« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の6件の記事

2006年7月30日 (日)

■10歩先を走るその背中、僕に似てるんだ -更新第43回-

めがっさにょろにょろ
めがっさにょろにょろ。

ikas@週に2日はカイシャに泊まる生活。


7/13の記事に私の友人がコメントをつけてくれていますが、
7/7に、堀部秀郎さんという絵描きさんが亡くなりました。

  正確には、7/7にお亡くなりになっていたことが公にされたのであって、
  実際にお亡くなりになったのはその一月ほど前だそうです。

件のコメントのほかにも、知り合いからメールが届いたりしました。
堀部さんの絵をご覧になったことのない方は、
Google先生なんかに聞いてみると分かると思いますが、
アニメチックな中にも、割と頭身高めで破綻のない人物をお書きになるヒトです。
……だと思います。

私が見たことあるのは雑誌の表紙とか、ゲームのキャラクターデザインとか、
人物が中心なのでそういう印象が強いです。

私は割とこの人の絵、絵と言うか、イラストが、特にまあ女性が好きでした。
といっても、ちゃんと接したのはこのブログを始めたばかりの頃にやっていた
ゲーム『FRAGMENTS BLUE』が最初で最後なので
あまりエラソウなことは申せませんけども、
それでもそのテのお店や本屋なんかで見かけると、おっと目を留めるくらいはしていました。
主にPC-Angelだけどな!

  ……「これで黒田和也さんが亡くなったりした日にゃ
     『主にメガストアだけどな!』という同じネタが使えるなあ」
  とか思ったオイサンにバツとしてネタバラシです。

それでまあ、好きは好きなりに画集なんかも手に入れてみたわけですが、
いやあすげえ、男性の絵がほっとんどない!
全然ないといっても差し支えないくらいない。
100点はあろうかというイラスト群の中で、カットの隅にちょっと映りこんでるのが2、3点あるばかりで
あとみんな妙齢の女性です。

  まあ妙齢といってもヒトによって色々あるけども。

他に特筆すべき内容としては、
この人はホントに女のヒトのおシリが好きなんだなあ、ていう。
まあ、実際のところは本人が好きというか、
彼の描く女性のおシリを好きな人が多いんだなあ、という感想ですか。
おシリを描かせたら桂正和かこの方か、と言うくらいのおシリっぷりです。
私は生身の女性のおシリは見たことも触ったこともありませんのでよう知りませんが、
もしも私が2次元だったら、とりあえずこの人の描く女性のおシリを見に行きます。

  一体何を言っているのかサッパリなのはいつものこと。

そしてこう、なんというか……
とてもこう、死んだヒトの絵だとは思えない。
いや、モチロン絵自身はご本人の生死とは関係ないんでしょうし、
ご本人も健勝なときに書いたにちがいありませんので当たり前田のミニ四駆なんでしょうけど。
死ぬヒトの書いた絵に見えない、というんでしょうかねえ。

ヒトが死ぬときなんていうのは、
陰が落ちたり、匂いがしたり、ナニガシかの気配のようなものを発する物とばかり思っていました。
特に作家さんや絵描きさんや、表現者と言われる方々は
周囲に対して自分そのものを発して生きておられる方々です。

  ……だと思ってます。

そんな方々ですから、発する物にもそういう気配は滲み出たってなんら不思議はないと思うのです。
お亡くなりになった原因は急性の心不全だったということですから、
そんな気配を発するヒマもなかったのでしょうか。
それとも、商業作家としてやっているプロの方は、そんなものは発することはしないのでしょうか。
自分を包み隠し、受け手が自分の指先に望むカタチだけを迸らせ続け、
私である気配、袈である気配を切り離し、晴の空間のみを提供し続けるのが、
仕事人、プロヘッソナルの本来の姿なんでしょうかね。

それは確かにそうなのかも知んないですね。
つまらない背中や、世俗にまみれた薄暗い気配を振り切りたくて、
牙を持たないフツーの人たちは、創作や表現の、インチキな虚構の世界を求めるのかもしれないです。
逃げてきた先でまでツマラなくてちっぽけな自分の姿を姿見に映してみたいとは思わないでしょう。

でも、でもですよ。
自分の大好きな作品を発表し続ける人たちが、
一体自分たちと同じ人間として、どんなつまらなさをかかえているのか、
それを見てみたいとは……思わないモノでしょうかね。

  ……今こんなことを書いていて、
  「……いや、『水曜どうでしょう』の連中は決してそんなことはないはずだ。
   だけど彼らは立派なプロだ」
  と思ってしまった。

私は、割と職業な人たちを人間として上手に見ることの出来ないタイプの人間なんです。
どういうことかというと、たとえば学校の先生。
彼らはモチロン先生である前に一人の人間であるわけなんですけど、
私にしてみれば、彼らは人間であるまえに先生でしかないのです。
端々に垣間見える彼らの、
先生としての不完全さ、あるがままのかれらの破片を拾い集めることが出来れば
そんなくだらない間違いは起こさないで済むはずなのですが、
私にはそれが難しい。
店員さんは店員さん、ホテルの従業員さんは従業員さん、
なにか極端に彼らが彼らである証を見せてくれない限り、私は彼らを正しく認識することが出来ません。

  今の職場の上司にしたってそうです。
  自分と同じ生き物として見られるように、最近ようやくなってきただろうか、
  というくらいです。

その点では、表現者の皆さんというのは
仕事の端々に、まるで冗談のように彼らが彼ら個人である証を比較的分かりやすく覗かせ、
優しく歩み寄ってきてくれるように、私は幼い頃から感じてきました。
そんな気がしています。

そんな中、堀部さんの絵からは、比較的「彼が彼であった証」を嗅ぎ取りにくい、
そんな印象を、今マジマジと画集を眺めなおしてみて受けました。
だけれども、この人の絵にはひきつけられますし、一目で「ああ、堀部さんだ」とわかることでしょう。

  ほんでおシリが出てればもう一発だ(笑)。

それは堀部さんの絵を描く姿勢やサービス精神だけが醸し出すことの出来る、
唯一無二の気配のためだといえるでしょう。
だから、堀部さんの絵は間違っていないんだと思います。
だけど、ちょっと疲れちゃったのかもしれませんね。
もう少しラクに、もう少し楽しく生きていくことが出来ていれば、
ぼくらはもうちょっと長く、堀部さんの描く魅力的で幻惑的な女性とそのおシリを見ていられたかもしれない。

  もちろん、ご本人がラクに生きていくことを選択したその瞬間にも、
  私らはその絵を見る機会を失っていたかもしれませんけど。


おカラダを必要としなくなった今、
堀部さんは大好きなおシリに囲まれて暮らしているんでしょうか。
それとも、そんなおシリをご本人は望んでいなくて、
タブレットもコピックもない世界で大の字になって笑っているでしょうか。

冥福、なんてものが本当にあるのか知りませんけど、
もしもかつて堀部さんであったものが、今もどこかで揺らめいているのなら、
優しく楽しく、やっててくれるといいですな。
そんでまた、暇見ておシリ描いてください。


って、軽く出だしの挨拶書くつもりだったのがえらく長くなったので今日はこの辺で。
まそんなんでヒトツ。
                     Yours―堀部秀郎ART WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

■だからもうそれはアンタ方の好きでいいんじゃないですかね。 -更新第 回-

白取までも。それが私の心だっ。
ikas@ヘトヘトです。


何か色々書こうと思ったけどだるくてやめとこうと思って、
一眠りしたらとりあえずちょっと元気になったんだけどやっぱダメで、
もういいやーと思ったんだけどまだいけそうかなーとか、
まあなんかそんな感じなんで、ヒトが読むようには出来てません。

あとは自己責任で。
自己責任て。
ばかじゃねえの。


■■■━ ふつーっ ━■■■


『陰からマモル!』のDVDと、『まじぽか』のDVD合わせて3枚、
色んなことの腹いせに買ってやった。
ざまを見ろと言うんだ。
お前らからもらったお金なんか、こんなどうしようもない使いかたしてやるぞ。

■デ、久しぶりに『陰からマモル』なんか見たんですけど。
やっぱいいわ。和む。
面白くもなんともないけど、とりあえず力が抜けて、家にいる気になる。

このマンガ、本放送のとき1話目だけ見逃したんですけど、
1話目だからといって特に気が入ってたわけでもなんでもなさそうですね。
やっぱり話の本筋では盛り上がりもしなければ緊迫もしないというか。
ただ後半の、ホームドラマ+ラブコメのシークエンスに入った途端、
一気に役者さん方の芝居が変わる。
「ここで一番いい仕事しなきゃ」という気迫の伝わるチカラの抜けよう&入りよう。
すげえや。
マモパパの芝居が一番好きだなあ。
髪乾かしてるゆうなタンとかもう最高なんですけど。

  んあ、メール来た。
  なんだよ、「No.1 SEXセット!」ってよ。
  こないだ「食い込みフェスティバル開催!」みたいな差出人からメール来たりして、
  もうそのどうしようもなさたるや素晴らしいな。

  こないだ見かけたどっかのイカガワサイトのバナー台詞もすごかったな。
  「夏だ! ち……もま……もはちきれろ!」って。
         ^^^^^^^^^^^^^^^(↑もちろんズバリ書いてあるんですよ)
  夏だ!、てアンタ、みたいな。
  やっぱ世間的には夏ってのはそういう季節なんですかね。
  皆さんそういう夏を過ごしてきた or 期待してらっしゃる?
  オイサンにはわかんねえや。
  はちきれろってのもすげえなあ。

  かと思えば、ああそうそう、今日も出社してたんですけど、
  帰りにちょっと覗いたソフマップで
  『おまえんち萌えてるぞ』なんてエロゲを見つけて吹いた。
  「燃え → 萌え」の変換はまあよく見るテですけども、そこに
  「おまえんち燃えてるぞ」を持ってくるあたりすげえなあと。
  ていうか、それはただ偏に「おまえんち燃えてるぞ」というセリフの持つ、
  日常性と非日常性を飛び越えたさり気なさ、不条理さみたいなものがスゲエだけだけど。

  ちなみにソフマップにはなつかしのエロゲ『VIPER CTR』を探しに行ったんでした。
  あーやりたし。


しかしあの時、テレビをつけてこの『マモル』のOPが流れていなかったら
多分オイサンは一生このマンガなんか見やしなかったんでしょうけども。
今聞いても、元気の出るお歌ですからね。『ミリオン・ラブ』。

まあ休みの日なんかはクサクサと、
耳元に音楽流しながらお仕事してたりするわけなんですが、
あーチキショだりぃなあ、元気出ねえなあ、と思ってやっているところに

この曲に入った瞬間背筋が伸びたりもしますからね。
まあタイミングやテンションにもよりますけどね。
やっぱオイサンはこのくらいの緩いのがいいのかもなあ。



■ほんでまた『錬金3級まじかる?ぽか~ん』ですが。
いやあ、こっちもすごいねえ。
本放送もいつの間にか終わっちゃってて、あんまりちゃんと見られなかったわけですが。
1話目、あの4人組のナレソメとか、どんな風に始まんのかな? と思ってみてたら、
なんだイキナリ4人揃ったことになってるところからモノローグで始まるし。

こちらもまた盛り上がりも何も、全部無視したゆるゆるの展開。
素晴らしい。
パンチラとかはいてないとか、あってないようなお色気で押してるのも意味が分からない。
いいなあコレ。
使いまわしみたいなシーンの連続なのも、あーわざとやってんだな、
というのが気持ちよく伝わってきてイイカンジ。

しかし、ないよなあ。
ヒロインが4人揃ってゴハン食べてて、
「お味はどうですか?」
「ふつーっ」
って会話。
ふつーってか。なんだよふつーって。
見ていて割と飽きないので、まあしばらくぽさぽさと見続けていこうと思います。



■■■━ 負け組志向? ━■■■
うーん、アレが発表される前に書いとけば良かったなあ、
とちょっと思ってるんですが、
そろそろですね、XBOX360が欲しくなってきました。

『Project SYLPHEED』が発表されるちょっと前あたりからなんとなくムズムズしていて、
あーきたきた、と思っていたら、
今度は『アイドルマスター』がきちゃいましたね。
ゲーセンとかネットワーク機能とかはさておいて、
家庭用・スタンドアロン前提としてキッチリ楽しめるようチューニングしてもらいたいモノですな。

  なんかアレだ、ようやくゲイツも心を入れ替えたと見える。
  分かってきたじゃないかねチミ、あーん? みたいな。

  あとそうそう、バンダイナムコゲームズって、
  発表するときに「元ナムコ組」の制作なのか、「元バンダイ組」の制作なのか、
  キッチリ書いて欲しいんですけど。
  何となく傾向で分かるっちゃ分かるところもあるんでしょうけど、
  微妙なのもあるんで。
  どうでもいいヤツをつかまされないように、ちゃんと書いてください。
  どっちがどうでもいいものかは、まあホレ、ね。
  人それぞれありますでしょうしね。

……というわけで、近々買ってしまうでしょう。
XBOX360。
今置くところがちょっとないので、片付けるヒマが出来たときとか。
あーんーでも、ヘンに考え込む余裕が出来る前に、先に買っといた方がいいかな?
わかんねえ。
さっさと『JSRF』の下位互換に対応してくれたら
黒い方をなんとかするんですけども。


あと欲しくなっていると言えばPSPもそう。
だから表題に書いたの。負け組がどうとかって。
『Every Extend Extra』もちょろっと情報が出てたし、そろそろかなと。
久のつく弁当箱みたいなオッサンも、ゲイツと一緒に心を入れ替えて、ちゃんとギャルゲー出しなさい。

マそんな感じで一つ。
あー肝心なことはかけなかったなあ。
まイイヤ。そういうテンションでもないし。
まあ気長にね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

■実家に帰らせていただきます!

今週は法事のため、半日帰り帰省。
なので、日曜夜の更新はナシです。
余裕があったら月曜の晩書くかも。

マそんなんでヒトツ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

■死因

 :ラッキーパンチ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

■やる気はいらない -更新第43回-

部長、さっきからこの仕事誰がやる誰がやるっておっしゃってますけど、
それはキャシャーンがやらなかった場合の話ですよね?

ikas@お前の代わりなんていくらでもいるんだよ!


意表を突いて、本当に前回の話の続きから始めてみましょうか。
まあ掻い摘んでいうと、
先週の日曜は雨が降っていたにも関わらず隣り町まで歩いて行ってみたんですけど、
最近は雨の中では草木がやたら嬉しそうにしているように見えてしまう、
という話だったんですけどね。

  声までは聞こえてこないのが幸いです。
  そこまでになったら病院にいこうと思います。

気を病んだオッサンが無理矢理なテンションで書き綴る
「ゆび先はもう一つの心臓」、開幕です。


■■■━ ヒ、ヒデが引退!? ━■■■
大騒ぎになってますけど、そんなスゴイ人なんですっけ、このヒト。
確かに露出は多いし、とりあえずオイサンでも名前を知ってるくらいのヒトではありますが、
やってきたコトにそんな凄みがあるかと言われるとあんまり印象ありません。

なんか、地味で華のないヒト、というイメージが強いです。
それだけにいぶし銀で玄人好みののヒトなのかもしれません。
だったれば、オイサンに強い印象がないのも当然なのですけどね。

華、というのは難しくて、一体何が違ってあったりなかったりするのかわかりませんが、
地味・派手と絡めて4種類ある様な気がします。

 1) 派手で華のある人
 2) 派手だけど華のないヒト
 3) 地味で華のある人
 4) 地味な上に華のないヒト
 ……の、4種類。

普通、派手だったら華があるんじゃないの?
と思われそうですけど、案外そうでもない様な気がします。
あんまりスポーツ選手には詳しくないのでアレですけど、

1)だと、誰でしょうな、サッカーのゴン中山選手ですか。
使われどころ、仕事振りが派手で、かつそのこなし方にも華がある。

2)は、オイサンの印象でしかないんですけど、誰だっけ。
ホレあの、大リーグにいって戻ってきた、札幌のヒト。新庄だっけ。かぶり物のヒト。
パフォーマンスなんかはわーっとやるんですけど、なんかその、お寒いです。
オイサンから見て。
あとはK-1の魔裟斗さんとかね。見ていてつまらない。
大変なことをやっているワリには、見ているだけのヒトには伝わらないと言うか。
勉強して見ている人には伝わるんでしょうけども、ミーハーさんいは分からないというか。

3)はイチローですかね。
だけどもイチローさんの場合華の方がありすぎて、
本来地味なはずのところが随分と派手にも見えてきてますが。
玄人でないとわからないような凄みを、しれっと見せ付けてくださるので、
素人さんにとってもありがたい存在だと思いますなあ。

4)が中田さんですねえ。
普通のヒトにしか見えない。
すごいことをやっても、なんかよくわからない、という感じです。


まあどれをとってもオイサンの印象でしかないんで、
別段なにがどうしたってハナシでもないわけですが、
「引田が中退!?」なんて記事を読んでいると、なんかそのくらいで丁度いいなこの人は、
と思ったのでちょっと書いてみた。


なんかアレだな、とりあえず死亡フラグでもたてとこうか。
「俺、今の仕事が終わったらケッコンするんだ」とか言って。
そんな予定全然ないけど。
そしたら今のプロジェクト中に死ぬかな。

しかしなんだな、
「とりあえずこのこと書こう」とか思っていたことがあるにはあるのに、
書こうとした瞬間それがすっごくバカらしくなってやめておくことしきり。
なんだろう、この感じ。
マいいか、みたいなん。

これどういう状態なんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

■バック・トゥ・ザ・フューチャー -更新第38回-

エロアニメを1日2本も買ったって消化なんて出来ません。
ikasです。
何の話かって?
それはねウフフ……。


今日も今日とて、何か書けるような状態ではないのですけども。
一日一日を生きていくので精一杯です。
ほな無理して書くなや、と言われそうですが、
そうするともう要らないページになってしまいそうですのでね、
とりあえず週一ではなんか書いてこうかな、と。
なのでまあ、別に読まなくていいです。
面白いことは何にも書いてませんからね。


■■■━ 『鬼切り夜鳥子(ぬえこ)』 ━■■■

鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~ 鬼切り夜鳥子 ~百鬼夜行学園~

著者:桝田 省治
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


イキナリなんであるか、といわれそうですが、昨日買ったものです。
これは小説ですな。ラノベです。

  ラノベがなんなのか分からない人むけに説明しておきますと、
  要するに字で書かれたマンガです。以上。
  そうじゃないものも中にはありますが、大体がそうです。
  絵をかけない人がマンガを描こうと思ったらそうなったのか、
  ハナからそうなのか分かりませんが、そういう性質の物です。

  「失礼な!そんなんじゃねえ!」という反論もいっぱいあると思うんですが、
  正直おいさん、そんなんじゃねえのをすげえ読みたいので、
  あの、至極真面目に教えて下さい。
  「コレ読んでから言え!」ってのを。

私も昔は喜んでラノベを読んでいたクチですが、
このところ楽しめなくなっていて、
自分でも楽しめるラノベはないか、と割とこう、なんつうか、
若さを取り戻したいがためにあがき続けるジジイみたいな状態になっています。
今回掴んだ『鬼切り夜鳥子』も、
そういうお話本です。

  そんな中で『撲殺天使ドクロちゃん』だけは異様に楽しめましたし、
  これは上で書いたような「字のマンガ」ではなく、
  文字媒体で描かれることへの必然性もある、根っからの字のエンタテインメントであることに意義を感じます
  閑話休題。

デですな、この『鬼切り夜鳥子』、なんで手に取ったかというと、
作者が桝田省治という御仁だったからです。
誰かっちゅうと、『俺の屍を越えてゆけ』『リンダキューブ』『ネクストキング』など、
ゲーム方面で多数の傑作を排出しておられる、
……なんていえばいいんだろう。ゲームデザイナーさん、でいいのかな。
ようするにお話やシステムをメインにやってらっしゃる、ゲーム制作サイドの方です。
でまあ私も桝田氏のゲームが好きでして。
とくにその、ひねくれたというか、オトナッポイ(カタカナ)語り口や世の中の見方とか、
表向きシンプルなのに、裏ッ側では一捻りも二捻りも加わってるシステムとか、
仕上がりに一癖も二クセもある作品に仕上がってくるスタイルがタマランわけです。

でまあ、今ラノベジジイになってしまったオイサンでも、
桝田氏の書く物なら楽しめるかもナ?と思って手に取ってみたわけです。

やあ、ダメでした。
世界そのものとか、捻りの加わった解釈やキャラクター性なんかはやっぱり好きなのですが、
そもそものラノベと一般の、一般のというとまた険が立つわけですが、
売り場の違う小説群、とりわけオイサンの好んで読むような、
なんて言えばいいんでしょうなあ。

  純文学といえばそれもなんか違うような気もするし。
  マいいけども。
  文芸作品ですかねえ。

ラノベとそういう作品群のそもそもの違いである、
何を描写することに重きを置くかの違いというのか。
たとえば、目的を同じ「人の心理を描写すること」においた場合でも、
ラノベとそうでないものとでは、
何を字にすることによってその目的を果たそうとするかが明らかに違うのですよ。
ラノベの場合、大概は「絵にした方が早い物を、絵にした方が早いやり方で」字にしているように思います。
たとえば、風景や、表情や、その場の雰囲気を、
事細かに、暗喩直喩を多用して、色合い、所作、そのものを描き出そうとする。

  や、ラノベでない作品がそうでないものばかりだとも言いませんけど、
  まあ私が読んできたものの傾向的にそういうもんだなあ、と思ってる程度に受け取って下さい。
  私もそんなたくさんご本を読むほうではないのでね。

私としては、ラノベのそういうところが鬱陶しいわけですね。
桝田氏は、ゲームの中では割と雄弁に物語を語らない方です。
ことにお話の大事な部分を直接的に描写したり物語ったりすることを避けて、
「お話は終わったけど、まだなんか繋がらない部分があるな」
という気分でゲームが終わることが多いような、そういうつくりをされる方です。

そういうことをプレイヤーの想像力で補わせたり、
あるいは直に言わなくとも、ゲームをプレイするうちにシステムからそういうことを読み取らせて、
ゲームが終わる頃には「まあ大体こういうことが言いたいんだろな」
という程度には理解させてくれる方なのです。

なのでまあ、小説方面でもそういうことを期待してみたのですが、
やっぱ小説でそのコトをそのままやるのは難しかったようで、
ですけども、氏が大切にしていらっしゃる
「娯楽作品は商品なんだ」「人目でわかる、インパクトのあるウリが大事なんだ」
という部分はコレデモカと言わんばかりに前面に出ております。

  表紙からして、女子高生がおしり丸出しですからな。

好きな人には楽しめましょう。
オイサンはだめでした。


■■■━ 雨 ━■■■
このところ週末に全然晴れません。
布団は干せないし洗濯も満足に出来ないし、ちょっとウジウジし気味です。

しかしまあ、平日に、下手すりゃ土日も、まともにオモテをウロウロ出来ないご身分のオイサンですから、
続く。
続かないことも大いにあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »