、
 お酒なんていう、身体機能的な個体差の影響が大きい飲み物が
 必ず導入されることが前提である、というコトがまず大きな欠陥である」
と思うのですよ。

……あの、ここでの「会」は、
「シゴトバなんかでの、全員に声のかかる、ある種強制的な集まり」
を前提としてるので、そこんとこヨロシク。

  「個人的な、明らかに酒を飲むことを目的とした飲み会」
  に出席して飲まずに怒られたことに文句言ってる方は……お前が反省しろ!
  行くんじゃねえ!
  それはアンタの間違いだ。
  「飲めなくても皆と楽しくやりたいんだ!」って言うんなら、
  自分でノンアルコールな場を企画しなさいな。
  「皆がお酒飲んで楽しくやってる場にいたいんだ!」って言うなら……
  ワガママ言わずに場のルールに従っておけ!
  そこじゃ酒飲みが一番えらいんです。
  「お酒を飲んでる皆」は動物園の動物じゃないんです。
  アンタを楽しい気分にするための設えじゃないんです。
  「飲めない体質なんだからしょうがないだろ!差別だ」ってか。
  「俺だって自分の足でエベレストに登りたいんだよ!」っつって
  プロのアルピニスト集団に素人登山家が参加したら、そりゃ周りはメイワクだよ。
  個人には出来ることと出来ないことがあるんですから、
  それを理解して、できる範囲で生きなさい。
  「訓練でどうにかなる問題じゃないんだから仕方ないだろ!」ってか。
  だったら、「飲めないあいつでも飲み会の場所に必ずいて欲しい!」
  と思ってもらえるだけの貴重な、大切な存在にのし上がれるよう、
  違う方向性で努力なさいな。
  「体力はないけど、クマの出没や落石や雪崩や気候の変化を100%感知できる登山好き」だったら、
  素人でも、アルピニストは何とでもサポートして、つれてってくれるさ。

で、話を戻しますが、
そういう「会社の親睦会」のような「関係者全員が半強制的に参加せざるを得ない場」に、
ナニユレお酒のような、場合によっては危険物にもなり得るモノが必需品となっておるのか。

場の目的はなんだ。
「みんなでワイワイ」じゃないのか。
「みんなでワイワイかつ、『交流』で『共有』」じゃないのか。
だったら、「みんなでワイワイ」やれさえすればお酒は必須じゃないだろう。

「お酒があれば、ないとき以上にもっと「ワイワイ」になるんだ」ってか。
あるとトーンダウンする人間もいるのにか。
「そんなの飲めない人間が悪い」ってか。
そうだ、それがまかり通ってきたのがこれまでだ。

  ム、「みんなでワイワイ」が目的なのに、
  名前が「飲み会」というコトにも問題がある気がしてきた。
  「みんなでワイワイ会」でいいじゃないか。
  「飲み会」は別途、飲めて、飲みたい人だけで催せばいい。

飲めない・飲まない人がいることが分かっている時点で、
「お酒が主体ではない会」に切り替える必要があるはずだ。
何故か?
「会の目的が達成できないから」に決まってるだろう。
会の目的は「親睦」であり「交流」であり「共有」なんだろう。
目的達成のために、手段を改善していくなんてのは、君ら普段大好きじゃないか。
お酒を飲むなとは言わないよ。もちろん。
お酒があるのは良いことだ。
そういうのは文化だし、アイテムの選択肢は多いに越したことはない。
それが「親睦」「交流」「共有」の重要アイテムである人だっているだろう。
大いに飲めばいい。
だけどそれを全員の必携アイテムの位置に据えてサモ当然という顔をしているのは、
会の目的としては間違っている。
「とりあえずビールが当たり前」、
「乾杯がないと始まらない」、
「最初の一杯くらいは口をつけるのがマナー」、
そんな設えは改める必要がある。

「グダグダうるせえな、飲めないんなら何で来るんだ」
半強制参加的な空気出してるからだろ!
シゴトバの集まりだからだよ!
誰が好き好んで行きますか。
……イヤ、オイサンはそれでも平気で行かないこともままありますがね。
皆さんは真似しないように。

  「『親睦』『交流』『共有』が目的の、全員参加前提の団体(例えばシゴトバ)の集まり」
  としては、の話だぞ。
  プライベートな集まりは、そりゃあ好きにするがいいさ。

そして「『親睦』『交流』『共有』が目的の全員参加前提の団体の集まり」が
「(酒の)飲み会」であることは、目的達成のために不適当だ。
「シゴトバの仲間とガバガバ飲みたい」人は、
別途「シゴトバの飲みたい人たちとガバガバ飲む会」
を設ければ良いじゃないか。
なんで「飲めない人間もいるシゴトバ」の経費を使ってやるんだ。

そしてもっと言うなら、
「「親睦」「交流」「共有」が目的の全員参加前提のシゴトバの集まり」が
強制であるなら、業務時間中にやるか、でなけりゃ残業代を出してもらいたい。

エライ人目線で言えば、
「お酒を飲むことで舌が滑らかになって、本音を聞き出すことが出来る」
なんて仰る。
バ……いや、賢さが不足してるんじゃないですかね。
「薬物に頼らないと相手の本音を引き出せない」と仰ってますか。
だったらそんな「みんなでワイワイ」の場でどさくさに紛れてやんじゃなくて、
個別に「本音聞き出し会」を開いて、全員自白剤でも打ってやれってんだよ。
コソコソドサクサ紛れにやるのは薄汚い。
卑怯である。
「身構えられると意味がない」?
そらそうだろうよ、相手はその本音が「隠したい本音」だから言わないんだ。
「隠したい」ものを「出させよう」っつんだから、そっちもそれなりにリスクを負えって話だ。
そういう卑怯で薄汚い、プライバシー領域の侵犯が、
強権的かつ公然と行われていたのが、
コレまでの日本のカイシャの飲み会って場だったんだよ。

分かったらホレ、さっさと健全な関係に戻るがいい。

オイサン的にはイジョで。
                   美少年純米吟醸『吟造り 純米酒』 1800ml

  ……。


夏風邪のようなものにかかってしまい、絶賛体調大不良中です。
だるい。
ウチの部屋は冷房を切るとモノの5分で熱気ムンムンになってしまいますが、
冷房つけたまま寝るのはオイサン的にはとても抵抗があります。
なので、タイマーで1時間後にオフになるようにして寝るのですが、
すると2時間後には首周りが汗でびちょびちょになって目が覚めます。
汗でズクズクではなく、汗でびちょびちょなのです。
水たまりで出来たマフラーを巻いてるみたいに、
首周りを手で拭うとビシャっていうくらい。

デ仕方なく起き出して、また冷房ちょっとつけてシャワーを浴びて寝る……
なんてコトを繰り返していたモノですから、
体が温度調節くらいできなくなってもまあちょっと当たり前かなあ、という気もします。
睡眠も十分ではない感じですし。

……昨年まではこんなにひどいコトはなかったと思うのですが、
今年の夏は格別に暑いですよね?
皆さん、そうですよね?
オイサンが太ったせいじゃないですよね?

まあそんななので、家で寝て治すといってもなかなかゆっくりも寝てられない状況で、
どうしたものかアタマを悩ませ中です。
涼しい場所にでも行けば話は別なんですけどね。

……涼しい場所……だと……?
私に一つだけ心当たりがある。
イヤしかし警部あそこは。



来週は夏休みで、たぶん更新ありません。
多分。



 

|

« ■ポートピアはROMじゃー -更新第143回 | トップページ | ■大空と海のひみつ -更新第145回- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/22904878

この記事へのトラックバック一覧です: ■酒は飲んでもノルマンディー上陸作戦 -更新第144回-:

« ■ポートピアはROMじゃー -更新第143回 | トップページ | ■大空と海のひみつ -更新第145回- »