« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の9件の記事

2008年4月30日 (水)

■SWINGING! -更新第122回-

今日は晴れると言っていたのに、
朝のうちに小雨がぱらついて、少し不安な気持ちにさせられた。
雨はすぐに止んだのだが、夕べの眠りが浅かったこともあってか、
一日、目の前に霧がかかったように過ごした。

ikasです。

こないだの土曜日、テレビのニュースを見ていたら
「大型連休初日の今日、鉄道各線は上下線とも……」
とか言っていた。
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i


聞いてませんよ、そりゃどこの勝ち組企業のカレンダーだ!!
いつ始まった、
俺たちの夏は、始まりもしないうちから終わっちまったってのかよ!

  乗客は……
  「(電車が)混んじゃって、疲れちゃいますね」
  うるせえ、休めてるくせに疲れてんじゃねえ、バーカバーカ!

さあ、そんな格差社会を諦めと妬み、自嘲といじけの横目で見送りながら今日も始まりました、
ここは週刊ペースを取り戻そうと躍起になって平気で記事を水増しするブログ、
『ゆび先はもう一つの心臓』。

石油王に、俺はなる!!(@尾田栄一郎)

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

販売元:東映
発売日:2005/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■$$ 本日のお品書き $$
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  $$ 新しい鞄を履いて

  $$ 導かれし者たち

  $$ Wiiはリビングでネットする

  $$ 吐瀉物 vs 女の涙

  $$ かなしみバスは片肺飛行・その1

  $$ かなしみバスは片肺飛行・その2

  $$ 昏く熱き、昭和の光

  $$ アタック No.25


----------------------------------------------------------------
■■■--- 新しい鞄を履いて ---■■■
----------------------------------------------------------------
バクさんとノッポさんが戦ったらどっちが強い!?
同時上演・ゴン太くんVSビーバー。
……来年の正月映画。

  どことなく、「キテレツ vs ドラえもん」の趣がありますな。
   > ノッポさん vs バクさん
  マある特定の期間、小学生だった世代の人間にしか分からない話題はこのヘンで。

いきなり何の話かといえばですね、鞄を。
新しくしました
つまり上のは、鞄 → バクさん の脊髄反射コンボです。
といってもオシゴト用のものではなく、旅行に持って行っていた、
ボストンバッグというか、スポーツバッグを。

思えば、今まで使っていたバッグは、オイサンの記憶が正しければ多分、
中学校の修学旅行に行くときに買った物のハズなので
およそ17年のお付き合いだったワケで。
昭和のアイテムではギリギリありませんが、頑丈に出来てたモンですよ。
その彼も、とうとう肩掛けヒモをひっかける本体側のフックが
根こそぎ剥離してしまったので、さすがにもう働くコトが出来ません。
この間の、川湯~摩周行きが、彼との最後の旅になってしまったのでした。

とは言っても、あんな大きなバッグは普段ほとんど使いませんし、
数年に何回か使っていただけのハズです。

それがここ数年、このオッサンが北海道旅行に目覚めてしまったために
帰省を入れると年に3、4回の頻繁な(しかも気温の変化の激しい)ハードワークに
切り替わってしまったものだから、一気にガタがきてしまったのでしょう。

新しい相方は、オイサンがちょっとサイズを見誤ったせいで
随分大柄なヤツになりましたが、
マ着る物の大きなオイサンには頼もしい限りです。

最近はオイサンも、
大人になったせいか、偏にだらしなくなったからなのか、
あまり持ち物を取っ替え引っ替えするようになってしまいましたが、
やはりこうして長く使った物とお別れするときには
多少感傷的になってしまうのです。

携帯電話なんかのお手軽デジタル機器は、
なかなかこう使い込んでアジの出る感じ、
使い込むことでより一層こちらの要求に応えてくれる感じではありませんから
長く使うということは難しいですが、
せめてこう、ハードが全てである物は、大事に長く使い込んで、
良き人生の伴侶としていきたいと、このように思う所存でございます。
R1026791


----------------------------------------------------------------
■■■--- 導かれし者たち ---■■■
----------------------------------------------------------------
前回、DS版『ドラゴンクエスト4(以下『DQ4』)』の、すれ違い通信についてお話しましたが。

本編の方も、キチンと終わらせましたよ。
最終戦で、うっかりトルネコにけんじゃの石を持たせたまんまバトルに突入してしまったせいで、
あのオッサンがかなりの割合で前線に出ているという異常事態に!
おかげで、メンバーがかなり出たり入ったりする緊張感のある戦いになってしまいました。
そのせいで随分面白くなったので、それはそれで良かったかな、と。

ただその分、主人公の出番が大幅に減った。
主人公はたまに出てきては、ベホマズンを唱えたり天空の剣を降ったりだけして、
ミネアに「フバーハ!フバーハ使えよ!!」って怒鳴りながら馬車に戻っていく、
みたいな絵。
キャッチャーがたまにマウンドに上がって「ロージン使えよ」っていう、みたいな。
どつく分には、主人公よりもアリーナとライアンさんの方が得意ですしねえ。

アリーナ・ライアンの二人がずっと前線にいて、
ミネアが出てきてフバーハ、→ クリフトがスクルト
→ クリフトとトルネコが入れ替わって(時には二人そろって)賢者の石、
ブライが出てきてバイキルト → マーニャがルカニとメラゾーマ、
みたいなサイクルで忙しい忙しい。

これだけ入れ替わりが頻繁になると、逆に馬車の存在が妙に意識されて、
パトリシアはよく焼け死んだりしなかったな、
と変なところに関心がいってしまったりしたのでした。

しかしデロロロロさんが、最終形態になってからが随分あっけなく、
ちょっと残念。
腕が飛んだり頭が生えたりをやってる間が結構辛かった。
とくに両腕が飛んだあと、攻撃がブレス主体(アタマはあるけど腕は使えないから)になるので
辛くなるという、演出と難度上昇のシンクロが、「おお、すげえな」と思わせた。

状況が状況とはいえ、案外苦戦したなーと思って振り返ってみると、
まだマーニャさんがイオナズンも憶えていなかったことが判明。
うわあ。そんなレベルでクリアできちゃったか。
うーん……やっぱり、バランスは相当ゆるく設定してあるんだなあと実感。
もうチョイ、厳しくても良いと思いますけどね。

基本的にはオイサン、ボス戦だろうがなんだろうが戦闘はAI任せで
「めいれいさせろ」は使わないつもりだったんですが。
ワリとアテにしているミネアさんがなかなかフバーハを使ってくれないんで
おうじょうしました。
何度か命令しちゃった。
「ふくをぬげ」とか
「ようし そのまま りょうてを あげろ」とか
「ゆっくりと ふりむけ。 かくすんじゃないぞ」とか
命令があれば良いのに( ← バカ)。

クリア後6章突入、隠しダンジョンが出てきましたが、
そこまで真面目にやるかどうかは未定。


----------------------------------------------------------------
■■■--- Wiiはリビングでネットする ---■■■
----------------------------------------------------------------
さて、この間までパソコンがすっかりイカれてまして、
DELLのVostro 1200(以下ボッさん)を注文した途端、
Dynabookの良さゲな夏モデルが発表されてしまい若干へこんだりしたものです。

  正直、最初はボッさんが届いたら、店頭のDynabookと比較して、
  Dynabookの方が良いカンジであれば、返品も考える……と思っていたのですが、
  杞憂でしたね。
  圧倒的に、ボッさんの方が素敵でした。
  DynabookはVistaでしたしね。

デこの2週間ほどは自宅にPCがない生活だったワケですが、
……別に、無いなら無いで、なんとかなるもんだな。
ちょっと何かを調べたい、というときにワーってなりますけど、
それ以外は特にまあいいか、って感じです。

あ、ここを更新出来なかったのはやっぱちょっとアレな感じですけど。
とりあえず、アップしなくても書き溜めることは出来たんでね。

2・3年くらい前であれば、特定の友人と頻繁なメールのやり取りがあったので
それが気になったかも知れませんが、
最近はそれもぱったり失せてしまったので、メールもあんま気にならない。
一応、本来のサーバからWebメールに転送しておいたので、
それをゴニョゴニョでこっそり確認してました。
あー、写真を撮る時期だったら、その整理が出来ないのは気になるかもだな。
……でも、PCがないならそもそも写真を撮らないかもだ。

あと、PC無くして一つ驚いたこと。

テレビ番組とか、天気とか、そういう些細な情報を得たいな、と思ったときに、
「あーPCねえや、どうすんべ」となったんですが、ハタリと閃きました。

「……Wiiがあるじゃん」

そうなんです、天気とテレビ番組くらいなら、
Wiiの専門チャンネルで調べられちゃうんですね。
一応その他のWebも見られますし。
うーん、すげえな、Wii。
ちなみに、頑張ればこのページの更新もWiiからできます。
XBOX360(以下『箱○さん』)でも、同じくらいのコトが出来ても全然フシギはないのですが、
なんで出来るようにしなかったのか。

  「箱○をWebにつなげる様なご家庭には、PCがあるに決まってる」

というゲイツの目算でしょうし、その見解でほとんど合ってるとは思いますが……
こういう緊急事態にこそ、普段はなくてもいいハズの機能があった方がありがたく、
緊急事態であるだけに「救われたときの好感度は余計高くなる」という
ラブラブスパイラル。
やるぜWii。

以下、そんなPCがイカれていた間に起こった
ちょっと面白かった2つのこと。


----------------------------------------------------------------
■■■--- 吐瀉物 vs 女の涙 ---■■■
----------------------------------------------------------------
4月に入って、通勤電車がやたら混みます。
マ幸いにも、オイサンちのモヨリの駅には、早朝に一本だけ駅始発があって、
オイサンはそれで座っておシゴトバに向かっているわけなのですが。

  それだって、座るためには20分以上、並ばないといけないんですけどね。
  でも、40分も50分も満員電車で踏ん張ってるのもイヤなんで、
  オイサンは早起きして並ぶことを選んでいますが。

マ大概の人は、電車で座るんであれば、空いていれば長座席の一番端っこに座るんではないでしょうかね。
オイサンもそうです。
大体1番か2番には並んでますので、そこから座れる4つの長座席の端っこの席のうちのどれかには座ります。
その日は……こんな↓感じでした。

 <図解>
                            ----:ドア
                            ○●:人
         ○○
         ●○
    ____ ---- ____
    ①|        |③
         車内 → (進行方向)
  __②|     ★|④__
         ----

その日、オイサンは④に座っていました。
30分ほど乗っていたでしょうか。
★の位置に立っていたアンチャン(男・新社会人風)が、突然の胃の中の物をリバース!
(『遊☆戯☆王』風に)
これによってアンチャンの攻撃力は2倍に、ただしHPとMP、防御力はすべて半減!
しかしバリアによって、どんなモンスターカードもアンチャンに近づくことは出来ない!
ずっとアンチャンのターン!
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .<  ず っ と 俺 の     >
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'     <     タ ー ン !     >
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l       ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::


■なんだこの鬱陶しいマンガは。

しかしオイサンは幸運でした、
不幸中の幸いと申しますか、アンチャンのリバース発射ベクトルは②方向に向いていましたので、
オイサンが直接的に被弾するコトはありませんでした
(もちろんギンナンの芳香オーラはありますが。
マ見たところ、アンチャンはりんごか洋ナシくらいしか食べてなかったみたいなので
ほとんど胃液でしたけども(人の吐瀉物ガン見するな))。

ただまあ、間の悪いことに、★ゾーン近辺は混雑しますから。
たくさんの方がアンチャンの魔法カードの餌食におなりになった。

その中に一人、若いお嬢さんがおられたんですね。
20代半ばでしょうかね。
お顔までは伺えませんでしたけども、綺麗に着飾っておられました。
……どうもねえ、ほとんどアタマからひっかぶったご様子でした。
首筋にもらったんでしょうかね、
一言目が「ひゃゥン!」でしたからね。

そのお嬢さん、初めのうちこそ若干お怒りモード入っておられましたが、
しまいにさめざめと泣き出してしまいました。

  ……まあ、ショックだったんでしょうね。
  ありゃ処女だな( ← 童貞がやかましいわ)。

するとどうでしょう、それまで
「出来るだけ距離をおこう! 係わり合いになるまい!」
としてミドルレンジ以遠に構えていた周囲のヤロウどもがですね、途端に張り切り出しました。

「ほら、このティッシュを使いなさい!」 だとか、
「オニイサンはしゃがんで!」 だとか、
「オニイサンはどこまで行くんだ、新宿か? でも次で一旦降りた方が良いな!」 だとか、
もうあらゆる方面から世話を焼くわフォローするわ、
アストライドポジションでクロスファイト開始ですよ。
ララパルーザですよ。

オイサン、若干ひきましたもの。
うわあ、こんななるんだ、女の涙の威力ってすげえ!
……と、見ていてびっくりしたものです。
思えばオイサン、女性が泣いてる所に出くわすなんて、
オトナになってからは初めてじゃないですかね。

うーむ、恐ろしい。
あそこまで態度が変わるものなのか。
態度を変えるに値するものなのか。
態度を変えさせるものなのか!

あのー、もうね、連中のあの豹変振りを思えば……
最初の悲鳴と泣き声とで、軽く興奮したオイサンは勝ち組。
次回から、「SかMか?」と聞かれても、胸を張って「Sです!」と答えることが出来そうです。
本当にありがとうございました。

……どうでもいいけどあのお嬢さん。
カバンの中までオニイサンのリバース魔法でやられてたらへこむだろうなあ。


----------------------------------------------------------------
■■■--- かなしみバスは片肺飛行・その1 ---■■■
----------------------------------------------------------------
隣町まで、バスに乗って出かける用事がありました。

  まヨーカドーまでYシャツ買いに行っただけなんですけど。
  近所にはデカイのがないんすよ。

行きは良い良い。
用事を済ませ、帰り、待てど暮らせどバスが来ない。

10分ほど待ったでしょうか、ようやくバスが来まして。
……行き先を確かめもせず、乗ったオイサンが悪いんですけどね。
しばらく乗っていると、行きに走ってきた道と全然違うところを走っている。
……そういえば、乗ってすぐに、あんまり憶えのないカドで曲がったな
(そこで気付けよ)。

途中走りながら、通過するバス停で終着駅を確認してみれば、
オイサンの行きたい(帰りたい)駅の、いっこ隣の駅に着くらしい。
マそのくらいなら良いかと開き直って、
トコトコと辺りの景色を眺めながらの20分ばかりのジャーニーを楽しんだわけですよ。
その思いがけず辿り着いた駅には、たまに行くこともあったのですが、
いつも行くのとは反対側の駅の入り口に、バスは着きまして。
あー、反対側はこんな小奇麗になってんだ(いつも行く方はゴチャゴチャして汚い)、と感心の一つもして
電車乗って帰って来たわけですけども。

この、全然わけも分からずバスに乗ってブラブラするってえのはなかなか楽しいな。
終着地点は、ガレージでもない限りどこかの駅前なんだろうし、
サッパリワケのわからないところについても、家に帰り着けなくなる可能性は低いだろうし。
いっそのこと、ウチの最寄りの駅から出てる系統のバス、
全部乗りつくす遊びにでも挑戦してみるか。
……そんな春の土曜日。

ところで、結局、オイサンの本当に乗りたかったバスは、あの後来たのだろうか?


----------------------------------------------------------------
■■■--- かなしみバスは片肺飛行・その2 ---■■■
----------------------------------------------------------------
バスの話、後日談。

一昨々日、もう一度同じ経路でバスに乗ったんですが……
どエラいの2人に囲まれてノイローゼになりそうになりました。

一人は、50代くらいの男性でした。
一人で延々、しゃべっておられる。
別に大声ってわけでもないんですが、普通に会話するくらいのトーン。
最初はオイサンも、ヘッドセットかなんかで携帯でしゃべってるのかな、と思ったんですが
それがそうでもない。
否応なしに聞こえてくる内容がまた、もの悲しいというか切ないと言うか。
……何か、手術をなさったんでしょう。
そしてそれを、お見舞いに来てくれた人なのか、ご家族なのかが、
「そんなに切ったのか、大変だったね、よく頑張ったね、すごいね」
と、励ましたか慰めたか。
……どうもその言葉が気にくわなかったようなのですね。
ずーっと彼は、窓の外に向かって

 「『すごいねえ』って、あなたは何も分かってないでしょう?
  あなた、わからないよね。
  『すごいね、すごいね』。
  わからないよね、あなたには。
  『すごいね』じゃなくて、もっとちゃんとどう感じてるのかを伝えてくれないと。
  『すごいねぇー』。
  わからないよね? あなた、わかってないよね?」

怒るでも諭すでもない、本当に普通の調子で、
本当に電話でしゃべってるのかと思うくらいに切々と……
オイサンがバスに乗ってる間10分ほど、ずっと呟いてるんですよ。
よっぽど気にくわなかったのか、
でもその気にくわなかったことを相手に伝えるコトも出来ずにいたのでしょう。
……なんか、居たたまれない気持ちになりましたとさ。

もうひと方は30代でしょうね。男性です。
こちらはずっと、バスの車掌気取りで、車が停まるごとに、
前方確認、左右確認を、指さしで行っては
「ヨシ、ヨシ、ヨーッシ」
……と、小声でやってらっしゃる。
しかもそれが無茶苦茶で、指だけ右を差しながら正面向いて
「ヨシ!」
って言ってたり、する。

  お前今見てなかっただろ!! 見てなかったよな!?

……と、何度突っ込もうと思ったことか。
まあこういうタイプの御仁は、電車でもたまに見かけますけどね。

……この、先のかたがオイサンの左に、
後のかたがオイサンの前の座って10分間、
ずーーーーー……っと、それぞれ好き放題にやっていてですねえ……
さすがのオイサンも、ちょっとどうにかなりそうでした。

とはいうものの。
人間、いつそういう状態に陥るか、わかったもんじゃありませんね。
別段普通なんでしょうけども、
日常のちょっとした段差、ちょっとした隙間、
影の澱のようなものに足を踏み入れて捕らわれるだけなのかもです。

それでも常日頃健やかな社会環境に身を置いていれば、
そこから脱することは容易いように思います。
「そうだそうだ、イカンイカン」と、首を横に振るキッカケだけがあれば、なんとでもなると。
ひとそれぞれ事情はあるでしょうからアレですけど、
オイサンなんかは、あまり健全な感じではありませんので、
そんな影にとっ捕まる可能性は高そうだと自分で思いますし、
とっ捕まったら、あとは早そうです。

ただまあ、こうしてこんな場所に声ならざる怒りもかなしみも、
ワリと素直にぶちまけてはいるつもりで、
しかも幸いにも、それを見て下さる方々がいて下さってるので、
そこで救われている部分は決して小さくありません。
どうもありがとうございます。
頑張ります。

お前も頑張れよ。


----------------------------------------------------------------
■■■--- 昏く熱き、昭和の光 ---■■■
----------------------------------------------------------------
日常の悲しみとちょっとした段差……と言えば。

以前の記事でも書いた、『ICHIGO』の続刊が出ました。
ICHIGO〔二都物語〕 反抗・高度成長 ICHIGO〔二都物語〕 反抗・高度成長
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

やっぱり面白いマンガだな、コレ。
作者の六田登といえば、重厚なストーリーには定評があるので今更といえば今更の評価なんですが、
これを少年誌で連載していたってのもちょっと凄い話です。
て言うか、今時の少年誌の力の低下がちょっと心配になります。
そりゃサンデーとマガジンも手ぐらい組みますよ。

  ……マあの二誌が手を組んだところで、
  ちょっと守備範囲が広がるくらいなもんで、
  根本的な力不足のフォローになるとは思えませんけど。
  そもそも力不足なんかではなくて、そういう風潮、と言ってしまえばそれっきりなのかもしれませんが、
  それでもあの軽い誌面の中に一撃、
  このドキッとするような作品が入っているだけでも随分と流れは変わると思いますが。

デ肝心の『ICHIGO』ですが、前回の記事で、
「オイサン自身全然お話のメインストリームを覚えておらず、
 すげえ面白いものだったことだけは覚えていて、ものすごく感銘を受けた」
なんてコトだけ書いたワケですが……
ちょっと、あの、問題があるような気が。ハハハ。

2冊目を読み進めて、少しずつですがお話を思い出してきました。
このお話は、主人公の少年「一期」が、
幼い頃の大病と手術の跡にコンプレックスを抱え、
昭和30~40年代の高度経済成長と、徐々に顕在化するそのひずみの
光と陰に隠れて、殺人鬼に育っていくお話です。
人を殺すことでしか自分の存在を実感できない少年のお話なのでした。

人を殺すことで自分を表現し、職を得、仲間を得、
世界や社会と格闘していくお話です。
一体どうやったらこんなお話を思いつくのか、
あまりネタバレしたくないので詳しくは書きませんが、
一期が古い友人の父親を殺そうとするシーンと、
そのときの刑事が諭そうとするシーンなんかはもう、白眉の面白さです。

  デ、オイサン思ったんですが、
  「殺人鬼の成長物語に感銘を受けた」
  って、真っ正面から受け取られちゃうとちょっとアレですね。
  マ別にいいけど。

上でちょっと書きましたが、このお話の舞台となる時代は、
昭和30~40年頃、戦後から、東京五輪や万博など、華やかなる昭和の時代への変遷の時代です。
今回読んでいて思ったのですが、
ベクトルは違えどこの物語は、巷で大絶賛されている
『二十世紀少年』と舞台を同じくしています
(ていうか、もしかすると『二十世紀~』が大ウケしてるからコレが出されたのかも知れません)。
まあ発表されたタイミングがタイミングですから(『ICHIGO』は1989年の作品です)、
物語が伝えようとしていることは全然違いますが、
この二つの物語は表裏一体、昭和という時代が現在に持ち込める二つの意味を、
象徴的に表しているように思います。
マオイサンなんかは、その昭和のラストスパート、
幸せな十年あまりをつまみ食いしたに過ぎませんからえらそうなことは言えませんが、
当時を大人として生きた方々は、この時代にどんな感想を持っているんでしょうか。
『ICHIGO』と『二十世紀~』、或いは『ALWAYS』、どっちがより本物の姿だったのか、
大いに気になるところです。

  今度実家返ったら、オヤジオカン殿に聞いてみるか。

前回書いた、「才能」について語られるハイライトシーンは、
今回の2冊目の最後の方で出てきましたが、
この先どうなるのかはやっぱりちっとも思い出せません。
さっさと次を出して戴きたい。
……つっても、BookOFFあたりに行きゃ全部あるんだろうけど。
こうしてウズウズ待つのも楽しいモンです。

皆さんも、オヒマしてるときにコンビニや何かでお見かけなすったら
手に取ることをオススメしますよ。

これの後だったか先だったか忘れましたが、
同じ作者が、同じ少年サンデーで連載していた『バロン』も
猛烈に面白かったのですが、
やっぱりオイサン、ほとんど内容を覚えていないのです。
宇宙人が関わっていて、こっちでも主人公が人殺しにされてたはずです
(こっちは嫌疑をかけられるだけだったはずですが)。

あれも文庫かなんかで再販しませんかね。
桃宮いちご/いちごのcdなのにゃん!東京ミュウミュウ キャラクターソング (仮) 桃宮いちご/いちごのcdなのにゃん!東京ミュウミュウ キャラクターソング (仮)
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する


----------------------------------------------------------------
■■■--- アタック No.25 ---■■■
----------------------------------------------------------------
その通り(児玉清)。
マンガの話が続きますけど、出ました、今日本で最も続刊の望まれているマンガ
『少女ファイト』、第4巻。
特装版「少女ファイト (4)巻」<オリジナルノート・下敷き付き> 特装版「少女ファイト (4)巻」

販売元:星野書店コミックステージ
楽天市場で詳細を確認する



『少女ファイト』は、
『極東学園天国』『G戦場ヘブンズドア』の日本橋ヨヲコ(以下バシ先生)がお送りする
青春葛藤男らしい少女バレーボールマンガです。
正直なところ、2巻・3巻で若干トーンダウンしたなあ、と思って心配していましたが、
ちょっとこれまでと違う形で持ち直してきた感じがします。

1巻では、これまでのバシ先生マンガと同じテンション、重み、速度を期待して、
その通りの展開だったので大満足だったのですが、
2巻・3巻で中途半端に、普通の少年(青年?)マンガっぽいテンポに移行したせいか
物足りないというか、マンガのテンポに酔ってしまうような、
求めるテンポと描かれるテンポのずれにちょっと苦しんでしまいました。
デ今回の4巻では、ずいぶんキレイさっぱりと週刊少年・青年マンガに寄ったので、
読みやすく、親しみやすくなったように思います。
思いますが……それでもやっぱり、
オイサンは『G戦場』のバシ先生というイメージを期待してしまうので、
まあ、惜しくもあり。

マンガそのものの雰囲気ということもありますが、
週刊ペースの展開とページ数というところも、大きな枷になっているように見えます。
ズドン……………………………………………………………………………………
くらいの重みを取りたいシーンで、
ズン…………………
くらいしか紙幅の都合でとれないせいで、
やっぱりまだ完全にはテンポを作り切れていないような、軽さを感じてしまうのです。
バシ先生のマンガは、停止によってスピードを感じさせるところがあるように思うので、
停止時間が短くなればなるほど、スピードの欲しいシーンでスピードが出せていない。
……のではないでしょうか。

読んでいて楽しみはあるので良いのですが、
やっぱりちょっと残念です。
うーん……。やっぱり、月刊ペースで描いてもらいたいですねえ。
G戦場ヘヴンズドア 3 (3) (IKKI COMICS) Book G戦場ヘヴンズドア 3 (3) (IKKI COMICS)

著者:日本橋 ヨヲコ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する




まあそんな感じで、
無闇に書き溜めていたものをとりあえず全部吐き出したわけですが、
相変わらずまとまりもヘッタクレもないですな。
まとまりないついでに言いますが、
先週の土曜日、町田で、松井秀樹にソッッッッッックリの女性を見ました。
マそんな感じで一つ。
オイサンでした。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

■過去をとり戻せ! ~更新第121回~

はいどうも、オイサンですよ。

昨日もちょっと申し上げました通り、PCが新しくなりました。
DELLのVostro 1200さんです。

まだVistaさんには不安があったのでXPさんで探していたんですが、
いやあ、まだギリギリ現役で良かった。
随分とスペックも上がって快適になりました。
キーボードもしっかりしているし、なかなか良い塩梅です。
満足。

  液晶がちょっと青っぽいこと、
  モバイルマシンにしてはちょっと重いことを除けば、
  概ね満足です。
  液晶は調整できましたしね。

あー、でも、もういっこ気になるのが、
外付け液晶のコネクタに、左右のネジがないこと。
グラグラしてちょっと不安です。
モバイルマシンとは言え、オイサンの使い方では、ほぼ家で外付けモニタに繋いで使うので、
これはちょっとマイナスですね。

しかし、コンシューマ向けマシンだと、
セットの中になんや色々と、変なツールだとか、プロバイダのチラシだとか
ゴテゴテ入っているもんですが、
さすがビジネスユース向けのマシンは素っ気ないもんですね。
基本的なことはすっ飛ばしたマニュアルが入ってるくらいで、ちょっと冷たい程です。
こんなに差があるモンなんですね。

コイツの名前はビッグ・キャル!
これからはこのビッグ・キャルと一緒に、新しい伝説を作るんだ!
いくぜーっ!

……って、それは『ゼロヨンQ太』の最終回だろ。
マそんな感じで。

デ以下↓、前PCがイカレる前に書くだけ書いた、4月14日の記事です。
そのつもりで読んだって下さい。


--------■ここから4月14日■----------------------------------------


ここンとこ肩こりがひどくてですね。
とりあえず近場でマッサージ屋を見つけて行ってみました。

うつぶせになって、ぐりぐりやられてる最中に、
「ぶっ」て。
「ぶっ」てね、オナラしちゃいましてね。
周りには他のお客さんもたくさんいたんですけどね。
もちろん、黙って寝たフリしてましたけどね、ええ。

蟹にオナ棒。
ikasです。

  このネタ↑はGoogle先生に聞いてもドンピシャでは引っかからなかったので
  完全オイサンオリジナルネタに認定されました。

さてこの間、上の人とエレベータで二人になったとき、
ネトついた視線で、カラダの上から下まで舐めるように眺め回されました。
イヤ多分ホンマモンではないと思うのですが、
とりあえず、男にイヤラシイ目で見られて
イヤな気分になる女性の気持ちは存分に味わえました。

  モチロン「イヤラシイ目で見んとって!」
  とボケることも忘れませんでしたけど、
  割とスの反応が返ってきたので逆に気マズかった的な。

見られるコトが快感な女性もいると聞きますが、
オイサンにはその気持ちは一生分かりそうもありません。

……あと、前回不調が報じられたオイサンのPCですが、
ちょっと長い時間いじっていると
ブルースクリーン連発でいよいよ危険領域です。
なので、あまり写真貼ったり、チラシ貼ったり派手なことは出来ません。
中身で勝負!! ←負け戦


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■$$ 本日のお品書き $$
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  $$ 週刊すれちがい生活

  $$ 息さわやか

  $$ 08年春組のその後

  $$ 正しくも美しき軍隊


----------------------------------------------------------------

■■■--- 週刊すれちがい生活 ---■■■
----------------------------------------------------------------
最近、生活がすれちがいです。

夫は仕事が昼すぎから夜遅く、
私は早朝から夕方までなので、
平日に顔を合わせる時間もほとんどなく、会話もままなりません。
また休みも、私はカレンダー通りなのですが、
夫は変則的なので一緒になることも多くなく、
たまに一緒になっても、お互い生活のリズムが違うため
行動をともにすることは滅多にありません。

そのせいか、最近互いに疑心暗鬼になっており、
感情的にもギクシャクしてしまいます。

子供が出来れば変わってくるとは思うのですが、
私はまだ今の仕事から身を引くつもりはありません。
このままの生活を、あと何年も続けていく自信がありません。
どうすれば状況が改善されるでしょうか?
                       ■東京都・26歳・女性


……という話では、もちろんありません。
このところ、ちょっと手の止まっていたDSの『ドラクエ4』を再開して、
今までワリと放ってあった「移民の町」育てに手をつけ出しました。

 ★移民の町とは?
  第5章で、主人公たちと一時的に仲間になる商人ホフマンが、
  何もない場所で、ゼロからの新しい町作りを始めます。
  主人公たちは、それを助けるため、世界の町を回るなかで
  「どこか違う町で、新しい生活をスタートさせたい」と
  考えている住民を見つけたら、そのホフマンの町のことを教えて上げます。
  そうやって住人を増やし、町を大きくしていくというシステムです。

  ちなみに、町には自分の好きな名前がつけられます。
  オイサンの町は「あさひかわヤバイ」。

デそのシステムの中に、DSの「すれちがい通信」が含まれています。
DSをすれちがい通信モードにしてスリープさせておくと、
同じすれちがい通信をしている人が近くにいれば、
DSが勝手に通信をして、住人の交流が生まれる
(お互いの町に、予め用意しておいた「すれちがい大使」がやってくる)、
という塩梅です。

……とはいうものの、オイサンはゲームを始める時期を随分遅らせてしまった
(上に進行も随分スローペース)ので、
さすがに、もうやってる人間もいないんじゃないか、と思ってたんですけども。

この土曜日、つまんない用事で都心まで出る機会があったので
じゃあいっちょやってみっか、のノリで、鞄にDS潜ませて行きました。

……あの、すごいですね。
うち → 東京 間で一人、
東京 → うち 間で一人。
合わせて2人、見知らぬ町の大使が、わが町「あさひかわヤバイ」にやってきました、
ヤア!ヤア!ヤア!
びっくりだ、入れ食いじゃん。
ちなみに、電車で片道1時間弱ですね。

お一方は「サセボシティー」からやってこられたシンジさん、
もうひと方は、「ポチシティー」のアオさん。
むーん、みんな粘り強くやってるモンだなあ。

というわけで。
「このまち大好き」な皆さん、
「たんけん発見ぼくの町」、な皆さん、
「あさひかわヤバイ」からの大使、「ぴぴるま」さんが遊びに来たら
仲良くして上げて下さい。
次は、キミの町に行くかも知れない!
行かないかも知れない!!

……それとあと、思ったんですけど。
この遊びは、都市部と、そうでない部(←控えめな表現)とで、
ドエラく楽しさに差が出て来ちゃう感じになっちゃいませんかね。
オイサンは街に出るのはもう、
陰毛枯れちゃうくらいキライ(他にマシな表現はねえか)なんですけど、
こういう楽しみがあるなら、人の多いトコもちょっといいかなあと思った次第ですが……
人の少ないところで暮らしている方向けに、
そういう場所でも有利が生まれるような遊びも盛り込んで上げるといいかなあ、
とふと思った次第です。

  通信を10時間以上連続で続けても一回もひっかからない場合は
  森の動物がドッと押し寄せてくるとかですね。
  バカにしすぎですか。

だけど、大阪の友人曰く、
「こっち(関西)じゃ、電車の中とかで携帯ゲーム機でゲームしてる人間なんて
 ほとんど見ない」
というコトなんで、東京以外はダメダメなんじゃ? という疑問が。
どうなんでしょうね。


----------------------------------------------------------------
■■■--- 息さわやか ---■■■
----------------------------------------------------------------
最近、MINTIAのCMが好きです。
動画はここ↓のアサヒフードのサイトから見られます。

  ◆アサヒフード MINTIA CMギャラリー

なんでしょうね。
ネタとしては全然新し味のないモノだと思うんですけど。
ビビる大木の「こわっ」のところで毎回笑っちゃうんですけど。
ビビる大木と青木さやかのからみの、
なんてこと無さだけで笑ってしまうような。

ところでビビる大木って、
この人単体の芸で笑いをとってる所を見たことがないんですが、
持ち芸はなんなんでしょうかね。


----------------------------------------------------------------

■■■--- 08年春組のその後 ---■■■
----------------------------------------------------------------
4月に入り、2週目が終了。
春の新番も出揃った感じです……が、結局オイサンは先週ご紹介した3本以外、
特に増やしてません。

3本の中でも特に伸びたのが『マクロスF』。
1話目よりも、2話目の方が断然面白かった。
オープニングのメカ戦闘シーンから、終盤のキャラクタードラマまで、
スピード感もインチキ臭さもなくて引き込まれました。
特に前半のメカ戦は、『マクロス』の『マクロス』たる所以とも言える
サーカスっぷりが遺憾なく発揮されていて、
CGである意味合いも十分、変形の味わいも十分で大満足。

ただちょっと、初代『マクロス』を意識したというか、
完全にねらったんでしょう、輝がミンメイを助けるシーンとオーバーラップさせるような見せ方で
(一捻り加えてあったのはさすがですが)、
そこがちょっと鼻にはつきましたが。

『ドルアーガ』、『ToLoveる』も引き続き見てますが、
『マクロス』が頭3個分くらい引き離した感じ。
『ToLoveる』は音楽が良いですね。
一昔前のギャルゲーみたいで、オイサン的には感情移入しやすいです。
『ドルアーガ』は早くも脱落の気配。


----------------------------------------------------------------

■■■--- 正しくも美しき軍隊 ---■■■
----------------------------------------------------------------
XBOX Liveアーケードで、『斑鳩』がリリースされましたね。
オイサンも早速DLしました。

  『斑鳩』は、その名も高きトレジャー制作。
  白と黒の二つの属性の使い分けが要求される、
  超絶難易度で有名なアーケード向けSTGです。

■『斑鳩』プレイ動画



最初に言っておきますと、
オイサンはこのゲーム、クリアはモチロン、まともにプレイすることもおぼつきません。
「まともにプレイ出来ない」というのは、
用意されたシステムを活かして、十分に遊びきれないという意味です。
この難易度にはついていけませんし、
すいすいプレイする人たちのコトが理解できません。

多分、ここをご覧の方の大半、普通の人から見れば、
「こんなゲーム、まともにクリアできるワケねえ!
 付いていけるワケねえだろ!!」
という、完璧超人向け仕様のオモチャです。

 こういうゲームは他にもたくさんあります。
 こないだもちょっと紹介した『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』とか。
 オイサンから見れば、『ぷよぷよ』もワリとこの範疇です。
 『怒首領蜂(どどんぱち)』に代表される、弾幕系STGもそうです。
 ……マおいさん、弾幕系はあんまり好きじゃないので
 アコガレはないですけど。

ですけども、オイサンはこのゲームが大好きなのです。
面白いと思いますし、美しいと思います。
ボッコボコにされながら、楽しいと思えるのです。
ゲームには……いや、ゲームにも、でしょうか、
そういう類の不可思議な感情が確かに存在します。
ごく一部の選ばれた人たちだけが楽しむことの出来る世界、
私たち凡人は、彼らが生み出す、叙情的で、
ときには詩的ですらある映像美と、
一瞬の選択肢と選択肢の間にだけ生まれる行間の物語に、
うっとりと酔いしれるのです。

これらのゲームは、完全に自分の守備範囲というか、
生きられる領域をはずれたところにあるモノで、
自分がそこに踏み込んでしまうと基本的な挙動すらマトモに行うことが出来ないのです。
けれども、それでもそこに踏み入りたい、
その世界ですいすい戦うプレイヤーと同じ場所にいたいと思って
ついつい手を伸ばしてしまうのです。

スポーツにも、似たような、アコガレのような感情はあるかも知れません。
サッカーや野球などで、世界のトッププレイヤーと同じ世界にいたいという気持ち。
けども異なるのは、サッカーも野球も、
素人でも子供でも、ある程度の真似事は出来ますが、
上で書いたようなゲームさんたちはそれすら許してくれないことが、ままあります。
バットが死ぬほど重いとか、
グラウンドに踏み込んだ瞬間からもうまともに立っていられないのと同じです。

 それを思うと、ロッククライミングやスケートは近いかも知れませんな。
 素養のない人には、その前提となるステージ……
 ……つまりは氷上であり、垂直に近い岩壁ですが……
 そこにはまともに立つこともできない、ということです。
 カナヅチの人にとっての水泳も同じかも知れません。

とはいえ、テレビゲームはあくまでも娯楽ですから。
そのメディアの特質上、そういう商品は命取りですらあるハズなのです。
いざお金を払って向かい合ってみたら、
さっぱり自分の能力では手に負えなかった……というのは、
「お客さん」としての立場からでは我慢の出来るものではないでしょう。
「お前らは俺たちを楽しませるのが仕事だろうが!」
みたいな怒りがあっても、不思議ではありません。
だって、これらのゲームに言われているのは軍隊みたいなコトですから。

  「このゲームはこういう仕様なのだ!
   付いてこられない貴様らが欠陥品なのだ!!
   貴様の体にあった軍服を探して来いだと!?
   寝惚けているのか!
   貴様がその体を軍服に合わせんか、このたわけがッ!
   戦えぬモノは、スタートボタンを押すんじゃないッ!!」

みたいなことですよ。
……別段オイサンはマゾでもなんでもありませんが、
あの鮮やかな世界に魅了されてしまうとですね、もう

  Yes, Sir!! 申し訳ありません、Sir!!

としか、返せない。

常人の限界を越えるシステムに、人間が合わせる。
これはこれで、分野によってはアリな、
正しい世界の姿の一つだとも思うわけです。
ラクな道のりではないかも知れないけども、
その境地にたどり着いた者の見せる美しさに憧れて、
門前払いをくらい続けながらも門を叩き続ける。
そういう世界が娯楽の分野に残っているのも、まあ面白いかもなと思うのです。

  ところでこの間、アメリカ暮らしでお馴染み
  となりのハニワ氏が、
  切々と『レイディアント・シルバーガン』の尋常で無さを説いてくれました。
  あのゲームもエゲツナイものだったんですかね?
  オイサンあんまやったことがないので分からないのですが。


----------------------------------------------------------------
■■■--- また来週 ---■■■
----------------------------------------------------------------
一腹1000円の明太子を買ってきて食べました。
ほどよく辛くて、粒がさらっとしていて、激ウマー。
質の悪いのだと変な匂いばっかりして全然美味しくないですからねー。

あと、なんかのテレビでマイケル・ジャクソンの特集みたいなんやってて、
それを見ながら思ったんですが……
最近のマイケルとさかなクンって似てませんか。
似てますよね。

近いうちに、今日?の分の更新もしたいと思ってマース。

マそんな感じで一つ。
オイサンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ご報告

ニューマシンとうちゃーく!

……というわけで、再びめでたくWebに繋ぐことができました。
いやあ、GW前に新しいマシンをゲット出来て良かった。

詳しいことは明日にでも書きますが。

しかしまあ、『マクロスF』が抜群に面白いし、カッコイイ。
OPで描かれるバルキリーの重量感と軽快さ、なんだろうね、スゴイ気合いの入りようですね。
見ていて、
「あ、バルキリーってやっぱり金属の塊なんだ!」
って思えるって、すごいです。
今までのメカものに無かった説得力がある。
久々に絵の力にやられた感じがします。

その昔、何かのゲーム雑誌のインタビューで、
この作品の監督の河森正治さんだったか、それとも板野一郎さんだったかが、
イマドキのCGなゲームの映像を見て

「最近のゲームは、こんなにすごい映像表現を手に入れたというのに
 何を寝ぼけたことばかりやっているんだ、
 こっち(アニメ業界)からみたら羨ましい限りなのに、全然うまく使えていない、
 もどかしい、俺たちもやりたい」

みたいなことを言っておられましたが、
ああこういうことだったんだね、とわかった気がしました。
ホント、すごいですね。


大体、今までの環境を取り戻せたので今日は寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

■突撃!トムソンガゼルの朝ゴハン  -更新第120回-

オイサンは最近、
朝ゴハンをカイシャの近くの神戸らんぷ亭で戴いています。

  「神戸らんぷ亭」はいわゆる吉野家みたいな牛丼屋さんです。
  あ、朝から牛丼食ってるわけじゃねえっすよ。
  納豆定食とか、朝モノがあるんですよ。

……戴いているんですが、今朝のコト。
ブレザーをかっちり装備した、明らかに女子高生の方がですね、
朝っぱらからがふがふと、牛丼の大盛りを喰らってなすった。

別にドムってわけじゃなかったんですよ?
普通の体格の、なんなら若干細いくらい。
長い御髪をしっぽに結った、首筋に風を感じさせるお嬢さんで、
そのお嬢さんが牛の死骸ののった白米をですね、こうがふがふとやっておられるわけです。

運動部なんでしょうかね。
特に、大きなスポーツバッグを抱えてるってわけでもありませんでしたが、
あの食うことへの情熱、
一途に貪欲に、その小さな体にエネルギーを蓄えようとするひとかどの熱意は、
体を動かすことをナリワイにしているに違いないと思えます。

横目に、彼女の食べるさまを盗み見ていると、なんだか
「ああ、あの子は生きてるな」
と、しみじみ感じざるを得ませんでした。
ずっくんずっくん、薄い胸の下(失礼)で、熱く波打つ血潮が透けて見えるようでした。
「こうしないと死んじゃうんだよ!」という切実さが伝わってくるようでした。

あのお嬢さんの摂取するコメ一粒は、
オイサンの摂取したコメ一粒とは、価値が違う。重みが違う。
そこから燃え上がる、エネルギーの量が違う、
……そんな気がしました。
オイサンが自転車一台押す間に、彼女ならきっと、ダンプカーを押してしまうでしょう。
サバンナに吹くトムソンガゼルの風を巻いて、こう、生タマゴをちゃっちゃっちゃっちゃっとね。
やっておられましたね。

  マ、トムソンガゼルは草食ですけどね。

せめて、食った分だけ誇れるような、
そんな毎日にせんといかんなあと、そんな風に思いましたね。
……タダの若さへの憧憬なんでしょうかね。
マなんか、そんな感じでしたよ。

いいなあ。
結婚してくんねえかなあ。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

■モンマルトルの独り言・1 ~土曜日にはお墓をつくって~

よくお聞き、ロゼッタ。

僕はね、神様が公平だったり平等だったりしなくて
本当に良かったと思っているんだ。

だって、もし神様が平等だったり公平だったりしたら、
あのイチローと同じくらい生きている僕は、
努力次第で、彼の様になれてしまっていた筈だろう?
だったら、今そうなっていない僕が、まるでなまけ者みたいじゃないか。

ああそうそう、それからね、ロゼッタ。

僕のコンピューターは、どうやらすっかり草臥れてしまったようだよ。
新しいお友達は次の日曜日にはやって来るようだから
楽しみにしておいで。
それまで少し退屈させてしまうかもしれないけど、
どうかしんぼうしておくれよ。

今のコンピューターにはね、ロゼッタ、
こんどの土曜日に、二人でお墓を作ってあげるとしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

■EMERGENCY!!

前回不調が報じられた
オイサンのお家PCですが、
いよいよカウントダウンが始まったご様子。

現在、ケータイより入電中。
次回更新は不明。

これは訓練ではない。
繰り返す、
これは訓練ではない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

■死神の青春 -更新第119.5回-

じゃあ、国会議事堂にイージス艦を突っ込ませればいいんじゃね?
ikasです。

チマタでは、ガソリンのお値段が上がったり下がったりでクルマ乗りの皆さんは大わらわですな。
マ例によってオイサンにはサッパリ関係ありませんが。

実際ンところは燃料日が上がればオイサンに関係ないコト全然ないですし、
それとは別に食べ物のお値段とか上がって関係大アリですが、
とりあえずこう書いときゃ関係ないような気分になれて日々を憂えることなく過ごせるわけです。
当事者意識ゼロ。
お、糖質ゼロとちょっと似ており良いコト尽くめの予感?

それはそうと、ガソリンってカッコイイですよね。
語感が。
他にちょっとないカンジです。

特段何を書こうってワケでもないんですが、昨日載っけそびれたことをチラッとだけ。
あの、今やってるファンタのCMオモロイですな。
透明先生。
先生にやたらイキオイがあるのが良いです。

あとPCの調子が悪い。
ブルースクリーンで「最近入れた新しいソフトかハードが悪い」みたいに言われるんですが、
そんな憶えないしなあ。
近々いくかもです。
更新途絶えたなあ、と思ったらなんかあったと思って下さい。

マそんな感じでヒトツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Running to Horizon -更新第119回-

みずのはごろもっていいよね。
なんかいい。
みずのはるおじゃないのがいいね。
ikasです。

昨日の会社からの帰り、電車の中でDSで『ドラゴンクエストⅣ』やっていたら、
隣に座った小学生くらいの女の子がものスゴイ食いつきっぷりでガン見してきました。
なのでオイサン即攻セーブして『どきどき魔女神判!』に差し替え、
思いっきりハァハァプレイしてやりましたよ!!

◆どきどき魔女神判




そしたらそのコ、カオ真っ赤にしながらもやっぱりガン見してきたので、
オイサンはその様子をガッツリ目に焼き付けて家に帰ってから一人でXXXX……
フィクションです。

面白半分で書き始めたらシャレにならなくなったのでバラしますが
フィクションです。
女の子がオイサンの『DQⅣ』をガン見したところまでは本当です。

それはそうと、今週のサンデーの『ケンイチ』、
しぐれさんの見開きオールヌード最高がでした。
熱心に疑いを深めてどうする。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■$$ 本日のお品書き $$
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  $$ このラーメンを作ったのは誰だあっ!!
    お昼に行ったラーメン屋の話。

  $$ おい!あぼえていますか?
    08年春改編開幕! アニメ新番の話。

----------------------------------------------------------------
■■■━ このラーメンを作ったのは誰だあっ!! ━■■■
----------------------------------------------------------------
今日は隣り町の、最近Webで見っけたラーメン屋さんに行って来ました。
「69' N' ROLL ONE」。
……名前からして既にアレな感じがしますが、
多分皆さんの想像で大体合ってます。

オイサンは、そんなにおいしいラーメン屋さんを求めて食べ歩いたりはしません。
それでも、そこそこ、気になったお店には足を運ぶようにしてはいるのですが、
初めてですね。
このテの、ちょっと食べ方なんかにやかましいお店に行き当たったのは。
店内、店員さんはおっちゃん一人だけ。
デ、いろんな張り紙が。

 「水も食材」
 「水は飲み残しのないように」
 「禁煙」
 「食事中・お静かに」
 「携帯電話はマナーモードに」
 「新聞・雑誌等、食事中の読書禁止」

うーん……。
まあ、ムダにすんなって意味で、上2つはわかる。
ただ、ガバガバ飲むなって言われてるみたいで
何杯も飲むのに二の足踏んで気疲れしたってのはアリ。
「禁煙」「携帯電話」も、わからないではない。
読みながらについては、個人的にはイタイところではあるけども、
そこそこ有名というか、混むお店なので、
待ってるお客のことを思うと、まあ、アリかなとは思う。

いただけないのは……
「食事中に静かにする」ってのは、
別に一般的なマナーではない(むしろ極端に騒ぐのでなければ逆だろ)ので、
それを、さも一般的なマナーのように書かれているのは納得がいかなかった。
お客同士で喋るのくらいはいいと思うがなあ。
別段しゃべんなと言われたってオイサンは全然構わないんだけど
(どうせ一人だし)。

店内には音楽もかかってないので、
なんかホント病院みたいってか、それ以上の静けさで異様な空気でした。
お店のオッチャンが歩いたり作業したりする音、
冷蔵庫や換気扇、調理設備のベースノイズ、
お客がラーメンをすする音だけが鳴ってて、刑務所みたい。
ホントに何の音もしない、釧路湿原展望台みたいな環境だったらまた違うんだろうけど、
ヘタに機械的な音がしている分、すごく不自然な沈黙で気持ち悪かったです。

一番意味がわからなかった張り紙が、

 「器も食材・有田焼」

いや、料理は見た目も盛り付けも大事ですから、
その辺は分かるんですけど。
でもこれに対して、客はどうリアクションすれば良いのか。
ここだけただの自慢だ。
注意事項じゃねえ。

で、肝心のラーメンは……普通でした。
いや、工夫されてて、手が込んでいるので、それに関してはおいしいのですが、
オイサンの好みからすると「普通」にランクされるということで。
特にもう一回食べたいとは思わないです。
一風変わってて、なんかしょうゆだしベースの鳥鍋食べてるみたいでした。
あの、結局東京的味付けが、関西人のオイサンにとってアダになってるというか。
しょうゆギラギラの味が強くて、舌に味が残らない感じです。
ラーメンとしてはパンチ力に欠けました。
「あー、ラーメン食ったな!」という気持ちにまで辿り着かない。
ただ、あのしょうゆだしとそれに浮かんだネギのマッチングは異常に良くて、
ネギ+ダシの味はクセになる。

結構、待たされるしね。
店の表に行列整理専門のニイチャンが立ってて案内してくれるんだけども、
何故か扉を閉めたまま、覗くみたいにして店内の様子を確認していて挙動不審。
店長さんもねえ……愛想良くせえよ、とは言いませんけど、
店内で待ってる人に対して、ちゃんと席を案内するとか、
「ありがとうございました」の一言くらいは、
客商売としてあっても良いんじゃないですかね。
客に感謝して当然だろう!!……とは、客の側から言うことでないですが、
なんというか、
普通に労働していたら、そういう気持ちにはなると思うんですけどね。

うん。
……面白かったけど、なんかモ一つ。


----------------------------------------------------------------
■■■━ おい!あぼえていますか? ━■■■
----------------------------------------------------------------
春の改編・新番組フェア開催中。
とりあえずチェックしたのは以下の3本。

■『ToLoveる』
言わずと知れた、週刊少年ジャンプで連載中の、
イマドキの青少年向けの超健全スケベえマンガが堂々のアニメ化です。

原作の方は、いつも行ってる定食屋さんで、
マガジンがなくてしかたなくジャンプを手に取ったときくらいしか読まないので
キチンと見るのは初めてですが……
すげえな、ここまでベッタベタだったか。
ここまでベタに徹してると却って潔いというか。

まあすけべえマンガと言ってもイマドキの少年誌レベルなので知れた物ですが、
そこはそれ、イマドキの地上波レベルの中でも、
随分と必要な性能をガンバって発揮している方だと言えましょう。

  まあオイサンくらいの達人ともなれば、
  このOPレベルがあれば全然実用にたえうるので無問題。

ちなみに原作の方、
本誌の方ではやっぱり乳首券を発行するのも一苦労のようですが、
単行本の方では随分と逆修正・描き足しが入っているようなので
興味のある若人&中学生の頃の純真さを失わない大人諸兄は要チェックや。

 ◆乳首修正たくさん 「To LOVEる」8巻発売<アキバBlog>

 しかし漫画家さんて、単行本1冊出すのにもこんなに描き直したりすんですね。
 すげえ大変そう。
 でも気の済むまでオシゴト出来て楽しそう。

ちなみにオイサンの見る限り、
女の子キャラの描かれ方は、原作よりもアニメの方がかわいらしいと思います。
原作の方は、絵が丁寧なのは良いんですけど、ちょっと線が上品過ぎる気がしますね。
モ少し厚みを持たせて、えろっちさを意識しても良いと思うのですが。
◆ToLoveる 第一話(部分)

あ、OP/EDはノリが良くてかっこよくて、ワリと好きです。

そうそう、何が良かったって、次回予告の寸劇が良かった。
リトとララの話通じないぶりが出ていて。
まあララの「何?」「ん?」っていう短いセリフが妙に可愛かっただけですけど。


■『ドルアーガの塔』
なんぞこれ(笑)。
オタク向けのネット発情報+80年代アニメのパロディ満載で、
……笑えるんですけど、結局どんな話になるのかが全然わからなかった……。
死亡フラグネタに始まり、
ローパー君が自慢の触手で大活躍でヒロインらめえええぇぇぇぇ!てアンタ。
しかも夢オチて。

  もしかして、『ハルヒ』に向こうを張ったような気持ちなんでしょうか?
  だとしたら、コンテンツの性質をもう一回見直してみたらいいと思います。
  GONZOさんってのはどうにも表現力に偏りすぎてて
  お話やらの芯の部分がオロソカになってる事が多いように思うのですが。

かと思えば、この地上波への放送は「表」版で、
同時放送のGyaoの方では短期的に「裏」版が流されていたのだそうです。
そっちの方はいたってシリアスだったとか。
オイサンが見ようとしたときにはもう無くなっていました。
残念。

……うーん……。
マ「表」だけでも、とりあえず楽しめはしたんですけど、
次回も是非見よう!……という気持ちには繋がりかねるものでした。
「裏」があって、「裏」はシリアスな物だった、
という情報を拾えたから来週もとりあえず見てみるか、と今は思っていますが……
これで「裏」もちゃんと見られたら、尚のこと、その気持ちは上がってたでしょうけど。
これはこれで、ネット時代にはこういう戦略もアリなのかなあ、
とは思いますけどね。
ただまあ、一つ言えるのは、

  「こういう搦め手ナシには勝負の出来ないモノ、
   王道真っ向で面白い作品ではないですよ」

と、自ら暴露してしまったようなモノですな。
ちょっとそれが残念。
今更、20年以上も昔のビデオゲーム原作をアニメにしようっていうんだから
それなりの覚悟や勝算があってのことかと思っていたのに、
なかなか失望させてくれます。
とりあえず来週も見る予定ですが、テンションは保てなさそう。

◆ドルアーガの塔・PV

このPV見せといて、こんな引っ掛けを持ってくるようでは……
よっぽど自信ないんですかね。


いやまあ……一頻り笑わせてはもらったんですけどねえ。
あそうそう、このアニメ、オープニングは大OKでした。
この↑↓3本の中では一番好きです。


■『マクロスFrontier』
ロクに『マクロス』を見てきていないのに
何故か『マクロス』大好きなオイサンの今期の本命、
それが『マクロス』です。

感想は……なんとも『マクロス』であることだなあ、
それもイマドキだなあ、ということで、
期待通りであり、想定の範囲内であり、
「面白いけど面白味もない」という難儀な感想。
期待以上では決してないところが問題なのか。
「とりあえず1話は、主人公が女の子を助けるために、
 無理矢理/偶然バルキリーに乗るところまでだろうなあ」
と思って見てたらホンマにそうなった
……って言うくらい想定の範囲内でしたんでね、ええ。

だがしかし。
OPは良かった。
真綾サカモトに、あの激しい曲調で歌わせただけでも
この『マクロス』には価値がある。
◆マクロスF オープニング「Triangular」


ま、間違った。こっちだ。

◆マクロスF オープニング「Triangular」


……あの、なんと言うか、
初代でベースが出来すぎているということが、
この『マクロス』というシリーズの最大の美点であり、弱点であると思うのですよ。
3段変形のバルキリーというメカの素晴らしさと美しさ、
歌(と文化と戦争)というファクター、
この2つが外せない上にメインに来ることが決められている時点で、
想定以上のものには、なりえない気がするんですよね。

そんな理由から、『PLUS』とか『ZERO』とか、
ちょっと渋めの配球で挑んでくるサブシリーズ的なものの存在が
すごく見栄えがするわけで。
そういう意味では真っ向からその2大テーマを捉えつつも、
剛速球を投げ込んできた『マクロス7』は偉大であったなあと思うわけですけどね。
今作でも、文化側面には(今後恐らく)歌舞伎がフィーチャーしてくるという
新しさを模索してくるみたいなので、そういう繊細にも大きく期待していきたい所存。
あと、スーパーパックのあまりのスーパーぶりには感心させられました。

超時空要塞マクロスシリーズ VF-1A スーパー バトロイド バルキリー #M13 超時空要塞マクロスシリーズ
VF-1A スーパー バトロイド バルキリー #M13

販売元:ハセガワ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


うーん……今後思いもよらない展開を見せて、
大化けしてくれることを祈るばかりです。
純正『マクロス』っていうよりか、『マクロス+アクエリオン+オメガブースト』って感じですかな。

ちなみにアメリカでご一緒したハニワ氏もマクロスはそこそこいけるクチで、
ご本人のシリーズベストは『PLUS』らしいですよ。
オイサンですか?
オイサンのベストはPS版の『VFX-2』ですが何か?
ケーニッヒモンスターは男のロマンです!
◆マクロスプラス

◆マクロスVFX-2



マそんな感じで。
オイサンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

■お紅茶やらカフェ・オ・レやらを -更新第118回-

     *      *
  *  うそです   +
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *


いや、4月1日なんでなんとなく。
このAA、晴れがましくて好き。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■━ ひだまりラジオ365 3月分感想 ━■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ひだまりスケッチ』御用達Webラジオ、『ひだまりラジオ』が更新されました。
出だしっから、相変わらずのフリーダム&カオスっぷりが最高です。



今回のゲストはミルフィーユ・シンタスこと新谷良子さん。

  ……27歳かー。
  しっかりしてるなー。

シンタスに対しては、アスミスも随分遠慮がなくなってきたな。
でもその分息が合ってて面白い。
ていうか、ほとんどただの女の子同士のおしゃべりになってるけど。
……会話の内容は全然ただの女の子じゃないケド……。

  それ以前に、ただの女の子同士の会話なんて
  ここ20年近く聞いてないから分かんねえけどな!

脈絡もなくたらたらたらたら流れて、
どんどんどんどん派生していく雑談ぶりが心地よい。
しかも殆どがオタトーク。
テンポ良いなー。
テンポ良すぎて30分番組が1時間になってんだけど(笑)。
何時間録ってるんだろ。
ほっといたらずーっとやってそうだ。
ていうか収録中に預かり物を返すな。探すな。もの食うな。
いや、もっとやってもっとやって。

シンタスの腐女子っぷりがステキ。
理想の男性の身長182cmが、好きな小説のキャラがそうだから、って……。
こんな人だったのか……ただのオタクじゃないか。
オイサン身長182cmですよ。
ここにいますよ。
結婚しますか?しませんか?

しかしオイサン、
もちろん本ページでも訊くんですけど、こうしてニコニコで見てる方がとても楽しい。
うp主の演出も良いし、リスナーのツッコミも分かるし。
携帯でテレビ見たりしたいとか全ッ然思わないわけですが、
こういうのみたいに
「ラジオに対して文字でツッコめて、
 それをリアルタイムに視覚的に反映されて、確認できる」
という仕組みであれば大歓迎です。
うん、面白い。

文字で反映されるってのがミソですよね。
これがラジオに対して音声で入っちゃうと、
本来のコンテンツが、邪魔されてキチンと味わえなくなっちゃいますからね。

  ……なのでオイサンは、ニコニコで動画を見るときは、
  基本的にコメントオフです。
  少なくとも初回は。
  でコメントは、右のコメント窓で流れていくのを見ています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■━ 痛緊時間 ━■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渡米以後、シゴトバがこれまでよりも随分遠くなりました。
連続45分程度、電車の中。
ちょっと待てば座れないコトもないので何かに時間を使おうと思いはするのですが、
たとえ座っててもこれだけ混んでると、
何か楽しいことをしても、
「不愉快な環境の中でやった楽しいこと」みたいな記憶への残り方をしてしまいそうで、
コワもったいなくて新しい楽しいことは出来ません。
なので、もっぱら過去に読んだ本とか、ゲームとかやってます。
この時間の、最も有効な活用方はやはり睡眠だ。

あとよくお仕事に関する質問で、
「一言で説明すると何だよ」とか聞かれますが、
聞く手間や時間を惜しむくらいだったら聞くんじゃねえ。
お仕事に使うようなナニゴトも、一言でなんて説明できないし、
それを無理に一言に説明したってお前ら正確に理解なんて出来ないだろう。
お互いそんなにアタマ良くないんだから、時間と手間は惜しみなさんな。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■━ 『ICHIGO』 ━■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、会社帰りに立ち寄ったコンビニで、
『ICHIGO』という漫画のコンビニ版
(あの、あまり良くない紙で分厚い版で出ているやつです)が出ていたので
これは! と思って買ってしまいました。

ICHIGO〔二都物語〕 誕生・戦後復興 ICHIGO〔二都物語〕 誕生・戦後復興
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

この漫画は、オイサンがまだ割と幼い頃
(といって小学校高学年から中学の頃だと思いますが)に読んだ作品です。

  連載開始が89年なのでオイサン14歳ですね。

物語こそハッキリキッパリしていて、それだけでも十分に楽しめる作品ですが、
本当に面白がるには、
昭和初期を舞台にした時代背景と、
それにシンクロして描かれる少年の葛藤や心理をきっちり把握する必要があり、
それは当時のオイサンの能力では到底できるコトではなかったハズです
(これはまあ、年齢的なコトというよりは、オイサン個人の能力の低さですが)。

大筋はすっかり忘れていて、
今回読み返しても、内容なんかは全然思い出せませんでしたが、
ただ、オイサンにはこの漫画がとても面白い漫画であったという記憶が強く残っています。
それは恐らく、たった一言だけ、
この漫画の中でオイサンの心に強く焼きついた台詞があったからです。

  確か、主人公の一期が成人し、同じく成人した弟の利行と再会したときに
  言ったせりふだったと思います。

  「そんなもんは才能と言わへん。
  才能いうんは、世の中を変えて(動かして?)しまうほどもんのことや」

場面としては見せ場で、ガッシリと場を作って放たれる重い台詞だったのですが、
言葉としてはとてもさりげなく、
ズシンと重く、オイサンの心に残りました。
以来オイサンは、才能、という言葉を、軽々しく本気で扱うこコトは殆どなくなりましたし、
人の口から才能というのを聞くたびに、この場面・この台詞を思い出します。
今更ながら、作品が語らせる言葉の重みというものの威力を思い知りました。

なんだかこの言葉がとても大切なもののように、本能的に思えたんでしょう。
マ今でも思い込みの激しいオイサンが、リアル中二病だった頃のお話なんでアレですけどね。

なんにせよ、この先の展開も全然覚えていないので、
続刊も完全にまっさらの状態で楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »