« ■今日から | トップページ | ■母なるチカラ・アンビリカルパワー。 -更新第83回- »

2007年9月14日 (金)

■夏休み。北国と実家のコンボ。老人と子供のポルカ。 -更新第82回-

■■■--- 9/8~9/12 ---■■■
マチュピチュは大雪山のパクリ。
ikasです(国際問題)。

夏休みです。
で、今実家にいます。
日曜の夕方にご自宅に戻る予定。

前半は例によって北国に行っていたワケですが。
今回は旭川近郊の大雪山系旭岳の温泉に。
例によって、旭川の喫茶店『cafe花みずき』さんにもお邪魔してきたのですが、
……トマトもらっちゃった。

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|    あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|  『おれは喫茶店でコーヒーを飲んでいたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ   思ったらいつのまにかトマトをもらっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人     な…何を言ってるのかわからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ     おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ    頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \ 常連だとかあまりものだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イもっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…





■■■--- 北国に咲く巨大デンドロビウム ---■■■
で、アニメイト旭川にCDを買いに行ったんですが、
その隣に渋みのモデル屋さんがあり……そこですごいものを見つけました。
デンドロ。
全長80cmはあろうかというデンドロのプラモデル。
お値段、298,000円。
なんでも旭川には、平均年齢40歳を超えるモデラーのクラブがあり、
そこの方が拵えたものなのだとか。
グレイト。
戦艦の模型とかあるじゃないですか、
プラモと言えば戦艦とか戦闘機、お城とか、そういうものが渋いとされますけど、
なんかね、戦争の重みというか、兵器のリアリティや凄みみたいなモノを感じさせる、
迫力を感じました。
圧巻。

■■■--- 『ガンダム00』 ---■■■
で、そのアニメイトで『ガンダム00』の予告編みたいなのをやってて、
思い出しました。
書こう書こうと思ってたんですが、書いてなかったこと。
あの、オイサンは『ガンダム00』、期待しています。
斜めからの意味ではなく、結構本気で。
イヤ、ある意味斜めからと言えば斜めからではあるのかも知れないけど。

あの……今見えてる『00』に関する情報って、
ツッコミ所満載じゃないですか。
「テストで100点しかとったことがない」とかいう設定とか、
MSのデザインとか。
でね、黒田洋介さんがらみじゃないですか。
『00』。
わざとね、ツッコミ所だけを見せてるんじゃないかと、
そんな気がすごくするんです。

今、ガンダムを、御大以外の誰が描いたって
なんかしら言われるじゃないですか。
すごい必死になって、それを逆手に取ってるように見えます。
『種』と『G』をかけて割らないものを目指しているんじゃないかと、
そんな気がすごくするんです(2回目)。

HCM-Pro44  ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~ HCM-Pro44 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

販売元:バンダイ
発売日:2007/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なので、もうとりあえず出だしの情報は
鼻で笑われるようなものをチラつかせておいて、
1回見たらナニこの神クオリティ見るのやめられねええええ、
て言う。
お前何だコレ馬鹿じゃネエのとりあえず1話くらいは見てやるけど
そんなエサに俺が釣られクマーーーーー!!
……て言う。
そういう所をスコーンと狙っているように見えるんですよねえ。

なので、すげえ面白いモノが見られると、ワリと大きな規模で期待してますよ、
オイサンは。
それは世の中が期待しているいわゆる『ガンダム』ではないかも知れませんが、
『ガンダム』であることを除けば最高レベルで面白い、
そんな物語を見せてくれると期待しています。
ライバルは『新生エヴァ』。
そのくらいの意気込みは見えますよねえ。
「新しい『エヴァ』より面白いじゃんて、そのくらい言われるモノは作りたいよねえ」
と、密かにスタッフとしゃべってる黒田さんが、なんとなく脳裏をちらついてしまいます。

正解かどうかは、放送開始を待ちましょう。
もし面白かったらお前ら、Dr.ペッパー買ってこい。
でも皆さんはいわゆる「自分たちが見たい『ガンダム』」でないと
駄目なんでしょうけどね。
『F91』『X』『種』『種死』と、いわゆる『邪ガンダム』しか見ていないオイサンは
何でもこいです。

■■■--- 『ひだキャラ』 ---■■■
で、そのアニメイトで買ってきた2枚のCDのうち1枚、
『ひだまりスケッチ』のキャラクターソング集です。
これがまた。
期待値に反して素晴らしい。
6曲で\2500ってちょっと高いなと思いましたけど、いやこれはコレで十分。
1曲ずつコメントつけちゃうくらい良い感じです。

ひだまりスケッチ キャラクターソング集 ひだまりスケッチ キャラクターソング集

アーティスト:アニメ
販売元:ランティス
発売日:2007/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■ゆのの歌 『はーい!チャンスちゃん』
歌詞とタイトルはちょっとどうかと思いますが。
元気は一杯で、ゆののパーソナリティには合っていると思います。
もう少しアンニュイな面がにじみ出るような面が表現されて良いかもと思います。

■ヒロさんの歌 『ストロベリー☆ロマンス』
このお歌はヒロさんのパーソナリティと少しずれている気がしますね。
ヒロさんの立ち位置はお母さんですし、
恋愛妄想家の沙英さんを手玉に取れるあたり、
夢見るストロベリー少女とは一線を画したパーソナリティのハズです。
もう少し現実を知っていて、多少苦い経験も積んでる女性だと思うんですね。
だからこそお母さんをやっていられるんだと。
現実的で、肝が据わっている女性。
でもまあ、曲調は好きなので良しとする。

■沙英さんの歌 『しあわせenxt page』
まあ、普通です。中では唯一ゆったりした曲調。
沙英さんのオナニー的な歌というか。
どんな小説書いてるか、大体想像が付く感じですな。
そう言う意味では、沙英さんっぽさは出ている。

■吉野屋先生の歌 『妄想クロッキー』
これは完璧。
吉野屋先生というパーソナリティをすごく納得できるお歌でした。
素晴らしいと思います。
この人も何がどうなってこういうオトナに育ったんだか……
案外ゆかりちゃん(『あずまんが』のな)と話が合いそうな気がするんだが。
でもこの人は、既にゆかりちゃん的な時代を経て、
今にたどり着いてる様な気がしないでもない。
だからゆかりちゃんとはタメで話をするんだけど、実は吉野屋先生の方が全然年上、
みたいな。
……こうして考えていると、吉野屋先生は40半ばくらいなんだろうな。

  ♪空気を読んでも途中で飽きます

っていいなあ。あと、

  ♪生まれたままの先生がいい? しょうがないなぁ

のところで、ぶっちゃけ勃ちました。
すみません。

■宮ちゃんの歌 『美味ロック』
ちょっとだけ、宮ちゃんの裏が覗ける歌詞です。
ああ、実は頑張ってるコなんだ、ということが伺えてホロリ。
スで悩みのないノーテンキ者なのかと思いきや、

 ♪今日もいい天気 ハイテンション日和

の一文でビシッと締めてしまった辺り、作詞者の責任は重大です。
悩みも、今の自分への戸惑いもあるんだけれど、
頑張って今の自分に踏みとどまっているんだなあ、と思いました。
でも周りは迷惑してるところもあるかもですがね。
こういう友達が近くにいて、ゆのはしあわせ者だ。

しかし水橋さんの声って、アニメで聴いてた時はあまり気が付かなかったけど
良い声してるな。
好みの声だ。
曲調は6曲の中で一番好きかも。

■うめ先生の歌 『とびきりスイッチ』
このアルバム一の名曲です。

うめ先生……なにやってンスか。
て言うか、何やらされてンスか。
言われるままじゃないですか。
あの人たちは、レコーディングブースに入れられて、
「ほーいっ」とか「見ちゃだめ」とか言わされて、
恥ずかしそうにしてる先生を見たいだけなんだってコトに
早く気付いて下さい!
しかれどサイコーっすわ。
惚れた。
俺さあ、今北海道にいるのに、ひだまり荘の方がいいなあって思っちゃったよ。
だめだよそんなの。
ずるいよ。
だって俺、旭岳ロープウェイに乗った途端に思い出したの、
うめ先生のインタビューだったんだよ。

 聞き手 「じゃあ先生は高いところは苦手なんですね。ロープウェイはどうですか?
 ウメス 「だめですそんなの! ロープが切れる。
 聞き手 「切れますか。

うめちゃんの言う通りや。
あと。
歌詞の方では、オイサンのココロを見透かすようなピンポイント爆撃を食らいました。
同じ気分になっている連中がたぁんといることでしょう。
この歌詞を書いたKENTAという奴はただ者じゃない。
すごいぞ。

 ♪ねえ、ひだまりなんでしょ?
  とびきりなんでしょ?
  こたえたくないの、なんで?

胸が締め付けられる思いです。
そんな質問、ずるいです。

しかしこうして見渡してみると、
ドロドロした人物のいないお話ですなあ。
連中に裏表がなければコレで済む話なんでしょうけど、
もし全員が全員、がっつり裏を持っていたらこれほど恐ろしい話もないですな。
ただ、うめ先生は、確実にそこから外れたところにいるはずで、
その神様があの調子なんだから、
たとえ裏があったとしても安心して見ていられますなあ。
うめ先生すげえ。
そういう構造の中心にいたのか。

全体的に見渡して、アニメの『ひだまりスケッチ』の世界を読み解くコトに役立つ
素晴らしいキャラソング集だと言えましょう。
近年の安っぽいキャラソン集とはひと味違う。
……90年代の頭には、こういうキャラソン集がワリとあったような、
ていうかこういうののことをキャラソン集と呼んでいたと思うんだが。

で、久々にアニメイトをうろうろしてみて、
今のアニメの主題歌は、ワリと幸せな状況にあるんでないか?
という気がしました。
そのアニメのための主題歌が、そこそこ出揃っている気がします。
一時みたいなタイアップの嵐でなくて、
タイアップがあるにしても作品が主導権を握れているような。
『絶望先生』の『人として軸がブレている』のジャケットを見ていて
なんかしみじみそう思った。
萌え主体の体質はまだまだあるけども、
萌えが一般的に認知される
(というと語弊があるが、「萌えというものがあってそれが面白く価値あるモノだ」と思われる)
ことによって、アニメの主格がどこにあるのか、
なにを尊重するべきなのかが、自然に浸透しているように感じます。
まあ萌えは萌えで善し悪しなんですが、
この状況からまただましだまし、ハードで本当の物語のあるアニメの世界に
引きずり込むことが出来れば尚良いですな。

人として軸がぶれている 人として軸がぶれている

アーティスト:大槻ケンヂ
販売元:キングレコード
発売日:2007/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


マそんな感じで一つ。

|

« ■今日から | トップページ | ■母なるチカラ・アンビリカルパワー。 -更新第83回- »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/7936447

この記事へのトラックバック一覧です: ■夏休み。北国と実家のコンボ。老人と子供のポルカ。 -更新第82回-:

« ■今日から | トップページ | ■母なるチカラ・アンビリカルパワー。 -更新第83回- »